バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:その他( 66 )

印象操作

オーディオマーケティングの場合も同じですが、印象操作という手法があります。
先日、NHKの受信料支払い拒否訴訟が最高裁ありました。
メディアは一斉に『NHK勝訴』と伝えていましたが、実態は、どっちもどっち。
被告は、BCASカードの番号を伝えたのだから受信料を払え、とされましたが、NHKの『2週間で自動契約』、という主張は認められませんでした。
結局現行の状態を追認しただけという判決だったのにね。
NHKは、他のマスコミの仲間なんですね。

印象操作というのはこういうものです。
NHK勝訴→受信契約は義務だから拒否できないぞ
実態は、個別に契約するだけ。自動契約という主張は却下。

同じようなものに、
『お前は間違っている』というのがあります。
どこがどう間違っているのか指摘せず、間違っているかのような印象付けをします。
『ヘイトスピーチ』というのも同じです。
どこがどうヘイトなのか指摘せず、悪いことだと印象づける。
マスコミなんか全てが印象操作といって良く、情報を受取る側の判断を否定するのが基本です。

オーディオ機器の、『音が良い』というのも同じで、印象付けだけです。
『と、私は感じる』だけなんですが、そう思っていなくてもそう書いてしまえば印象付けが完了です。

振り込め詐欺なんていうのも、認知障害のある人に、自分が家族であるかのように印象付けて金を騙し取るわけですが、騙せない相手のほうがはるかに多いのが実態です。
それでも、騙される人だけ騙してしまえばいい。
詐欺とは、騙せる人を騙すのが基本のビジネス(?)モデルです。
印象操作も詐欺と同質なわけで、騙されない人が増えなければ、悪質な印象操作はなくなりません。





[PR]
by mcap-cr | 2017-12-10 23:15 | その他 | Trackback | Comments(0)

おせち・年賀状

日本古来の風習として、おせち料理や年賀状等があります。
最近、いろいろと気づくことがありました。

年賀状は、すでに相当に減ったようです。
私の場合も基本的にはなるべく年賀状を書かないようにしています。
最近は、リストをデータベース化しているので、まとめて印刷するだけのそっけない年賀状です。
一種の生存確認信号(keep alive signal)になっているようです。
日本郵便は、はがきの送料を値上げしましたが、年賀状は値上げしていません。
相当にユーザーが減ったのだろうと思います。

おせちもすでに廃れつつあるようです。
前回の正月には、母と従姉妹親子が来たので、三越で購入した(高級ではない)おせち料理を準備していましたが、評判はよくありませんでした。
では、高級なおせちを準備すればいいのか?というときっとそうではないと思います。
自分としても、買っておきながら、おせちの重は美味いと思いません。
その理由は、料理が冷たいことです。
私は、基本的に、冷たい料理は、ざる蕎麦みたいに冷たさを楽しむもの以外好きではありません。
おせちはの重は、温めることもできない(こともないけど大変)ので、冷めた料理を食うみたいで抵抗があります。
もともと、おせちは主婦が正月をゆっくり休むための保存料理ということですが、今は、冷蔵庫や電子レンジがあるので、わざわざプレミアム価格の正月重料理を買う気持ちにならない人が多かったろうと思います。
皿をたくさん使っても、食器洗浄機も活躍するし、大したことはありません。
伝統文化が廃れるのは寂しいことですが、これからは、おせちを美味い状態で食べようと思ったらホテルの年越しプランを買うしかなくなってくるのかなあ?


[PR]
by mcap-cr | 2017-12-08 23:51 | その他 | Trackback | Comments(2)
フェイクニュースがインターネットにあふれているのだそうです。
SNSとかでファイクを発信している人は、まあ、それなりにいるでしょうが、フェイクの元祖は朝日新聞あたりでしょうがね。
最近は、大手新聞社やテレビ局のフェイクニュースがバレて、インターネットで検証されていますが、フェイクニュースの大御所は、ネットでたまに見る小さな嘘がフェイクニュースであることにしたいようですね。
元祖は、トランプ氏が、CNNに対して発した"You are fake news!"でしょうが、そういうことは、なかったことにしたいようで必死ですね。

