バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

複数使いの妙

秋葉原の秋月電子で、8cm(77mm)のスピーカーユニットF77G98-6がジャンクとして売られていました。
錆ありの訳アリ品だそうで、1本150円でした。
a0246407_23231438.jpg

早速14本購入しました。
14本で2,100円。
FE83En1本よりも安いです。
全部買い占めたい衝動に駆られましたが、多すぎても何なのでここまでにしておきました。

東京コーン紙製作所のF77G98-6は、素直ないい音です。
問題は、空気漏れ無くバッフルの外面から取り付けるためには工作精度が必要なことです。
また、フレームは非常に弱いです。
そんな理由で、高くは売りにくい代物でしょうが、では、フレームが少しマシなだけのFE83Enに16倍の費用を投じるのかと考えると、やっぱりこっちのほうがいいです。

先日は、
爆買いしてしまった
に書いたとおり、もう少し小さいのを34本購入しました。

何でこんなに買うのかというと、最近、スピーカーユニットの複数使いの妙を知ってしまったからです。
1本と2本の違いはよく分かりません。
しかし、4本となると、全く違う音場を再現することができます。
片側6本あれば、UP5D-CRの理想形を作ることができます。

長岡先生が、本物の音場再生は小口径フルレンジ1本である、と書かれたせいでしょうか。
殆どの人は、小口径フルレンジ1本使いで本物の音場再生ができると刷り込まれているかもしれません。
しかし、音場型で気付かされたことに書いたとおり、全ての楽器は、前後左右に音が出ています。
小口径単発使いでは、後ろ向きの音が出ていないのですから、そちらこそ疑似音場再生型なのかもしれません。

スピーカーユニットの複数使いは、音場再生の世界を変えてくれます。
UP5D-CR型という単純な構造で、思いがけない音場を再生してしまうのだから、スピーカーユニットの複数使いには、もう病み付きになりました。

この(P)UP5D-CRの上向きユニットを、仮に付けた5"フルレンジのままにするのか、理想的な、同じ3"ユニットを直列2本にするのか、悩んでいます。

スピーカー再生技術研究会 オフ会は2016年12月24日です。
今年は東京、八王子市での開催です。
(P)UP5D-CRも鳴らす予定です。

是非ともいらしてくださいね。
[PR]
トラックバックURL : http://mcap.exblog.jp/tb/23450052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mcap-cr | 2016-12-07 23:45 | スピーカーユニット | Trackback | Comments(0)