バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

DU080c製作(その4)

時間が開いてしまいましたが、次の製作作品、型番DU080cというMCAP-CR型は、ユニットを変えて3タイプ製作する計画です。
うち2作は、それぞれ150円と400円の激安8cmスピーカーユニットを使う予定です。
最後のひとつは何にしようかと考えていましたが、先日三島のkenbeさんと飲んだときに、今度のStereo紙の付録は音が良いと伺ったので、パイオニアのOMP-600を使おうと思います。
ただし、穴開けの寸法精度が必要だとのことだったので、穴サイズの確認のための試し開けをしてみました。
Stereo誌によると、穴加工のサイズは58mm径となっています。
このユニットのマグネット径は大きめで、55mmあります。
手元にあるインチ系列のホールソーとミリ系列のホールソーを見ると、インチ系列のサイズに57.1mmというのがあります。
a0246407_15513142.jpg
これで、実際に穴を開けてみました。
a0246407_15520130.jpg
端子がいばるので、端子部分を切除すると、ぎりぎり入りました。
これで良さそうでもありますが、入れてみると、横方向には簡単にずらすことができます。
a0246407_15520442.jpg
端までずらすとこんな感じです。
これは、確かにギリギリ、というか、58mm径の指定のところを57.1mm径のホールソーで開けてもブカブカの感じです。
マグネットがギリギリ入る56mm径くらいのほうが良いのかもしれません。
と思い、mm系列のホールソーを見ると、55mmというのがあるので、これを使ってみました。
a0246407_16182496.jpg
これが端子まで入るギリギリの大きさです。
入れてみました。
a0246407_16182945.jpg
今度は端子板の切欠きがはみ出てしまいます。
多分、55mmにすると、端子板の切り欠きを大きくしなければならないのでかえって良くないということでしょう。
さて、どうしましょうか。
フランジを大きくしてくれれば何の問題もないはずなのですが、フランジをギリギリにすることで、コストが安くなるのでしょうか???
とてもそうは思えないのですが...
穴は小さければ良いというものではなさそうです。

そもそも、初心者向きの設定ではないのですか?
ねえ、音楽の友社さん。



[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-13 23:49 | スピーカー工作 | Trackback | Comments(0)

GL10PのSIMロックを解除

私のように、モバイルインターネットの環境を何年かごとに変えていると、使えない機器が出てきます。
GL10Pというのは、e-mobileで購入したモバイル端末です。
この端末はSIMフリーではなく、SIMロックがかかっているので、このままでは、他のSIMを使うことができません。
現在は、Biglobeのモバイル回線を使っており、こちらは、SIMを追加すれば、月に何百円かでSIMを増やすことができ、大手通信会社のサービスよりは安価にモバイル環境を得ることができます。
現在は、SIMフリーのMR04LNという機種(15,000円位した...)を使っていますが、予備という意味を兼ねて、GL10Pも使えるようにしたいと思います。
ということで、SIMフリー化を試みました。
SIMフリー化の情報には、下記のようなものがあり、ていねいに説明されています。

おおよその流れを整理すると、
(1)新しいSIMに交換した状態で、工場設定に初期化する
(2)インターネット上でダウンロードできるソフトウェアをダウンロードする
(3)GL10Pのドライバをセットアップする(上記のリンクはWindows7の場合のみの説明)
(4)ダウンロードしたソフトを起動してGL10Pの情報を取り込む
(5)このソフトから、SIMロック解除のためのクレジットを購入するためにアカウントを作成する(メールアドレスが必要)
(6)同上、クレジットを購入する。Paypalアカウントが必要です。私の場合は持っていたので、Paypalにクレジットカードから7ユーロ移しました。
(7)登録メールにアカウント情報が送られてきているので、それを同上ソフトに登録する。
(8)Unlockの機能を用いてロック解除する

どうやら、このソフトは、パスワード解析しているようです。
パスワードは表示されません。
めでたく解除されましたが、堅牢なパスワードを設定されていたら解除できないかもしれません。

まあ、ここまでは問題なくうまくいきました。

その後が問題です。

SIMロック解除したGL10Pは、電波を物理的に検知していますが、つながっていません。
前回、ASUSのZenFoneに新しいSIMを挿入したときはアクセスポイントを選ぶだけでしたが、GL10Pは、アクセスポイントを設定しなければなりません。
Biglobeのサポートサイトの通りに設定しても何故か繋がりません。
Biglobeのユーザー名は、"user"、パスワードは"0000"と書かれていますが、これを個人のユーザー名、パスワードに設定変更しても繋がりません。
GL10Pは、アクセスポイントを2つ設定できるので、2つとも設定してみるとすぐに繋がりました。
最初のアクセスポイント設定にミスがあったのかな?
ちなみに、
アクセスポイントは、"biglobe.jp"
ユーザー名は、個人のものではなく、常に"user"
パスワードも、全部共通で、"0000"
というのが正しいようです。
SIM持ってるのにどうしてパスワードやユーザ名が必要なのかよくわかりません。