そういえば、週末のNHKニュースで、『ヘイトスピーチ』に対するアンケートで、八十何パーセントが、不愉快とかの否定的な回答をしたといっていました。
そりゃあ、ヘイトスピーチに対する質問なら誰しもがそう回答するでしょう。
問題は、その『ヘイトスピーチ』の具体的内容を示さずに、イメージアンケートを行って、その回答をでっち上げたことです。
まず、NHKがヘイトスピートとしているその内容を、発言者の意図にしたがって、聞かせた後に、『これはヘイトスピートと思いますか?』と聞くのが先でしょう。
イメージ先行型は、似非人権主義者とかがよく使う手法です。
『禁煙ファシズム』なんていうのもこんな例でしょう。
『ファシズム』という否定的な用語を与えておいて、それに『禁煙』という一般用語をくっつける。
『禁煙ってファシズムなんだ。』という印象を誘導しているだけなわけです。
『ヘイトスピーチ』とか『人種差別』なんていうのも同様で、否定的なイメージを先行させて印象を誘導する、姑息な手法です。
『人種差別』なんていうから中身を見てみると、単に普通に嫌がられる特定の行動をやめろ、っていってるだけじゃない。
というのが普通です。
このように、行動に対する批判を人種差別とすり替えるようなのは、いっさい認めるべきではありません。

オーディオの世界には、フェイクがたくさんありますが、ニュースというような新しい話題はあまりなさそうです。
フェイクをフェイクだといっても、不幸になる人や幸せになる人がいなければ、熱心に主張することもありません。
オーディオは、ベーシックな理論の修正なのですが、仮説モデルが多いので、一般論通りにはならないことも、ままあります。
それでも、仮説は仮説として理解して付き合っていればいいので、仮説を真実のように振りかざすのは、感心しません。
できることなら、オーディオ趣味をフェイクから分離できるといいなあ。

E-Audio

[PR]
by mcap-cr | 2017-12-06 23:34 | その他 | Trackback | Comments(0)

12/3は姪の結婚式でした

12/3(日)は、姪の結婚式でした。
私には兄がいましたが、独身だったので、血縁の甥や姪はいません。
代わりに妻の姪が5人います。
皆同じ年代で、今回が3人目の結婚になります。
あと2人いるのですが、最近は結婚しない生き方も普通になってきたので、結婚するかどうかわかりません。
結婚なんか、若くて勢いがあるときでないと、自分にはとっても無理だと思います。
結婚しなくていいという姪も、中年になってきたらもう結婚するという選択肢はないんだろうな。
最近は、同性愛みないなマイノリティに過剰な保護を与えているし、メディアは結婚しない選択を勧めているように感じます。
家族制度は、伝統的に、最小の社会構成として機能してきました。
が、夫婦別姓とかを推進して、家族制度を破壊しようとする、自称意識高い系ばかりメディアに登場し、伝統的な家族制度を否定します。
夫婦別姓なんて、国際的には、素晴らしいとはいえない一部の国しかやっていないのですが、日本のレベルをそこまで落として壊したいのでしょう。
自称意識高い系なんか消滅してほしいと思います。

私の姪たちの3/5はすくなくとも家族制度を否定しない保守的で、残りは、よくわかりませんが、結局保守的な選択をするのではないかと思います。

結婚しておけば、さほど気を使わなくていい生活ができるのですが、結婚しないと、ひとりのとき以外は同性にも異性にも気を使います。
最近は、お歳を召してもお盛んな人たちを見ると、なんかすごいな、と感心してしまいます。

なんだかよくわかりませんが、結婚する人を見ると、幸せな気分になります。
結婚おめでとう!

[PR]
by mcap-cr | 2017-12-04 23:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

これ駄目だろ

ZenFoneと一緒にこの保護カバーを買ってしまったのですが、これが、とんでもないダメダメ商品でした。


売り文句を見ると、フィルムの性能は別として、上手に貼れるということですが.....
フィルムの長辺中央に黒いラインが入っています。
ここで、フィルムの位置を決めて、外側に向けて空気を押し出しながらずれずにぴったり貼る、という設計思想のようです。
実際にやってみると、中央から、外に向けてフィルムを貼ってゆくと、外側ではかなりずれています。
中央の仮止めはホニャホニャですから、こんなものでしょう。
何度か作業を繰り返し、とりあえず貼ったのですが、どうしてもフィルムが画面をはみ出てしまいます。
ZenFoneの画面は、縁が局面になっているので、フィルムは、面が曲がり始める前の平面部分まででやめなければなりません。
しかし、フィルムが、画面の平面部分より大きいので絶対にはみ出します。
これって、欠陥商品じゃね?
欠陥はまだ続きます。
フィルムの端にフィルム用のつまみが貼ってあるのですが、簡単にはとれません。
フィルムを傷付けてやっと取れました。
極めつけは、フィルムの中央に貼ってある丸いシールです。
これが全然とれません。
紙とノリがフィルムに残ってしまったので、ウェット紙ナプキンでこすりましたがとれません。

うわー。この商品どうみても欠陥品だろう。
暇だったら、クレームで返品しますが、暇でないので諦めます。
このブログを見ている方は、気をつけてくださいね。


[PR]
by mcap-cr | 2017-12-01 23:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

