バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

9月17日(月)のオフ会

10月7日の公開オフ会に先立って、アンプの聞き比べ会を9月17日に実施します。
その準備のために、おおさわさん宅に、私のメインスピーカーをお預かりして頂きました。
暑い中、自動車まで出して頂きどうも有難う御座いました。

9月17日のオフ会は、会場が小ぢんまりしているので、公開と銘打って大勢を集めることができません。
精々10名程度までしか入れないので、ご希望の方だけ予約制で実施します。

元々、アンプの差が聞き分けられるのか?という疑問があり、議論しているうちにやってみようということになりました。
しかし、厳密なテストは、人員、施設、時間の制約からとても不可能なので、なるべく厳密に近付けようというところで妥協せざるを得ません。
決まっているのは、使用するスピーカーシステムとローコストのリファレンスアンプだけです。
リファレンススピーカーは、FeastrexのNF5-Exという励磁型フルレンジをMCAP-CR型の箱と組合せたシステムです。
リンク先では、あまり詳細を書いていませんが、ユニットは、ハイエンドに使用される部品と同程度の価格のものです。MCAP-CR型と組合せて上質な音を狙っています。

リファレンスアンプは、ヤマハのA-S300というローエンドプリメインです。実勢価格3万円弱ながら上級機と同等の構成のしっかりしたアンプです。
それと、ハイエンドに近いアンプとの差を聞き分けられるかやってみよう、というものです。高級機は、別にお願いしていますが、重量が大き過ぎると搬入に支障が出るので、制約はありますが、価格的にはかなりのものになると思います。

こういうアンバランスな比較でどうなるか?比較の対象にはならないだろう、と思われますが、さて一体どうなのでしょう?

なにゆえ初めてのことなので、どうなるか分かりませんが、今回は、方向を探っていこうということです。

上記の通り人数の制約があるので、事前登録をお願いいたします。ご希望の方は、ここに書き込んで頂くか、mcapspeakers@gmail.comにご連絡下さい。人数の制約のため、ご参加頂けないかもしれませんが、ご連絡をお待ちします。

会場は下記の通りです。
場所:三鷹市芸術文化センター    http://mitaka.jpn.org/geibun/index.php
施設:第三音楽練習室
日程:9月17日(月)祝日代休
時間:9:00~22:00(使用可能な時間)
夕方疲れたところで適当に終了します。

施設の内容、詳細情報は上のURLご参照ください

さてさて...
[PR]
by mcap-cr | 2012-08-26 17:20 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

オーディオから離れて

先週はようやくオーディオ趣味らしきものが出来たのですが、それからまた、離れています。
今は、まだ、引っ越していないので小さめのアパートに住んでいてオーディオのオの字も出来ません。

勤務先は寒川町にあるので、富士山を見て和みます。
a0246407_2141218.jpg

寒川町の相模川の堤防から、富士山が良く見えます。
今日は、夕焼けで美しいシルエットでした。
携帯電話のカメラでは良く分からないので、7年前のコンパクトデジカメで、ズームにして撮影しました。
この場所はなかなかの富士見スポットですね。

オフ会の企画もしなければならないのですが...
[PR]
by mcap-cr | 2012-08-21 21:44 | その他 | Trackback | Comments(2)

久々のオーディオ

昨日は、スピーカー再生技術研究会のせんむさんと共に、越谷のオーディオショップ カマニさんを訪問しました。目的は、某社のユニットを移植したTR130c型を聴くためです。
某社のユニットは、せんむさんとカマニの社長さんとが入手されたものです。元々は小型の箱の市販品だったのですが、あまり販売が伸びす、現在は販売されていないシステムです。
a0246407_1771847.jpg

中央の手作りのものが、元々自宅のメインに使っていたTR130c型という箱です。ここから5インチのフルレンジドライバーを外し、16cmのウーファーとドームツィータを取り付けました。ネットワークはオリジナルのものをそのまま使っています。
TR130cの後方に見えるものが、これらのユニットが付いたオリジナルです。かなり小さいことが分かります。
昨日は、箱だけ持って行って、カマニさんの廊下で作業したので、時間がなく調整も何もしていない状態だったのですが、第一音が出たとたん、『おお!』と歓声が上がったほど、オリジナルとは音が違ったそうです。『そうです』というのは、自分がオリジナルを聴いていないためで、オリジナルは感動のない普通の音なのだそうです。
CDは持っていかなかったので、カマニさんの女声ジャズ・ヴォーカルのCDで試聴しました。低音は出すぎず、程々の量感ですが、箱が大きくて頑丈なので、余裕があります。ユニットの口径を大きくしただけあって、外側の最低共振を目指した第三ダクトも少しだけ効いています。ローエンドの伸びたCDで確認したかったところです。
カマニの社長さんのお見立てでは、ネットワークを改善すれば更に良くなるのではないかということで、今後もう少し詰めてみたいと思います。ネットワークは苦手なので自分でどうにかなるかどうかは分かりませんが...製品化できれば面白そうですね。

因みにユニットはこんな感じです。
a0246407_1774243.jpg

ウーファーは軽い紙コーンのようで(と書きましたが間違っていました。マグネシウム素材のようです)、強度の十分なフレームです。接地端子付です。
a0246407_177591.jpg

ツィータはこんな感じで、アルミのフレームが美しく、綺麗な音です。
a0246407_178203.jpg


10月7日のオフ会には持って行きたいと思っています。市販品のユニットを使ったMCAP-CRシステムというのは面白いものでした。
[PR]
by mcap-cr | 2012-08-12 17:26 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

性懲りもなく...

a0246407_22571080.jpg

ちょっと前に何となく今年もStereo誌の8月号を買ってしまいました。
ScanSpeakの付録ユニットが欲しかった訳でもなく、工作特集号が読みたかった訳でもないのですが、品切れになっているという情報をウェブで見て書店を訪れたらまだ、あったので何となく買ってしまいました。
付録のユニットは、何となく良さそうですが、フレームのネジ穴が3つしかありません。プラスチック製なので大きくゆがみそうです。コンテストもあるようですが、今年も応募はしません。何となく乗り気がしないのです。
記事を読むわけでもないし何故買ったのでしょうか???性懲りないですね。

相変わらず単身での湘南生活が続いています。ここではオーディオ趣味もお預けなので、本格的に引っ越すことにしました。会社から3~4kmで、駅から遠い不便な場所です。人は大勢住んでいるのにスーパーやホームセンターも近くにはありません。
東京の自宅はそのままにして、通勤のための別荘みたいな使い方です。不便過ぎて自家用車も要りそうなので、出費が痛い。やっぱり東京のほうが無駄がないですね。

オフ会の準備も出来ていません。そろそろ参加を募らないといけないので、要綱を作るプレッシャーに悩んでいます。誰かにお願いできないかな...
[PR]
by mcap-cr | 2012-08-01 23:11 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(3)