なんでまたこんな無駄なことをしたのかというと、来年海外旅行を計画しているからです。
海外でもインターネット接続がないと困ります。
そこで、プリペイドSIMを購入すれば、旅行中、購入した量に応じて通信できるので、日本にいるのと同様の環境を得ることができます。
SIMに相性があったりすると良くないので、MR04LNとGL10P4の二本建てにしようというわけです。
多分一つでも大丈夫なのでしょうが、備えあれば憂い無しということでしょう。
インターネット環境があれば、SkypeやLINEで通話もできるので、時差以外は、国境もシームレスになりそうです。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-12 23:43 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)
最近、モバイルルータの使用を中止して、ASUSのZenFoneというスマホをルータ代わりに使うようになりました。
しかし、都度インターネットの共有設定をするのが面倒です。
ということで、常時働いているBluetoothのディザリング機能を使用してみました。

まず、PC側でBluetoothサービスを有効にします(普通ははじめから有効になっています)。
つぎにAndroid側で、Bluetoothでのペアリング設定をします。
PC側でも確認して共有設定路します。
Windows10では、なぜかこれだけでは、インターネットの共有機能が使えません。
デバイスとプリンタ、というところに、スマホが表示されるので、右クリックしてアクセスポイント設定をすると使えるようになります。
無線LANよりも接続は遅いですが、電車の中とかでは、それが支障になるような作業はできないので、許容範囲です。

パソコンを起動すると、ペアリングまでは自動でしてくれるのですが、困ったことに、パソコンを起動するたびにスマホのアクセスポイント設定をしなければなりません。
スマホ側で、無線LANのディザリング設定をするほうが簡単かもしれません。

しかし、モバイルルータと比べるとスマホはバッテリーの持ちがいいし、(データSIMしかなくても)単独でSkypeやLINEが使えるので、少しは電話代わりにもなります。
最初からモバイルルータなんか買わなきゃよかったわけですが、まあ、これも勉強なのでしょう。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-11 23:01 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)

印象操作

オーディオマーケティングの場合も同じですが、印象操作という手法があります。
先日、NHKの受信料支払い拒否訴訟が最高裁ありました。
メディアは一斉に『NHK勝訴』と伝えていましたが、実態は、どっちもどっち。
被告は、BCASカードの番号を伝えたのだから受信料を払え、とされましたが、NHKの『2週間で自動契約』、という主張は認められませんでした。
結局現行の状態を追認しただけという判決だったのにね。
NHKは、他のマスコミの仲間なんですね。

印象操作というのはこういうものです。
NHK勝訴→受信契約は義務だから拒否できないぞ
実態は、個別に契約するだけ。自動契約という主張は却下。

同じようなものに、
『お前は間違っている』というのがあります。
どこがどう間違っているのか指摘せず、間違っているかのような印象付けをします。
『ヘイトスピーチ』というのも同じです。
どこがどうヘイトなのか指摘せず、悪いことだと印象づける。
マスコミなんか全てが印象操作といって良く、情報を受取る側の判断を否定するのが基本です。

オーディオ機器の、『音が良い』というのも同じで、印象付けだけです。
『と、私は感じる』だけなんですが、そう思っていなくてもそう書いてしまえば印象付けが完了です。

振り込め詐欺なんていうのも、認知障害のある人に、自分が家族であるかのように印象付けて金を騙し取るわけですが、騙せない相手のほうがはるかに多いのが実態です。
それでも、騙される人だけ騙してしまえばいい。
詐欺とは、騙せる人を騙すのが基本のビジネス(?)モデルです。
印象操作も詐欺と同質なわけで、騙されない人が増えなければ、悪質な印象操作はなくなりません。





[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-10 23:15 | その他 | Trackback | Comments(0)
このブログは、exciteの無料コースを使っています。
私は、cookieとかログイン情報を削除する習慣にしているので、毎回、自分でログインしています。
自分のブログの記事を書くには、、まず、ブログに行って、そこでログインします。
最初は、下記のような画面が出ています。
a0246407_07112829.png
ここに、『ログイン』という部分があるのですが、さっさとログインしないと、すぐにこれが消えてしまって、下のようになります。
a0246407_07113592.png
いま出ているのは、『冬の5大テーマ祭り 韓流・華流 投稿募集中』というExciteブログの記事募集広告です。

この募集広告の内容、何かジーンと来ます。
涙ぐましい...
韓流ブームって、ヨン様とかチャングムの時代に少しあったような気がしますが、正直いっていまブームがあるとは思えないし、今後、当分の間は、ブームになることもないでしょう。
流行語(にしたい)大賞と同じく、マスコミあげて、むりやり流行っていることにしたい哀愁が感じられます。
こういう広告費ってどこから出ているのかなあ?

華流というのも聞いたことのない用語です。
中華人民共和国というのが今の正式国名みたいですが、そう言っているのは自分だけみたいです。
英語ではCHINA、イタリア語でCINA(チーナ)、スペイン語CHINAで、フランス語でCHINE、ドイツ語でCHINA...これって、日本語の志---那と同じじゃないですか。
日本に留学していた文人も自分の出身は志---那と普通に書いていたそうです。
中華は、世界の中心の華という意味があるそうですが(自信なし)、世界ではそう呼んでくれないのが実態です。
日本で、志---那と書くと文句を垂れる人がいるみたいですが、外国語にケチ付ける、しかも特定の国だけにって何でしょうね?
華流---わかるような分からないような...料理は中華だし、カンフーとかかなあ?

こういう無理押しを見ていると、無理押ししている人たちと一般人との乖離を感じます。

書きたかったのは、ログインが消えて不便だなあ...ということだけだったのですが、別の話になっちゃいました。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-09 23:15 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)