通販いろいろ

最近、アマゾンの配達がゆっくりになったので、別なところの通販も利用するようになりました。

まずは、サンワダイレクト
ここで、HDMIケーブル、SD HCメモリカード、予備のバッテリー(他のバッテリーに充電する大型タイプ)を注文したら、翌日配達でビックリ。
アマゾンもかつてはこうでしたが、最近遅い感が否めませんでした。

次はヨドバシ.コム。
Androidスマホ(ZenFone)とアクセサリを購入したら、なんと、当日配達でした。
スマホのほうは、SIMフリーで安いものということで選択。
BiglobeのデータSIMを取り付けて使おうと思います。
電話にはなりませんが、モバイル端末を省略できるので、便利です。
SkypeとLINEは、問題なく使えています。
同時に購入した保護フィルムは、とんでもない欠陥商品で、捨ててしまいました。
暇だったら返品したかったです。
別なのを買わなければなりません。
参考のため、別な機会に書こうと思います。

それと、アマゾンで監視カメラを購入。
どうして監視カメラかというと、先週、母親と連絡がとれなくなって、寝る準備をした後だったのに駆けつけなければならなくなったからです。
実家に監視カメラをつけることを決意。
しばらくは、セットアップと、使い方を設計してから、インストールに行きます。
アマゾンもさすがに他に客が流れた気配を感じたのか、今回は翌日配達でした。

通販の競争はとどまるところを知りませんが、アマゾンだけに限定しないほうがいいみたいです。


[PR]
by mcap-cr | 2017-11-28 23:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

自分に出した課題

このブログを始めてから、最初は更新頻度がかなり低かったのですが、最近更新頻度を上げました。
更新頻度を上げたのは、自分に対して課題としたからです。
ブログなんて、社会的には大して役に立つものではありませんが、自分に対しては役立ちます。
まず、備忘録として、自分のブログを読み返すことがままあります。
課題とすることで、自分のサボり癖を戒めることができます。
忙しくても自分で管理できる人ならば、それなりの時間をつくることができます。
忙しい...というのがサボりの口実だったからこそ、生活習慣を改めました。
つまらなそうなことでも、書いてみると、新しい発見があります。
読んで発見するのと、書いて発見するのとでは、随分と違います。
ただし、それを他の人に伝えられるかは、書き手の技量によるので、こういうのも書きながら習得してゆくのだと思います。

メインのウェブサイトのほうには、多自由度バスレフの解析をまとめることに役立っています。
こういうのは、解説書やマニュアルをつくるのと同じで、まとまっていないと、あとからわからなくなります。
メインサイトの情報があるからこそ忘れていた内容を思い出すことができます。

ということで、ブログは他所様のために書いているわけではなく、読みづらいことをご了承ください(言い訳)...

[PR]
by mcap-cr | 2017-11-17 23:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

Stereo誌の表彰式

今年もStereo誌の自作コンテスト表彰式があります。
自作界隈の方々のブログで、予選通過のお知らせが出てきています。

例年、表彰式の日は、音楽の友社で会って、その後有志の飲み会になっています。
ということで、今年も表彰式を見に行こうと思います。

ということで、日程を調べてみましたが、これが難しい。

検索しても一発で日程のわかるページに行き着きません。
ムックの冊子を読んでも日程は書いてありません。
Stereo誌のブログは、普段読んでいませんが、今年10月の記事に以前の表彰式のことが書いてあります。
最初は、去年の記事を出して、今年の案内をしているのかと思いましたが、日付と曜日が一致しません。
悩んでいましたが、ようやく12月16日らしいことが分かりました(本当に合ってるのかな?)。

こういったコンテストでの作品は、よほどの違いがないと、違いを感じても差はよく分かりません。
かけるソースもつまらないし、プレゼンを含めた比較が聴けるわけではありません。
楽しいのは飲み会でしょう。

12月は、もう忘年会の時期かなあ。

[PR]
by mcap-cr | 2017-11-08 23:59 | その他 | Trackback | Comments(2)

