バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:政治( 19 )

潮流の変化を感じる

先週末に葛飾区の議会選挙がありました。
私は区が違うので、状況は知りませんでしたが、新しい流れを感じる結果でした。

大手政党のことは、既存のメディアが伝えていますが、大きな動きは、鈴木信行氏と立花孝志氏が当選したことでしょう。
鈴木信行氏は、維新政党・新風の元代表で、争点を外国人への生活保護廃止に絞って当選しました。
ODAのように税金を外国に使うのは必要でしょうが、外国人個人に使うというのは、筋が違う、そういう考えが受け入れられてきたということでしょうか。
国籍に関係なく、必要なサポートは自立支援のはずで、自立支援にもならないものに、税金を投入するのは、単に、勤労の精神を無にするだけでしょう。
そもそも支援は、国籍のある自国に頼るべきものです。
たとえば、自分が、アメリカに行って、ビザ失効で居座って、フードスタンプくれ、と言ったって無理な話でしょう。
自国民優先は、世界のスタンダードです。

立花孝志氏は、『NHKをぶっ壊す!』と訴えて当選。
NHKに疑問を持つ人が堂々と声を上げられるようになってきたということでしょう。

本来、日本には、言論の自由がありますが、最近は、言論弾圧を推進するマスコミの声が大きくなっています。
マスコミは、自分たちの隠蔽や捏造の自由は主張するのに、他の人の言論は封じ込めたい、ダブルスタンダードな団体です。

電波オークションの議論も始まったことだし、これから、もっと自由な議論ができる世の中になってゆくことを期待したいと思います。


[PR]
by mcap-cr | 2017-11-15 23:59 | 政治 | Trackback | Comments(0)

今日の横田基地

昨日、トランプ大統領が、横田基地に到着しました。
羽田より警備がずっと楽なはずです。
米国首脳の来日にはどうしてもっと頻繁に使わないのかと思います。

私はこのところずっと仕事で横田基地に来ていますが、昨日は、基地の出入りは全面禁止でした。
しばらく前から基地の中に日本のパトカーも出入りしており、警戒していました。
米国大統領となれば狙われやすいし、ましてや、マスコミの捏造性癖を暴露したトランプ大統領なので、敵は多いと思います。

今日は、一大イベントが終わってとくに変わったことはなく、日常に戻っていました。

トランプ氏は、大統領になる前には、言動が物議を醸していました。
今にして思えば、言葉の端を切り取って、物議を醸すようにした、マスコミの演出でしょう。
安倍総理もずっとそうやってマスコミに攻撃されています。
トランプ氏は、CNNを指して、"YOU ARE FAKE NEWS!"といいましたが、安倍総理は、マスコミと正面から敵対せず、やんわりとやり過ごしています。
とはいっても、なんの疑惑もないのに、疑惑であると印象操作されたモリカケ演出には参ったことでしょう。

あれほどマスコミのネガキャンに遭ったのにトランプ氏が勝ち上がった背景には、既存のメディアの捏造性が少しずつ知られてきたことがあるのでしょう。
テレビと新聞くらいしか情報源がなかった時代には、マスコミは情報操作し放題でしたが、今は、インターネットの監視があるので、捏造は、たちどころにバレてしまいます。
それでも、テレビと新聞くらいしか情報源のない情報弱者は騙せるので、捏造、偏向、印象操作はやり放題です。
騙しの本質は、『騙せる者だけを騙す』ことですから、理論の整合性は、必要ありません。
むしろ、ありえない、とんでもない嘘のほうが騙しやすいともいえます。
人間は、突拍子のない想定外の嘘には即座に反応できない生物だと思います。

今回のトランプ大統領のアジア歴訪で、日米の関係が更に強化されて、特定アジア以外が結束できれば大成功だと思います。
特定アジアだけは永遠にまとまらないでしょうが。


[PR]
by mcap-cr | 2017-11-06 23:59 | 政治 | Trackback | Comments(0)

