バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ:その他( 81 )

この自己満足ブログにも時々書いているのですが、私は、いま、
というサイトで、外国語を勉強しています。
最初は、イタリア語からはじめました。
イタリア語は1年位集中して受講し、復習意外はほとんど終わったのですが、未だにダメです。
先月は、ポルトガルに旅行に行くために、ポルトガル語の初級の最初の部分だけ受講しました。
本当は初級部分を全部終わらせたかったのですが、原因不明の高熱と下痢やインフルエンザのために少ししかできませんでした。
結局簡単なことだけ話してみたものの、発音はなおされるし、効果はありませんでした。
言い訳するなら、ポルトガル語とはいいながら、教材は実質ブラジル語なので、発音や言い回しはかなり違う訳で、下手くそなうえにブラジル訛りではダメでしょう。

で、ポルトガルへの往復の飛行機はLufthanzaの便を使いました。
帰りの便は、とってもドイツっぽい雰囲気だったので、乗務員との会話は、ドイツ語で済みました。
今は違うそうですが、私の時代は、大学に行くと第二外国語が必修でした。
ということで、英語の嫌いだった自分は、ドイツ語とロシア語でもとろうかと思っていましたが、ロシア語は選択必修科目ではなかったので、卒業単位にならず断念、ドイツ語を第一にして泣く泣く英語を第二にしました。
ということで、大学では、英語よりもドイツ語のほうが単位をたくさんとっています。
その後も時々復習したりしていたので、ドイツ語は、ほんの少しですが読み書きと会話ができます。
そこに最近はイタリア語を加えたのですが、気付いたのは、年取ってから覚えようとしたものはなかなか覚えられません。
多分、いままで使った時間を考えると、ドイツ語よりもイタリア語の学習にかけた時間のほうが長いと思いますが、出来は全く逆です。
やはり、覚えるなら若いうちが絶対にいいみたいです。

ということで、今は、上記のBABBELの講座をドイツ語に変えて、初級から受講しています。
ドイツ語のほうがイタリア語より圧倒的に受講が進みます。
若い頃に教わったドイツ語を何とか使えるレベルにまで高めようとチャレンジ中です。


[PR]
by mcap-cr | 2018-02-13 19:25 | その他 | Trackback | Comments(0)

ドコモ携帯の契約を変更

私が使用している携帯はドコモです。
一昨年の1月早々にソフトバンクから切り替えました。
契約には2年縛りがあり、途中で内容を変更すると、割引プランが無効になったりするので、2年待って、今日やっとプランの変更に行きました。
契約の時点では、携帯をあまり使う予定がなかったので、私のプランは、ガラケーのベーシックなプランにしていましたが、昨年から使うようになったので、使うときはなるべく短時間で無料分を有効に使い、これにSkypeやLINEを併用して通話料金を抑えていました。
ということで、私の携帯はかけ放題プランに変更しました。
また、一昨年の契約時に割引により2年間ほぼ無料で使えるというタブレットをもらいましたが、実際には、自宅LANにつないで使うのがほとんどだし、BIGLOBEの格安SIMを使ったルータを併用すれば外部でも使えるので、タブレットから直接インターネットにつなぐ必要はありませんでした。
ということで、この回線を解約。
無事にSIMを返却しました。

ここからが問題で、ドコモ光電話にしたらどうかという話題になりました。
一昨年の契約時には、NTTフレッツと固定電話をドコモ光に変えても安くなりませんでしたが、今回は、システムが変わったので安くなりそうです。
固定電話の番号も変わらずに済むそうなので、思い切って変更してみました。
月々の節約分は900円くらいですが、今回は、販売促進期間でもあり工事費用が一部無料になったりするので、長い目で見れば元が取れそうです。
問題は、NTTの債権なのですが、NTTは、使用者に当時7万幾ら(今の貨幣価値なら20~30万円でしょうか)を負担させた債権を払い戻ししなくてもいいようになっています。
徳政令等と揶揄されたりする悪質な制度です。
うちの母親なんか、光電話を使う間、いつのまにか無効にさせられていました。
NTTは、こうやって、狡猾に債権の無効化を促進しています。
私の債権も預かり期間が10年だそうですが、結局忘れているうちに無効にさせられるのでしょう。
とは云っても、現実問題として、NTTの債権など何の値打ちもありません。
固定電話など、今の時代は、信用のために持っているようなもので、実際には携帯があれば十分です。
携帯がかけ放題プランなら固定電話は受けるためにしか使用しません。
結果としてNTTのサービスは不要な訳で、債権は価値がありません。
ドコモ光電話だと、1ヶ月の基本料金は、インターネット光回線+500円です。
NTTの場合、債権を持っていても基本料金だけで1,700円位です。
そのうち、NTTの電話回線は使用頻度が下がり淘汰されていくでしょう。

