バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

ハイエンド頑張れ

いつも高額商品に疑問を呈している私ですが、MJオーディオフェスティバルを聴いて、ハイエンドを応援する気持ちになりました。
高額製品の中には効果が疑問なものもありますが、だからといって合理的な機器だけで詰めていってしまうと、オーディオ文化そのものがますます廃れていってしまうように思います。
オーディオを文化と呼べるのかどうかは別として、オーディオ装置を使えば、名曲・名演を聞くことができるのですから、文化の一部を担っているとは言えるでしょう。
私がハイエンドオーディオに期待するのは、部屋込みのオーディオシステムです。
ん千万円の機器を購入できる人だったら、あたらしく部屋を作るくらいどうってことはないでしょう。
部屋の提供を含めてのハイエンド機器であれば、素晴らしい音楽を再生できるでしょう。予算が足りなければ機器の予算をちょっとばかり削ったところでパフォーマンスには影響しませんし。
部屋さえちゃんとしてしまえば機器はそこそこで大丈夫ですが、それでも、機器を最上級機にしてしまえば、満足度が上がるでしょう。

先生方には、間違ってもハイエンドには挑戦してほしくないと思います。
そんなことすると、マニアの夢が潰れてしまいますから。

私には夢のまた夢ですが。

[PR]
トラックバックURL : http://mcap.exblog.jp/tb/23715773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mcap-cr | 2017-03-15 21:34 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)