投票に行きましょう

「政党が変わって言うことが変わるやつって誰が信じるんだろうね」
「そういうやつも信じられないが、それに投票するやつも信じられないね」
「やってられないからおれいかねー」
「そういうのダメだよ。棄権する人間が社会を悪いように変えるんだよ。」
「これがおれの意思表示ですよ」
「それは、XX党が政権とって、連行されても文句は言いません、っていう意思表示だよ」
「そうそう。おまえちゃんと投票いけよ。」
「そうかなあ。じゃあ行こう。で、誰に投票すればいいのかな?」
「それは自分で考えるんだよ」

仕事仲間たちとの会話です。
どれが私かは書きませんけど。

どの党とか候補者に投票しようなんていえませんが、すくなくとも、胡散臭いと思う奴らの当選を防ぐには、自分で考えて投票するしかありません。
何故か胡散臭い奴は、メディアに叩かれません。
きっとウラでつながっているのでしょうね。


[PR]
by mcap-cr | 2017-10-21 00:00 | 政治 | Trackback | Comments(0)

政権が安定してほしい

衆議院選挙の投票日まであと僅かになりました。
今回も、マスコミの印象操作が激しく、与党圧勝みたいな報道が為されています。
こう書いておいて与党支持層が投票にいかないよう操作するための報道なので、信じてはいけません。
マスコミは、大抵がフェイクニュースだと考え、こういう騙しに引っかからないよう気をつけましょう。

今年は、モリカケのような政局のためのフェイクで国会の審議時間が無駄に使われてしまいました。
印象付けだけしておいて何一つ証拠が出ないのに、未だに騒ぎ続けている政党があります。
ワイドショーしか見ない人に対して印象付けするだけの国会活動とその報道は、もう国家転覆のための犯罪レベルと言って良いと思います。

いまの若い人にとって、大切なのは今後の長い人生設計ですから、政権がころころと変わっては生活設計ができません。
政権が変わるにしても、与党としての国の運営が安定してできる人が集まっている政党でなければ、将来を見越した生活設計は不可能です。

議員として仕事をするには、法案を可決させてゆくためには、要望の収集、根回しといった地味な努力が必要です。
仕事の出来ない人は、こういった地道な努力をせずに騒ぐだけです。
いま、騒いでいるだけの人が、議員になったとしても、いきなり仕事が出来るようになるはずがありません。
仕事が出来ない人に運営を任せたらどうなるか、民主党政権で、血の出る教訓を受けました。
仕事の出来ない人の耳障りの良い公約が守られることは絶対にありません。

与党を選ぶにしても野党を選ぶにしても、すくなくとも仕事のできる人を選ばなければならないと思います。
とくに若い人たちの投票率が高くなって欲しいと切に願います。


[PR]
by mcap-cr | 2017-10-19 00:00 | 政治 | Trackback | Comments(0)
今年のオフ会は終了しました。
明日から、少しずつ、オフ会の記事を書いていこうと思います。

さて、今日から衆議院選に突入しました。
小池ゆり子が、野望でもって、希望の党なんていうのを立ち上げたのですが、この人は、都知事としての仕事ぶりでわかるようにやっぱり全然仕事できないようです。
都知事としての無能さは、報道されていませんが、共産党とコラボして、築地市場の豊洲移転をちゃぶ台返ししたのはいいものの、代替案はなく、豊洲が安全であることが科学的に実証されても、気分で否定し、しかも代替案もなく、単に無駄遣いしたうえに、移設遅れで赤字は膨らんでゆく...
東京オリンピックは、遅々として何も決まらず...
無能をさらけ出しているわけですが、これに加えて、都民ファーストの会の離党者に、ブラックぶりをバラされました。

会派の議員から毎月21万円召し上げる
パーティ券をノルマ付きで売らされる(自分で買ってるのでしょうが)
何でも密室で決める
議員同士の会食も禁止

出るは出るは、呆れて何もいえません。

希望の党は、実質民進党そのままで、今度は、安保法制に賛成するという党是もほっぽらかして、ダニに食い荒らされまくっています。

こういう実情も、インターネットで情報を得ることの出来ない人には、わからないので、今回も、何となく投票する人が大勢出るのでしょうか。
ああいうのが議席を取れば、日本を誇らしく思えない情けない気持ちになります。

