バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

<   2013年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

マイナーチェンジ

GUI版MCAP-CRシミュレータをマイナーチェンジしました。
a0246407_17182729.jpg

変更したのは、副空気室数を1から3まで選択できるようにしただけですが...

この変更により、ダブルバスレフとシングルバスレフのシミュレーションが出来るようになりました。
シングルバスレフの場合は、副空気室の容積を最大に設定します。現在は、最大10立方メートルにしてあり、よほど巨大なユニットを使わない限りは、十分な大きさです(この記述の意味が不明であれば、シミュレータは使わないほうがいいです)。

ダブルバスレフとMCAP-CRとを比較してみると、MCAP-CRの優位性が確認できます。
ダブルバスレフは、正弦波の応答が綺麗になる周波数が2ポイントしかなく、適当な周波数を割り当てるのが難しいのです。

MCAP-CRは、設計によって、応答周波数を適切に設定できます。

シングルバスレフでは、共振は強いですが、共振周波数前後の波形の乱れが気になります。これは、音を聞いた感想通りでした。

次は、減衰係数をGUIから設定できるようにしたいと思います。現在でも、ソースコード内で簡単に設定できるのですが、C言語を扱う人でないと敷居が高いので、難しいかもしれません。ソースコード付なのでC言語が得意な方は、試してください。但し、減衰係数の適切な値が分かりません!このため、減衰項は後回しにしているのです。プログラムに記述するのは大した手間ではないので、式では扱えるようになっていますが、プログラム内では明示的にゼロに設定してあります。

バイナリの実行形式は、Windowsのx86系32ビットですが、64ビットCPUでも実行可能でした。コンパイルすれば、Linuxでも使用できますが、バイナリでの配布はWindowsのほうが簡単でした。

ここからダウンロードできます。最新版は、最後にあります。
[PR]
by mcap-cr | 2013-01-29 21:17 | プログラミング | Trackback | Comments(0)
MCAP-CRシミュレータの実行ファイル(Windows x86)を配布します。

リファレンスからダウンロードしてください。
[PR]
by mcap-cr | 2013-01-18 19:58 | プログラミング | Trackback | Comments(0)

MCAP-CR GUIバージョン公開

MCAP-CRシステムのシミュレータを公開しました。
まだ、アルファ版の手前といったところですが、使ってみると結構面白いです。
コンパイルして使用するためには、以下のソフトウェアが必要です。

Windows: Qt SDK, MinGW
Linux: Qt SDK, GCC

Linuxシステムでは、大抵GCCが含まれています。また、Qt SDKが最初からセットされている場合もあり便利です。
Windowsの場合は、MinGW(GCCのWindows版)とQt SDKをインストールしなければならず面倒です。Linux版は、コンパイル済みの実行ファイルでも動作しそうでしたが、Windowsではどうもうまくいきません。DLLファイルを集めて一緒に配布するのは敷居が高く、よって、ソースコードとして配布することにしました。

Osakoさん、サンプルを有難う御座いました。

入力画面です。テキストファイルを読み込む代わりに、入力可能なようにしました。
a0246407_17253125.jpg

プロット画面です。周波数を変えるとプロットが自動で更新されます。
a0246407_1725833.jpg


ご意見を頂ければ、できるだけ次回リリースに反映します。以下のリンクの一番したのcode002Eをダウンロードしてください。

http://mcap.web.fc2.com/References.html#programs
[PR]
by mcap-cr | 2013-01-10 00:18 | プログラミング | Trackback | Comments(0)

qcustomplot

シミュレータプログラムの頂いたサンプルGUIには、qcustomplotというプログラムが使われていました。
プログラム本体のcppファイルとヘッダーのhファイルがあります。
osakoさん、凄いプログラムを作られたのだなと思っていましたが、長大なコードです。
よくよく調べてみると、GPLで配布されているものだと分かりました。
日本語の資料は見つかりません。
これを読みこなさないと次には進めないのですね。
プログラマーは偉い!
[PR]
by mcap-cr | 2013-01-04 21:43 | プログラミング | Trackback | Comments(0)

GUIの試行

QtでのMCAP-CRシミュレータGUIを試行しています。
Osakoさんに頂いたソースを読み解きながらの試行です。
自分の周囲にはプログラミングの得意な人は居ないので、つたない経験を元にひとつひとつ解釈して変更を加えます。
Osakoさんのソースは良く出来ているので、これを元に変更してゆきます。