それでも、NTTは、ドコモや他の事業者からの回線使用料が自動的に転がり込むので、回線の保守だけで事業が成り立つという殿様商売は変わらないはずです。
むしろさっさとエンドユーザとの直接契約を止めて回線レンタルだけの事業に移行したいのではないでしょうか。

こうして見てみると、NTTって、NHKほどではないにしても、既得権益の塊なんだなと思います。




[PR]
by mcap-cr | 2018-02-04 19:55 | その他 | Trackback | Comments(0)

規格の乱立

ここ何年か、ずっと米国政府に納める建設業者の仕事をやっています。
という理由で、管工事施工管理技士とかの資格をとったりもしたのですが、それはそれで置いておいて、米国の仕事をするときにいちばん困るのは、規格が多すぎることです。
米国政府のうち、軍とNASAのジョブには、共通の一般仕様書が準備されています。
一般仕様書には、雛形があって、それを米国政府提供の専用ソフト(バグだらけですぐにデータを飛ばしてしまう)を使って、プロジェクト用に修正していきます。
修正するのは、殆どの場合、軍側です。
たまに、業者側が作らされることもあり、自分でもやったことがありますが、殆どは米国のローカル規格を参照しており、これを日本でできる規格に変更してゆくのは大変な作業です。
ご多分にもれず、いつも、入手不能だったり、材料を輸入しなければならなかったり、検査官を米国から呼ばなかったりしなければならない仕様が残されています。
そこで、米国の規格類が自由に読めればまだ対策も可能な場合が多いのですが、規格は大概有償なので、全部買っていたら100万円くらいになってしまいます。
ということで、インターネットで情報を集め、そこで、作戦を考えながら、代替品を探していきます。
UL認定の製品とかは、米国では普通に入手できますが、日本で入手するのは、必ずしも簡単ではありません。
米国では、ASTM規格で試験したものが多いのですが、国内では、JIS規格と関連する業界規格のものしか入手しずらいので、要求を満たしているのか確認していかなければなりません。
これを、規格を買わずに、インターネットの情報の点と点を結んでいくのですから、膨大な時間がかかります。
当然、情報は英語なので、英語という面倒臭さもありますが、それ以上に内容を突き合わせるのが負担になります。

規格で困るのは、単位系が違うことによる微妙な差です。
例えば、日本では、工業単位系から始まっているので、10Kg/cm2を元にして規格が作らtれています。
現在の単位では、0.98MPaとなり、1MPaでもありません。
規格を作る際に、過去の遺産は例外にするようにして、切り上げてしまえば良かったのですが、切り上げられていません。
米国の場合で、これに近いのは、150psiという圧力規格です。
しかし、これが、1MPaを僅かに超えます!
こういう微妙な差について、審査する側がエンジニアなら『誤差範囲』で終わりですが、そうでないと、拒否されたりすることもあります。

日本の不燃認定材料が、米国規格の難燃性の試験やってないからダメとか、どうしょうもないことがままあります。

提出用の資料を作るとなると、キリがないので買ってられない規格の情報ががインターネットのどこかに落ちてないか、検索マニアになって、それと国内の規格を比較して....
とこんなことに多大な時間を使います。

こういうのもコストな訳で、結局役人はどこの国でも、...なんだよな...




[PR]
by mcap-cr | 2018-01-28 20:13 | その他 | Trackback | Comments(0)

今日から少し休暇

今日から、予定していた休暇の旅行に出ます。
羽田空港から午後の出発で、ドイツ経由、スペインほんの少しとポルトガルです。
直前1週間で、ポルトガル語を詰め込むつもりでしたが、インフルエンザにより詰め込みが足りなくなりました。
...残念。
しばらくイタリア語の勉強を続けてみて、ポルトガル語をかじってみると、結構似ています。
むしろポルトガル語のほうが活用形が簡単で覚えやすいです。
とはいっても、時間不足でした。
始めるのが遅い自分が悪いのですが...
体力が落ちているので、せっかく覚えた"Quero beber una cerveja.(ビールが飲みたい)"も使えるのかな?

