バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展

ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展に行ってきました。


訪れたのは、6月18日(日)開館時間の9:30に合わせて行きましたが既に行列ができていました。
前売り券買っておいて良かったです。それでも並びましたが。

今回の目玉は、ブリューゲルの『バベルの塔』は、他にもあります。
私は、2005年にウィーンで別の作品を見ることができました。
今回のボイマンス美術館の『バベルの塔』は、私が見たものよりも後の作品で、更に進化したものです。

まず、最初は、同時代の他の作品を見てから、ヒエロニムス・ボスの作品が展示されていました。
a0246407_18371842.jpg
はがきを低解像度でスキャンしたので、ぼやけていますが、この作品は極めて細密に描かれており、その解説がありました。
『放浪者』という作品ですが、注意していないと見落としてしまうようなところに細かく描写されています。
いろいろありますが、背中に背負っている荷物に猫の毛皮がぶら下がっているのが気になりました。
どうして猫なんだろうか...
きっと意味があるのでしょう。

他にも素晴らしい作品が目白押しでしたが、バベルの塔については、実作品の他にも説明のための工夫が凝らしてあります。
実際の作品はさほど大きいわけではありません。
a0246407_18371333.jpg
これも低解像度なのでよくわかりませんが、実際の作品がどれくらい細密にできているかは、展示会の中では、これがどれくらいすごいのかわかるように工夫されていました。
塔の中央部分には、人や機械等が細かく描写されています。
それが、拡大されて壁いっぱいに展示されています。
その拡大図を見ても、解像度が足りないと思わせるだけの細かさです。
もうひとつの目玉は3DのCGを見られたことです。
ブリューゲルのすごいところは、この絵を設計図として実際に建造できるくらい正確に描写しているところです。
そのことは、3DのCGを見ると実感できます。
こういうのは、ボイマンス美術館に行っても見られないかもしれません。
こういう企画展示会は、現地でも見られないほどの詳細な説明を見ることができます。

描写力は、観察力なので、この絵を書こうと思ったら、工学知識が必要です。
部材(石等)それぞれの重量はどの程度か、それを揚げるためにはどの程度の巻揚機が必要か、どのような順番で組立てれば、上部構造を支えることができるのか...
バベルの塔は実在するものではないので、観察することさえできません。
それを単に妄想したって描けるわけでなないので、上記のように自分で設計し、建造手順書を作らなければこのような絵を描くことはできません。

いやいや、素晴らしい展覧会でした。


[PR]
トラックバックURL : http://mcap.exblog.jp/tb/237104743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by desire_san at 2017-06-27 09:59
こんにちは、
私もブリューゲル『バベルの塔』展を鑑賞してきましたので、ブログを興味深く読ませていただきました。3DのCGをご覧になって、壁いっぱいの拡大図を見ても、解像度が足りないと思わせるだけの細かさで描かれているを体現され田のですね。私は3DのCGを見逃してしまいましたか、リアルな表現と、非常になめらかで自然な描写と絵具を何層にも塗り重ねて透明感を出しているところなど繊細な表現にも魅了されました。

私はブリューゲルの『バベルの塔』の魅力も含めた感想と、かつて来日した作品や現地に行って見たブリューゲルの名画を紹介しながら、ブリューゲル絵画の魅力とブリューゲルの世界観・人間観を考察してみました。一度眼を通していただ抱けると嬉しいです。私独自の見解も書いておりますので、ご感想、ご意見などコメントいただけると感謝いたします。


Commented by mcap-cr at 2017-06-27 12:36
> desire_sanさん
こんにちは。コメントをありがとうございます。
3DのCGを見られなかったのは残念です。
あの絵が実際に再現可能な空間になっていることを実感できるチャンスでした。
絵画の中には、実態と全く合わないものがありますが、意図的に抽象表現とした以外の偽物もあるとおもいます。
ブリューゲルの作品を見て、基本が大切なんだということを思い知りました。
desire_sanさんのサイトの感想はそちらに書かせて頂きます。
Commented by desire_san at 2017-07-03 15:28
コメントにご返事いただき、ありがとうございます。私のサイトにもコメントありがとうございました。

前回、ボスの作品について触れませんでしたので、『バベルの塔』展で来日した作品も含め、来日した作品や現地に行って見たとボスの名画を紹介しながら、ボスの絵画の魅力とブリューゲルの作品との違いについて、考察しながら整理してみました。ご参考になれば幸いです。

Commented by mcap-cr at 2017-07-03 18:40
> desire_sanさん
ご丁寧に有難うございます。
ボスの記事も拝見致しましたので、御サイトにコメントさせて頂きたいと存じます。
よろしくお願い致します。
by mcap-cr | 2017-06-20 00:00 | 美術 | Trackback | Comments(4)