まずは、グラフの横軸を、ステップ数から、時間に変更します。
ソースを読み、それらしい変数、"cx"の定義を、ステップ数から時刻に変更、レンジを最大ステップ数から、最大ステップ数に時間刻みを掛けたものに変更すると、何とか横軸が、時間に変わりました。
このように、ソースコードを読んでゆくことは、さほど不得意ではありません。

調子に乗って、GUI部分を変更しようとしたら、これがなかなかうまくいきません。
テキストラベルを挿入したものの、大きさ(範囲)を変更できなかったり、挿入したい位置に入らなかったり....
プロパティを変更してうまくいくところもありますが、"geometry"がグレーアウトしていたりと、思う通りには操作されてくれません。
Excel VBAのGUIは、意図したとおりになってくれるのですが、Qtはちょっと癖があるようです。
とは云っても、Visualナントカを使うと、特定のプラットフォームでしか動かないので、今更Visualxxに変更する気はありません。
少しずつ理解してゆけばあるところで一気に理解が進むのでしょうか?
道程は厳しそうです。
[PR]
by mcap-cr | 2013-01-03 22:07 | プログラミング | Trackback | Comments(0)

GUIの試行

QtでのMCAP-CRシミュレータGUIを試行しています。
Osakoさんに頂いたソースを読み解きながらの試行です。
自分の周囲にはプログラミングの得意な人は居ないので、つたない経験を元にひとつひとつ解釈して変更を加えます。
Osakoさんのソースは良く出来ているので、これを元に変更してゆきます。

まずは、グラフの横軸を、ステップ数から、時間に変更します。
ソースを読み、それらしい変数、"cx"の定義を、ステップ数から時刻に変更、レンジを最大ステップ数から、最大ステップ数に時間刻みを掛けたものに変更すると、何とか横軸が、時間に変わりました。
このように、ソースコードを読んでゆくことは、さほど不得意ではありません。

調子に乗って、GUI部分を変更しようとしたら、これがなかなかうまくいきません。
テキストラベルを挿入したものの、大きさ(範囲)を変更できなかったり、挿入したい位置に入らなかったり....
プロパティを変更してうまくいくところもありますが、"geometry"がグレーアウトしていたりと、思う通りには操作されてくれません。
Excel VBAのGUIは、意図したとおりになってくれるのですが、Qtはちょっと癖があるようです。
とは云っても、Visualナントカを使うと、特定のプラットフォームでしか動かないので、今更Visualxxに変更する気はありません。
少しずつ理解してゆけばあるところで一気に理解が進むのでしょうか?
道程は厳しそうです。
[PR]
by mcap-cr | 2013-01-03 22:07 | プログラミング | Trackback | Comments(0)

GUIの試行

QtでのMCAP-CRシミュレータGUIを試行しています。
Osakoさんに頂いたソースを読み解きながらの試行です。
自分の周囲にはプログラミングの得意な人は居ないので、つたない経験を元にひとつひとつ解釈して変更を加えます。
Osakoさんのソースは良く出来ているので、これを元に変更してゆきます。

まずは、グラフの横軸を、ステップ数から、時間に変更します。
ソースを読み、それらしい変数、"cx"の定義を、ステップ数から時刻に変更、レンジを最大ステップ数から、最大ステップ数に時間刻みを掛けたものに変更すると、何とか横軸が、時間に変わりました。
このように、ソースコードを読んでゆくことは、さほど不得意ではありません。

調子に乗って、GUI部分を変更しようとしたら、これがなかなかうまくいきません。
テキストラベルを挿入したものの、大きさ(範囲)を変更できなかったり、挿入したい位置に入らなかったり....
プロパティを変更してうまくいくところもありますが、"geometry"がグレーアウトしていたりと、思う通りには操作されてくれません。
Excel VBAのGUIは、意図したとおりになってくれるのですが、Qtはちょっと癖があるようです。
とは云っても、Visualナントカを使うと、特定のプラットフォームでしか動かないので、今更Visualxxに変更する気はありません。
少しずつ理解してゆけばあるところで一気に理解が進むのでしょうか?
道程は厳しそうです。
[PR]
by mcap-cr | 2013-01-03 22:07 | プログラミング | Trackback | Comments(0)

謹賀新年

新しい1年が始まりました。

飛躍の1年になりますように。

本年もよろしくお願い致します。
[PR]
by mcap-cr | 2013-01-01 07:49 | その他 | Trackback | Comments(6)