明日からは、ちょっとしたつまらない記事を自動でアップロードするようにしていますので、お立ち寄りくださいね。


[PR]
by mcap-cr | 2018-01-23 16:27 | その他 | Trackback | Comments(0)

晴れて外出-寒かった

先週の水曜に発症したインフルエンザで医師からは昨日まで外出を止められていました。
熱はすっかり下がって3日間安定していたので、ひたすら辛抱していました。
養生するとからだが変になまってしまいます。

ことしは、1月早々40°Cの高熱を出しました。
それから10日余でインフルエンザ発症と大変です。
インフルエンザは、予防接種も昨年早々に済ませておいたのにそれでも感染してしまいました。
体温も39°Cくらいまではなんとかなりますが、40°Cを超えるとさすがに辛く寝ることもできません。
体中に力が入って体力を激しく消耗します。
タミフルはウィルスを殺すそうですが、発熱などの諸症状に効いているのかどうかは実感がありません。
自宅軟禁状態が続き、体力を使わないでいると体が鈍ります。
苦しんで体力を消耗した割に合いませんね。

タミフルの服用も薬が切れるまでは続けなければいけないので、頭も鈍ってきます。
はやく外出したいと願っていました。

外出初日は、特に寒いようで、使い捨てカイロを3つ着けてきたらいつもは寒い西武線の社内も暑いです。
その後行きが降り始めだんだんと寒くなってきました。
午前中にはもう既に足元冷え冷えになりました。

今日は、防寒用の靴も履き、足首から膝上までの保温カバーも着用していますがどれでも寒い。
ということで、さらなるインスタント防寒を実施しました。
とはいってもダンボールの切れ端を、ズボンの内側膝より下に差し込むだけです。
a0246407_12205881.jpg
出来上がった状態は下記のような感じで不自然ですが、仕事場だけならこれでも良さそうです。
a0246407_12205196.jpg
これで、何とか過ごせる程度までになりました。




[PR]
by mcap-cr | 2018-01-22 19:29 | その他 | Trackback | Comments(0)

外出禁止令

昨日、体調が悪かったので、今日医者にいきました。
前回かかった医院は木曜休診なので、自宅から更に近い病院に行きました。
熱は既に下がっており問題はなさそうですが、念のために受診。
インフルエンザの検査をしたらA型陽性の判定が出ました。
ということで、昨日を含め5日間の外出禁止令です。
昨年の10月くらいに予防接種は受けていましたが、確実には効かなかったようです。
予防接種を受けた人はインフルエンザにかかっても症状が軽いことがままあるそうです。
自分の場合も、昨夜は、帰宅時には39.2℃まで上がりましたが、今朝は37℃前後まで下がり問題ないと思っていました。
皆様もお気をつけください。
なお予防接種は受けておいたほうが症状が軽くていいみたいです。
ひょっとして今までも気付かずにインフルエンザに感染してたのかな?

[PR]
by mcap-cr | 2018-01-18 19:06 | その他 | Trackback | Comments(4)

今日は寒かった

体調を崩したのからようやく回復したと思っていましたが、今日は寒さが身にしみます。
天気予報によると福生市でも2°C~12°Cだったので、少し薄着で出かけました。
ところが、仕事をしてみると妙に寒い。
頭も痛くなってきたかと感じたので、昼食は普段より多めに摂り、体内のエネルギを増やそうとしました。
しかし、うどんに追加した天ぷらが油臭く感じました。
しょうがないので、鎮痛剤を飲んでそのまま仕事しました。
結局、外気温がいつもよりも高かったのにもかかわらず、使い捨てカイロも装着し、上着も半着用で仕事してました(事務仕事です)。

この時期は体調を崩しやすいですね。
皆様もお気をつけください。

[PR]
by mcap-cr | 2018-01-17 21:01 | その他 | Trackback | Comments(0)

体調戻る

先々週の金曜日に高熱を出し、下痢が続いて辛かったのですが、先週の後半から少しずつ回復し、週末にはすっかり良くなりました。
一時は、来週の休暇も病気休暇になってしまうかと心配していました。

病気になると心細くなります。
体調を心配し、普段考えないことをいろいろと考えるようになります。

今回は、下痢というものを深く考えました。
以前は、腹の調子が悪い、くらいにしか考えていませんでしたが、実際に小のほうが出なくなると、心配になります。
水分は大腸で吸収され、養分や、酸素等を各細胞に流体輸送し、更に各細胞から老廃物を受取り、排出する媒体です。
小が出ないということは、この機能が完全に停止することを意味します。
例えていえば汚れてしまった機械のようなもので、下手すると重大な故障に繋がりかねません。
人体に場合、体の内側の汚れが除去できない状態なので、長く続けば重篤な症状になるはずです。
自分の場合は、数日で済んだので、普通に回復しましたが、1週間も続いたらどうなるのかよく分かりません。

体調が悪いとこんな普段考えないことを考えたりするので、頭の体操にもなっているのかもしれません。

回復して良かった...



