バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

スピーカー再生技術研究会2017年オフ会(2−3)

高橋さんは、楽器を研究した楽器型スピーカーシステムです。
弦楽器の胴を模して銅の響きを付加しています。
チャンバーに平行面は一切なく、直角もありません。
作るの大変だろうなと思うのですが、ご本人曰くそうでもないそうです。
a0246407_07504090.jpg
スピーカーユニットは、高域がキンキンして使いにくいというFostex-コイズミ無線コラボの製品です。
高域を鎮めるために、サブコーンに塗装しています。
楽器の胴を研究し尽くしたチャンバーとサブコーンへのコーティングとで、楽器スピーカーに変身しました。
ご本人曰く、ピアノの音がギターのような音になる、とか、金属の音が、木の音になるということですが、私の聴いた感じでは、ソースによるのかなと思います。
確かに、弦楽器の響きは感じますが、トライアングルのような金属音はしっかり再生されるし、ピアノの胴のグワングワンした響きも見事です。
ヨーロッパで売ったら高く売れるのではないかと思いました。

レポートはこちらです。

次は、ケイさんの作品です。

[PR]
トラックバックURL : http://mcap.exblog.jp/tb/237855536
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mcap-cr | 2017-10-13 00:00 | オフ会 | Trackback | Comments(0)