かつては、『テレビばっかかり見てると??になる』といわれましたが、今は、そう言った側の人が、テレビばっかりみて??になりました。
最近では、『新聞ばっかり読んでると??になる』といわれます。
確かに、電車の中で新聞読んでる人を見ると、??に見えます。

今回は、国民の知性(痴性?)を問われる選挙になるのでしょう。


[PR]
by mcap-cr | 2017-10-10 00:00 | 政治 | Trackback | Comments(0)

告示まであと僅か

スピーカー再生研究会のオフ会は、2017年10月9日(月)中野ゼロで実施します。
時間がある方は覗いてみてくださいね。

オフ会が終わると、翌日は衆議院選挙の告示です。
告示されなければ、名前を連呼しての選挙活動が出来ません。
実際にはサヨク政党の人は法律を守らずに投票依頼していますが。

告示前にできることは、準備だけです。

今回の総選挙の面白いところは、ただ単に当選したいだけの人が、明確に分離できてしまったところです。

選挙に通れば、政策はどうでもいい、そういう人は、少しでも当選確率が上がりそうな党に擦り寄っていきます。
選挙互助会である明清唐などは、希望(望みが希いという意味?)の塔に、抱きついていきました。
政策が全く違ってもお構いなしです。
後で乗っ取る気が満々なのでしょう。
背乗りは、あの人達の得意技ですから。

維新が乗っ取られて、そこで分裂。
分裂してできた次世代の党は壊滅。
残ったほうの維新の党は、最終的に完全に乗っ取られ、本体が維新を捨てて新たに結党する羽目に。
維新を則ったメンバーは、明清に逆戻り。
今度は小池党を乗っ取る。

こんな流れでしょうか。
段ボール箱に入ったみかんは、1個腐ると、まわりがどんどん腐っていきます。
政党に腐食人種を入れるともう終わりです。
小池党はどういう気持で結党したのかわかりませんが、腐食人種は簡単に防食できません。

本来、選挙でフィルタにかけるべきものを、網からこぼしてしまうのが、こういう人たちの実態を知らずに投票してしまう人でしょう。
本当のことがわかってそれでも投票する人はすくないでしょうが、マスコミが隠すのでしょうがありません。

インターネットでの活動ってやっぱり必要なのでしょうね。



[PR]
by mcap-cr | 2017-10-07 00:00 | 政治 | Trackback | Comments(0)

解散総選挙ですね

突然の解散総選挙となりました。
『解散して民意を問え』と言っていた野党は総崩れ。
都知事として、オリンピックの準備を停滞させ、築地市場の移転を引き伸ばして結局結論も分からない、いわば、実績マイナスの人が、希望の党を作って大騒ぎ。
グチャグチャになっています。
テレビと新聞しか情報源のない人は、何がなんだか分からずに、マスコミの作り上げた虚構のイメージだけで投票するのでしょう。
やっぱり、マスコミは解体して、透明にしないと駄目です。

先日、地道な活動に敬意、として取り上げた杉田水脈さんが、自民党から出馬することになったそうです。




杉田さんは、日本維新の会で議員を務めていましたが、偽リベラルに乗っ取られて、分離した次世代の党から出馬して落選。その後も、上記のような活動を欠かしませんでした。
次世代の党は、運営がうまくいかず、執行部が勝手に、日本のこころ...に改名し、とうとう党首が希望の党に移籍と意味不明な展開になっていましたが、杉田さんは、自民党で活動を続けてほしいと思います。
日本に必要なのは、議員になるのが目的の人ではなく、国のために貢献する気持ちのある人でしょう。

