バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

意外に使いやすかったLibreCAD

LibreCADの勉強を始めたことを書きました。
ご意見も頂きましたが、使う目的が違うと別な見方になります。
私がLibreCADを使ういちばんの理由は、Linuxで使えることです。

Windows10の鈍重さには付いていけません。
Windows10は、起動してからウェブブラウザが起動するまで私の4コア、8GB RAMのPCでも5分以上(10分位しないと使える速さになりません)かかります。
見た目では、すぐに起動した感じの画面になるのですが、実際には、何も反応しないので、全然使えません。
起動時間の定義に合わせて不誠実な仕様にしていることがわかります。

Windows10が激遅なのにたいし、LinuxであるOpenSuse42.2は、サクサクと立ち上がっていきます。
しかもアプリケーションもサクサクと動きます。
これだけ差があると、もうWindows10が見限られていく日は近いでしょう。
遅いOSのためにハイスペックなPCを買う意味が分かりません。

ということで、LibeCADです。
Windows版のソフトは、Windowsに依存しているため、その時点で既に...です。

LibreCADの使い勝手のコツが少しずつわかってきたので、PUP5D-CR ver.3を設計しています。
正確に言えば、PUP6D-CR ver.1となります。
五角柱であれば、横向き5本、縦向き1本のユニット配置にできるので、6本を無理せずに装着できます。
a0246407_07430549.jpg
見てみると、いまの副空気室を使えば、五角柱の主空気室でも搭載できそうです。
斜めカットをどうするか、問題が残りますが、来年の課題として考えていきたいと思います。


[PR]
トラックバックURL : http://mcap.exblog.jp/tb/237494941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mcap-cr | 2017-08-10 00:00 | コンピュータソフト | Trackback | Comments(0)