バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

ご無沙汰してました

昨年の末頃からずっと忙しく、年末年始とGWに少し休んだ以外は殆ど休み無しの状態でした。
今年は銀婚式の年だったので東欧の旧ユーゴスラビアの国々に旅行にいくことにしていました。
6月17日の出発でしたが、その前は40日間全く休みがなく、睡眠時間も足りなかったので、自分のことは殆どできず、家の中は片付かない状態で何とか出発しました。
それでも旅行を楽しんで、先週帰宅したら、自室の中はそのままの状態でした...

旅行は、初めての旧ユーゴスラビア諸国で、楽しめました。
そのうちぽつぽつと書こうと思います。

休暇明けはあまり忙しくないので、先週金曜は休みをとり、週末は三連休ですが、金曜日にルノワール展に行った以外は、家の中で片付けです。
週末の片付けは当分続きそうです。

ぐちゃぐちゃのオーディオ棚の中を少し整理してから、またまた、捨てるための本のスキャンを再開しました。
工学の本を2冊スキャンしたあと、まだまだあるのですが、女房がこちらを先にやってくれということで、人文系の書籍もスキャンを始めました。これも半分以上自分の本です。

スキャンするまえに、魚を捌くように、100ページごとに開いてゆくのですが、このときに面白いことを発見しました。
a0246407_1155514.jpg

この本は刑法総論なのですが、バインダー部分には、コンピュータサイエンスの本のページが使われています。
こういうところの紙には未使用のものを使うと思っていたのですが、リサイクルもするのですね。
この刑法総論の出版社のものではないと思いますので、古本でも使ったのでしょうか?

法律学は、自然科学と違って正解がありません。
ですから、同じ刑法総論であっても、何種類もの書籍や論文、判例等を読んで、その中から自分の結論を導くことになります。
それが醍醐味とも言えるのですが、法律の本は難しいです。
最初の頃なんか、10ページ進むのに1ヶ月かかるのが普通でした。
もちろん、一日中読んでいる訳ではないので、一日数時間の話ですが、思えばものすごい時間を投入した割には身についていません。
工学も同じようなもので、まさしく『少年老いやすく学成りがたし』を実感します。
我が家にも刑法総論に関する書籍が4冊あります。
総論に加えて各論も同じ冊数あります。
もっとあるかもしれません。
工学の本に加え、こういうのも相当数あるので、スキャンプロジェクトはエンドレスになりそうです。

これから、オフ会用の作品も作ろうと思っていますが、先は長いです。
[PR]
トラックバックURL : http://mcap.exblog.jp/tb/22960874
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2016-07-13 13:49
タイトル : 光と色彩を愛し生きる喜びを表現した画家・ルノワール展
オーギュスト・ルノワールPierre-Auguste Renoir 国立新美術館で日本では最大級のルノワール展が開催されています。日本でのルノワールの人気は絶大で、一時的に一大ブームとなった伊藤若冲や歌川国芳やフェルメールの『真珠の耳飾りの少女』などの例外を除くと、日本で一番安定した人気を誇る画家と言えます。... more
by mcap-cr | 2016-07-03 11:21 | その他 | Trackback(1) | Comments(0)