希望の党騒ぎで壊滅した明清盗の議員たちは、議員で楽をするのが最優先なので、主張の全く違う党に所属してでも受かりたい、情けない限りです。

マスコミがどんな手を使ってくるか分かりませんが、私達は冷静に分析して、自分の信念に従って投票するというのが、大切なことだと思います。


[PR]
by mcap-cr | 2017-10-01 00:00 | 政治 | Trackback | Comments(0)

地道な活動に敬意

スピーカー再生技術研究会のオフ会がありましたが、今日はまだ何もまとまらないので、あとで記事をアップしようと思います。


かつて次世代の党の国会議員だった杉田水脈さんが国連で発表されたことが新聞記事になりました。
とは云っても、日本の新聞ではありません。
いつも国連ガーと言っている新聞社は絶対に書かないだろうと思います。

国連の人権委員会において、韓国が、VANK反日学生団体に対して資金提供を行っていることを杉田さん自身が発表した、という内容です。
その他にも、反日活動をする教授とかに資金提供したことなども発表しています。
軍艦島が世界遺産に登録されたことで、韓国が、強制徴用などというデマを発し、罪のない人々にヘイト活動を行っていることなども説明しています。

日本のマスコミは、何故か、特定アジアと呼ばれる隣の国々が大好きで、日本を下げて、特定アジアを賞賛する記事を書いたり放送したりしています。
こういう記事はさっぱり見ないですね。
どうしてなんでしょう?
お里がアチラなのかな?

杉田さんは、前回落選してしまい、今はフリーでの活動ですが、こういう地道な活動に敬意を評し、次回は是非とも当選して頂きたいと思います。
私の地区とは、選挙区が違うのが残念です。




[PR]
by mcap-cr | 2017-09-24 00:00 | 政治 | Trackback | Comments(0)
ソープ・オペラというエントリで書いたように、山だか交だかの尻尾のナントカの浮気で、明清盗が打撃を被りました。
明清盗への打撃は国のためと思いますが、国の利益はマスコミの不利益と見えてなるべく騒がず擁護に徹しています。
待機児童の削減に取り組むヒロインという設定だったのが、実際には、6歳だかの子供を家に残してフリンのために週に4日も家を開けていたというのですから、格好のワイドショーネタなんですがね。
ダブスタがマスコミのやりかたですから。

朝鮮総連などの反社会勢力と密接な関係があるように見える、マスコミや明清盗のような連中を一網打尽にできる法整備が為されるまでの間は、マスコミの希望と逆の選択をしてゆくことが重要なのでしょう。

『日本死ね』などという下品な、ちっとも流行っていない流行語をでっち上げて、それを満面の笑みで受賞するやつが国会議員なのですから、こういう連中をのさばらせるようでは、国も終わりです。

本来は、外患罪等で処分できるようにすべきでしょうが、まずは、反堺勢力を選挙で落とすことでしょう。

何事にも時間がかかります。
千里の道も一歩から。
QC手法のように、出来ることから始める。
というのがいまでもできる対策なのでしょう。


[PR]
by mcap-cr | 2017-09-16 00:00 | 政治 | Trackback | Comments(0)
この記事は、あとでアップロードしようと思っていたら、蓮舫が共に民進党の党首を降りてしまいました。
あくまでも議員辞職はしないのですね。
公職選挙法違反なんて小さなもの...なんてことはありません。


『人のふり見て我がふり直せ』
とは、昔から言われてきたことです。
他の人のよろしくない振る舞いを見たら自分にも当てはめてみて同じようなことをしていないか確認しろ、ということです。

ところが、特にサヨク系の政治家、評論家、弁護士、報道機関...そんなのは、全く我がふりを直しません。

サヨク系の議員は、マスコミ応援団に守られて、都合の悪い事実は報道されないので、ブーメランが当たったことさえ、国会中継をを全部見たり、ネットの情報をとっていない人は気付くこともできません。
だからブーメランが当たっても痛くないのですね。
それ以前に人間としてどうよ、と思いますが。


[PR]
by mcap-cr | 2017-07-28 00:00 | 政治 | Trackback | Comments(0)