バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

<   2012年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

最近自分のウェブサイトを表示すると妙に時間がかかります。
表示の速いサイトもあるので、e-mobileのワイヤレスネットワーク接続の速度が原因ではなさそうです。
アクセスが集中しているとも思えないし、何が起こっているのでしょうか?
困る訳ではありませんが、アクセスが遅いのはじれったいですね。
[PR]
by mcap-cr | 2012-11-29 21:50 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(2)

風邪ひき

今日は、おおさわさんにお預かり頂いていたメインスピーカーを図々しくも神奈川の別宅まで運んで頂く予定にしていました。そこで小オフ会と楽しみにしていたのですが、落ち着いていた風邪の症状が今朝から悪くなってしまい断念しました。おおさわさん、ごめんなさい。

そこで自宅で大人しく、英語版ウェブを一部更新しながら(未完成)オペラやオルガンなどを聴いていました。
a0246407_14445578.jpg

我が家はもうクリスマス飾りのシーズンです。日本ではあまり早くクリスマス飾りはしませんが、米国では今日くらいからはじまり、正月明けまで続きます。我が家もそんなところです。
居間のオーディオは大幅に変わっていますが、この音はなかなかです。TangbandのW5-1611SAFも悪くないですね。

風邪はそんなに酷くないのですが、少し熱があり、無理しないほうが良さそうです。
明日は、神奈川に戻って大人しくしています。
[PR]
by mcap-cr | 2012-11-23 14:53 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(2)
最近平日は神奈川県で暮らしています。
懸案になっていたオーディオ装置を、昨日ようやく搬入しました。
a0246407_16142294.jpg

オーディオ関連で搬入したのは、今年の夏に購入した、プリメインアンプ(YAMAHA A-S300)、日立のDVDプレーヤ(どちらもオフ会で使用したものの)、QNDR型スピーカーシステムとCDソフト(500枚位)でした。
何ヶ月もの間、別宅ではオーディオに縁がなかったので、音が鳴ったときは素直に感動しました。
部屋がそこそこ広く、物がないため、とてもいい音に感じました。
見た通りのシンプルで最低限の廉価装置ですが、これで十分なのではないかと改めて思いました。
スピーカーシステムの台もなく床に直置きですが、QNDR型の特徴を活かし、自然な音が広がります。
これで楽しみが増えました。
テレビは煩くて嫌なのです。
NHKでさえアナウンサーがニュース番組の合間にさえキャーキャーやっていてウンザリします。
これからは、好きな音楽と共に生活できそうです。

a0246407_16143948.jpg

オーディオ部屋はリビングダイニング兼用なので、こちらも、少し飾りました。
やはり、ほんの少し華やかさがあったほうが落ち着きます。
[PR]
by mcap-cr | 2012-11-11 16:27 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(2)

GUI化...

多自由度バスレフの解析プログラムを再度見直しています。
とは云っても、暫く触っていなかったプログラムの内容を思い出すだけでも一苦労です。
プログラムは、711行ありました。この中には、改行だけの行、C言語なので、{とか}だけの行が多くあり、実際は半分くらいでしょうか。それでも、結構な量です。
このプログラムの中には、シミュレーション部分、フーリエ変換部分などがあり、機能からすれば、そんなに大きなプログラムではありません。
よくこれだけコンパクトに出来たとも言えそうです。

問題はGUI...
GUIを実現するツールには、某大ソフト会社のVisualナントカの他にもBorland、GTK、Qtなどがありますが、正直云って使い方を覚えるのは簡単ではありません。昨年は、Qtの入門書を買いましたが、出版後数ヶ月でバージョンが変わっており、使い物になりませんでした。
GTKはいささか古いし、BorlandやVisualナントカは、プラットフォームが固定されるので、初めから選択肢に入っていません。

GUI作成だけに特化したソフトがあればいいと思いますがそういうものはあるのでしょうか?入出力のインターフェースと、実行ファイルの起動ボタンだけがあればそれらしいソフトが出来ます。
折角実行ファイルまではGCCで作れるのですから、あとはGUIだけなのです。

いずれにしても、GUIは当分無理でしょう。残念...
[PR]
by mcap-cr | 2012-11-07 21:26 | プログラミング | Trackback | Comments(3)
自分のブログを読み返していて、このところ、プログラムを更新していないことを改めて認識しました。
既に公開しているものは、DFT解析部分を含んでいませんが、4月時点から更新されていない最新版では、DFT変換後の値も出力されるようになっています。
これは、結構便利です。やはり、音圧が何らかの形で出力されるほうが有り難味があります。

自分がプログラムを公開するときには、説明書を付けるようにしています。
これは、自分が忘れないよう整理するのが目的のひとつになっています。
ということは、公開しないと完全に忘れてしまいます。

そろそろ公開しないといけませんね。しかし、説明書を書くには時間がかかります。
このところ忙しいので、なかなかまとまった時間がとれていません。
正月休みには何とか公開したいと思います。

それと、取り組み始めたGUI化ですが、ずっとお留守になっている間に、QtがNokiaからDigiaに買収されてしまいました。
こうなると、先行きが全く読めず、しょうがないので、GUI化はさらにずっと先になりそうです。
ボケるほうが先かもしれません。
[PR]
by mcap-cr | 2012-11-01 22:42 | プログラミング | Trackback | Comments(1)