[PR]
by mcap-cr | 2018-01-15 23:35 | その他 | Trackback | Comments(4)

外国語学習

私は高校の頃から英語が苦手になり、大学入ったらもう英語からは解放されようと思っていました。
残念ながら、私の時代は、大学教養部では、外国語二ヶ国語必修。
知らない言語を2つというのは精神的な負担も大きい。
ということで、英語を第二にして、ドイツ語の単位をひとつ多くとりました。
よく単位数で負荷の評価をする人がいますが、正直言って単位数の小さなものほど負荷が大きいといっても過言ではないでしょう。
教養部の外国語なんて他のものを全部足した負荷よりも大きかったと思います。
というのはさておいて、時は流れて、英語からは結局逃れられないので、いまも使う頻度が多いですが、ここ十数年は、他の言語にも少しずつ触れるように心がけています。

英語の他の言語を少しずつしってくると、英語だけが特殊なことが結構多いと思うようになります。
もちろんそれぞれの言語固有の癖もありますが、英語の癖はドイツ語やフランス語よりも大きいと思います。
一例ですが、英語は主語が変わっても動詞の活用がごくすくないですが、他の言語は、主語ごとに動詞の形があるのが普通です。多分英語は、結果として同じになったのだろうと思いますが。
こんなわけで、英語は主語省略ができませんが、イタリア語、スペイン語は基本的に口語では主語省略が普通です。
ドイツ語なんかも主語を省略しても困らないはずですが、律儀に主語を付けています。
フランス語は書き言葉なら主語を省略しても良さそうですが、違うように書いていても発音が同じだったりするので、口頭での主語の省略には適していないようです。
ロシア語に至っては、述語をあっさり省略してしまいます。
述語を省略してもコミュニケーションには全く問題ないですが、これはこれで、他とは全然違う感じです。
アラビア語は主体に対する動詞の形がものすごく細かく分かれているので、主語の省略は全く問題になりません。
ただ、アラビア文字、難しすぎて覚えようと努力する気になりません。

NHKは、日本を貶めるのに必死の放送ばかりやっていますが、Eテレの外国語番組は、なかなかのものです。
いま、ドイツ語、イタリア語、フランス語、スペイン語は、新しくなったプログラムを折り返したところ。
ロシア語は5年か6年くらい再放送を繰り返し、昨年ようやく新しくなりましたが、他の言語の半分でプログラムが終了、年初から再放送になっています。
アラビア語はもっと長期間更新されていません。
ドイツ語は、ときどきいかにもNHKらしい政治的主張を織り込んでくるのですが、他の言語は、そういうこともなく健全な内容がほとんどです。
さらっと見ていたからといって話せるようになる訳ではありませんが、アレルギを取り払うには結構いいのかもしれません。
とくに、イタリア語とスペイン語は、旅と文化の特別番組みたいな感じでエンターテインメントの要素もあり面白いと思います。

今回も結論がなかった...汗....

[PR]
by mcap-cr | 2018-01-12 23:29 | その他 | Trackback | Comments(0)

寒さ対策

亜熱帯地方に住んでいれば経験しないのでしょうが、日本では東京でさえ氷点下になることがあります。
東京では、寒くなることがすくないので、備えがなく、札幌よりも却って寒いとか聞いたことがあります。

私は、このところずっと福生市に来て仕事をしています。
建家はプレハブの仮設なので暖房があっても寒いです。
そこで、以下のような寒さ対策をしています。
(1)足の近くにある金属面の前にダンボール等の断熱性の材料をおく。
コストゼロですが、これが劇的に効きます。
(2)靴下がカバーしていないスネの部分のカバーを着用する。
単なる繊維材の筒ですが、これが相当効きます。
膝までカバーできるサイズであれば更にいいです。
営団地下鉄上野駅にある300円ショップでちょうどいいのが売っていました。

足元が寒いと、footに相当する部分を温めようと、靴下を二重に履いたり厚くしたりしますが、それよりもスネ(leg)あたりをカバーするほうが効果が大きいと思います。
考えてみると、血流が熱流な訳ですから、スネが寒いとそこで血流の温度が下がり、足先が冷えてしまします。
それよりも、スネをがっちり保温すると、血流が冷めにくいので、足先まで効果があるようです。
こんな感じで、使い捨てカイロも冷える部分に当てるより、その部分への血流の上流に当てるほうが効果が大きいみたいです。


[PR]
by mcap-cr | 2018-01-09 23:49 | その他 | Trackback | Comments(2)