ドコモショップとiPhone

先週末を利用して母と共に、東京駅のドコモショップに向かいました。
ドコモショップは、かなりの数がありますが、対応が良いとはいえないところが多いように思います。
朝10:30に順番待ちの札を引くと、操作の相談などのカテゴリでは最初の番号でしたが、待ち時間が90分になっています。
店内も空いているし、ショップ自体が大きいので、まさか、そんなことはないだろうと思って待っていましたが、聴いてみると、本当に最低でも一時間待ちだといいます。
窓口の数は、たくさんありますが稼働しているのは4だそうです。
待っているのは3名、それに、予約が一人いるのだとか。
では予約してくれというと、当日の予約はできないとのこと。
では、外に出て戻ってきたときに、自分の順番が過ぎていたら並び直しかと訊くと、そうではないということです。
先にゆっくりと食事をして戻ってくると、まだ終わっていません。
ほどなく自分の番が来て、スマホの設定方法について相談しました。
自分でもある程度は、わかるのですが、同居していないので、少しでも違う画面になったらもう操作できなくなってしまいます。
ということで、現在の画面を見せて、まず、その画面が出ないよう設定してほしいを伝えました。
その画面とは、『ん週間バックアップされていません』といった画面です。
アイフォンには自動でバックアップする機能が備わっているのですが、アイフォン自身のモバイル通信ではバックアップしない仕様になっています。
データ通信量を20GBにしているので、設定を変えられないのか訊くと、できないといいます。
母の自宅にはWiFi環境がないので、これではどうしようもありません。
契約時に景品としてもらったiPadがあるので、それとインターネットを共有すれば、できるでしょうが、そんなことをして、また、違うメッセージが出てきたりしたら、そこで詰まってしまます。
ということで、まずは、バックアップを無効にする設定に変えてもらいました。
せっかくなので、ダブルクリック(タイミングの設定を変えてもできない!)しないで操作する方法を聞きましたが、できないようだといいます。
最後にアップルの相談窓口の電話番号をもらいました。

窓口を利用して聞いた内容は大したことではなく、10分程度で終わりました。
秋葉原のドコモショップだったら、窓口でない人が対応してくれる程度の内容です。
やっぱりアキバのショップの方がずっといいみたいです。

iPhoneは、中年くらいまでだったら、何気なく使っていますが、それより上の世代になると、操作がものづごく大変です。
ダブルクリックができないのですから、iPhoneを使うのは至難の技です。
アンドロイドだと、ダブルクリックしなくても良いので、使えるかもしれませんが、同居している訳ではないのでサポートできません。
さてどうしようか、自分でアンドロイドを使ってみて、問題なくできそうだったら交換するというのも手かもしれません。
Appleは、老人にはお勧めできないもののようです。


[PR]
by mcap-cr | 2017-11-07 23:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

スマホの操作は

先月、私の老母の電話をガラケーからスマホに変えました。
iPhone6を1円にする他、iPadを無償相当でオマケというもので、私の携帯会社を変えたときよりも更に、サービス過剰になっていました。

最初にいろいろと操作方法を教えたのですが、最初は、携帯にかかった電話を取れませんでした。
その理由は、普段パソコンやスマホの操作に慣れている人には思いもよらないものです。
スマホは、状況に応じて画面が変わるので、全然予備知識がないと、応用が効かずに何をやったら分からないというものです。
暗証番号は解除してきたので受話は可能だと思っていましたが、以外なことで躓きました。

まず、何もない画面から電話がかかってきたときに、受話の画面になります。
これは教えてきたので受話が可能でした。

ところが、しばらく置いておいてから電話が鳴ると、画面が変わっています。
これで、覚えていたのと違うので、電話がとれない、となるわけです。

固定電話があるので、電話越しに何度も説明して、ようやく受話出来るようになったのですが、しばらくすると、今度は電話を掛けられなくなっています。
受話はできるのですが、画面が分からないので電話を掛けられないといいます。

そして、確認してみて、分かりました。
入力画面になっていて、下のほうがキーボードになっていたので、そこで詰まってしまった、ということでした。

老眼なので、字が小さくて読むことができません。
ですから、ぱっと見た画面が違うとそこで止まってしまうのでした。
すぐには、覚えられないのはわかっていますが、近くに聞く人がいないと、どうにもなりません。

スマホは小型パソコンなので、ソフトで様々な機能を増やすことができます。
ところが、マルチタスクになって、ソフトをいくつも立ち上げられるようになっていると、グチャグチャになってしまいます。

ということで、次に教えたのが、アプリケーションを終了させる方法です。

ところが
ダブルクリックが出来ません。
自分がやればなんてことはないのですが、タイミングを調整しても全然ダブルクリックの操作になりません。
ですから、常前の画面が残ってしまい、画面をリセットすることができません。

それと、困ったのは、タッチの仕方でした。
軽く触るという動作ができません。
少し長押しになってしまい、反応しません。

老いてくると、こんなに何気ない操作まで練習しなければならないということです。

スマホは、若い(中年は若いうち)健常者なら操作はなんてことありません。
ところが、老人には操作できないのです。

iOSのバージョンにも、操作方法を老人向けに特化したものが欲しいと思います。

出来る人と出来ない人の格差が広がってゆく、障害のある人ならなおさらでしょう。

すべての人に優しいものを作っていかなければならないのだと感じました。


[PR]
by mcap-cr | 2017-10-28 00:00 | その他 | Trackback | Comments(0)