バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

予備のPCを注文

最近は、個人で仕事をしておりまして、パソコンも個人のものを使っています。
そこで、いま使っているパソコンが壊れたら予備がないことに気付きました。
自動車で職場に行くなら、デスクトップがありますが、電車ではそうはいきません。
ちょっと怖くなったので、予備のPCを注文しました。
納期は一週間で、明日入荷予定です。

自分が考えるパソコンのサイクルは4〜5年くらいです。したがって、2年毎に購入してゆけばちょうど良いのではないかと思います。
今使っているパソコンは、まだ5ヶ月なので、サイクルには合いませんが、万一を考えるとダメージが大きいので、インターネットで情報を仕入れました。

希望の条件は、以下のとおりです。
  • CPUがクアッドコアであること
  • できればAMDのCPUがいい(インテルの一人勝ちが良いと思わないので)
  • メモリは8GB
  • ストレージは交換可能なこと(HDDかSSDかは価格により判断)
  • eMMCは絶対に不可
  • セキュアブートを無効化出来ること
  • DELLとLenovo以外。韓国製もダメ。

クアッドコアを望むのは、マルチタスクの場合、デュアルコアでは心もとないからです。
CPUは、インテルが圧倒的に多いです。
Core i7とかだと20万超えが普通です。
パソコンの性能より知恵と工夫だと思っているので高価なのはパス。
インテルは、ハイパースレッディングで、デュアルコアをクアッドコアに見せていますが、何となく気に入りません。
AMDは、ハイパースレッディングではないので、コアの数とスレッドの数が同じです。
しかし、AMDは圧倒的にすくないです...

eMMCって容量が小さすぎて、一体誰が使うんだろう?疑問です。
しかも、交換も増設もできません。
クラウドPCならeMMCでもいいですが、仕事には向いていないと思います。
eMMCは、タブレットPC向きだと思います。

また、セキュアブートを無効化できないとLinuxでは使えないので、私にとってはゴミ同然です。

DELLは、品質問題で苦労したことがあるので、もうコリゴリです。
Lenovoは、ちーなの企業に買収されてから、バックドアを仕掛けた前科があるので心理的に受け付けませんし、韓国製もバックドアを仕掛ける常習犯ですし。

ということで、いくつか候補があがりましたが、コスト・パフォ−マンス比を比較して、結局またHPになりました。
下記のモデルです。
セキュアブートを無効化できることは、仕様に書かれていないので、サポートに直接確認しました。
HP 15-bw000 価格.com限定 クアッドコアA10&256SSD搭載モデル
・ 8GB (8GB×1)
・ HP 15-bw000
・ Windows 10 Home (64bit)
・ AMD A10-9620P APU (2.70-3.60/2)
・ 15.6インチワイド・フルHD非光沢・ディスプレイ
・ ピュアホワイト
・ 256GB SSD (SATA M.2接続)
・ DVDライター
・ AMD Radeon 530 グラフィックス
・ 内蔵Gigabit LAN (10/100/1000)
・ IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth
・ 日本語配列キーボード (テンキー付き)
・ HP TrueVision HD Webcam
・ 速効!HPパソコンナビ特別版
・ マカフィー リブセーフ (30日版)
・ 使い方サポート 1年用
・ 1年間引き取り修理サービス

価格は送料・税込で64,800円と今のものより高価になりましたが、他よりは随分安いし、今のものよりもCPUがよくなっています。
とはいっても、今のものもHDDをSSDに買い換えたのでトータルのコストは大差ありません。
新しいのは、容量が小さいもののSSDなのも良いです。

しばらくは、Linuxは使わずに、あとでディスク交換してからLinuxデュアルブートしようと思います。

[PR]
トラックバックURL : http://mcap.exblog.jp/tb/237967379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mcap-cr | 2017-11-13 23:59 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)