バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:楽器( 1 )

島村楽器主催の弦楽器大展示会 in 秋葉原UDXを見てきました。
a0246407_14110741.jpg
会場は、UDXの4階です。
一昨日に千葉の実家に行くときにポスターで見つけていたので、ちょいと見てきました。
見てきたのは、製作の実演です。
a0246407_14111587.jpg
専用の彫刻刀のような道具で丹念に彫っていました。

会場は、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの展示と商談会のような感じです。
展覧会のようなイメージを持っていた自分には場違いでした。
a0246407_14104046.jpg
購入を検討する感じの方が、慣らしで弾いていました。
見たとおり、音響には全く配慮されていない会場なので、響きが悪く、演奏者にはよくわからないと思います。

展示してあった楽器は、ほとんどがヴァイオリンで、ヴィオラとチェロはほんの少しです。
価格帯は、十数万円から数百万円でした。
楽器のメーカーとしては、国産とヨーロッパ各国のものが中心です。
どれも丹念に作り込んであるのが分かりましたが、私には、価格の差がどうして出るのかはよく分かりませんでした。
高級住宅が買えるくらいの名器と、リーゾナブルな価格の楽器とでどの程度差があるかというのは、普通の人には必ずしも聞き分けられないようですし、演奏者によっても違ってくると思います。

意外だったのは、小さなヴァイオリンよりも大きなチェロのほうが高い訳ではないということでした。
民芸品だったら大きい方が高いのですが、楽器は違うようです。
展示されていた中では、どちらかというと、ヴァイオリンのほうが高価でした。

ヴァイオリンのほうが数が出そうだし、材料費も安いということではないのかもしれません。



[PR]
by mcap-cr | 2017-05-05 15:09 | 楽器 | Trackback | Comments(2)