バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

Dropboxの動作

Dropboxを使うと、Linux機でもWindows機と同じように同じファイルを更新して作業することができます。
Windowsしか使わない人にはDropboxでなくても良いですが、Linuxを使うには、Dropboxが最も簡単です。
MicrosoftのOneDriveも、Linuxで使うことができますが、設定がややこしくて、こちらではできたのにあちらではできない、ということを経験しています。
しかし、ノートパソコンの今年の2台目は、まだLinuxをセットアップしていないので、最近は、作業中のファイルはOneDrive、重要なファイルをDropboxと使い分けています。

それで、先日、容量の小さなDropbox内の作業中ファイルの一部をOneDriveに引っ越しました。
OneDriveとDropboxの両方を使っているパソコンは、現在2台あります。
DropboxからOneDriveに移動したファイルとフォルダーは、パソコンAでは、Dropboxからなくなり、OneDriveに保存されています。
インターネット上でも、Dropboxからはなくなり、OneDriveに残っています。
その間、パソコンBは、稼働していなかったので、そのファイルとフォルダーは、Dropboxにあり、OneDriveにはありません。
ここで、パソコンBを起動するとどうなるか。
バックアップという考え方では、パソコンBからインターネット上のDropboxにアップロードされ、インターネット上のOneDriveからパソコンBにダウンロードされて重複する...だろうと考えていました。
ところが、パソコンBのDropboxから、ファイルがなくなっています。
これって、すごく便利ですが、間違って消してしまったファイルは、パソコンBにあるから大丈夫...とは言っていられません。
とはいっても、消したファイルが何度も復活してしまうというのも困りものです。

それと、月並ですが、従来と同様、別のメディアに定期的にバックアップするほうが良いのではないかと思います。
たとえば、パソコン1台がウィルスに感染すると、インターネット上のファイルも感染ファイルに更新されてしまうので、全てのパソコンが、感染ファイルに更新されてしまう危険性があります。
ウィルス対策セキュリティソフトが防いでくれれば別なのですが、どうなってしまうのかわかりません。
インターネット上の感染ファイルを削除したら、個別のパソコンにあるファイルも同期して消されてしまう、となると、これも悲劇です。

ということで、インターネットドライブは、バックアップの機能を持っていないと考えるほうがいいのかもしれません。

やっぱり、ときには、BluRayとかにバックアップするほうが良さそうです。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-07 23:32 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)
フェイクニュースがインターネットにあふれているのだそうです。
SNSとかでファイクを発信している人は、まあ、それなりにいるでしょうが、フェイクの元祖は朝日新聞あたりでしょうがね。
最近は、大手新聞社やテレビ局のフェイクニュースがバレて、インターネットで検証されていますが、フェイクニュースの大御所は、ネットでたまに見る小さな嘘がフェイクニュースであることにしたいようですね。
元祖は、トランプ氏が、CNNに対して発した"You are fake news!"でしょうが、そういうことは、なかったことにしたいようで必死ですね。

そういえば、週末のNHKニュースで、『ヘイトスピーチ』に対するアンケートで、八十何パーセントが、不愉快とかの否定的な回答をしたといっていました。
そりゃあ、ヘイトスピーチに対する質問なら誰しもがそう回答するでしょう。
問題は、その『ヘイトスピーチ』の具体的内容を示さずに、イメージアンケートを行って、その回答をでっち上げたことです。
まず、NHKがヘイトスピートとしているその内容を、発言者の意図にしたがって、聞かせた後に、『これはヘイトスピートと思いますか?』と聞くのが先でしょう。
イメージ先行型は、似非人権主義者とかがよく使う手法です。
『禁煙ファシズム』なんていうのもこんな例でしょう。
『ファシズム』という否定的な用語を与えておいて、それに『禁煙』という一般用語をくっつける。
『禁煙ってファシズムなんだ。』という印象を誘導しているだけなわけです。
『ヘイトスピーチ』とか『人種差別』なんていうのも同様で、否定的なイメージを先行させて印象を誘導する、姑息な手法です。
『人種差別』なんていうから中身を見てみると、単に普通に嫌がられる特定の行動をやめろ、っていってるだけじゃない。
というのが普通です。
このように、行動に対する批判を人種差別とすり替えるようなのは、いっさい認めるべきではありません。

オーディオの世界には、フェイクがたくさんありますが、ニュースというような新しい話題はあまりなさそうです。
フェイクをフェイクだといっても、不幸になる人や幸せになる人がいなければ、熱心に主張することもありません。
オーディオは、ベーシックな理論の修正なのですが、仮説モデルが多いので、一般論通りにはならないことも、ままあります。
それでも、仮説は仮説として理解して付き合っていればいいので、仮説を真実のように振りかざすのは、感心しません。
できることなら、オーディオ趣味をフェイクから分離できるといいなあ。

E-Audio

[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-06 23:34 | その他 | Trackback | Comments(0)
多自由度バスレフ研究所のサイトで配布している解析プログラムは、2015年からは更新されていませんが、いずれまた機能の追加を試みるかもしれません。
今のところは、グラフィックスはまだまだ4階料の余地があるものの、解析プログラム自体は結構うまくできているのではないかと思います。
配布しているバージョンごとに、ソフトウェアのドキュメントとプログラムのソースコードを含めてはいます。
配布ソフトに添付されているドキュメントは、ソフトウェアを使用するという目的で作成されており、通常のソフトウェアであればこれで十分なのですが、次回の機能追加のために、自分でわかるようにしておかなければならないと考えています。

随分前に、ドキュメントを書く、とこのブログに書きましたが、まだできていません。
少しずつ追加していますが、どのように書けば、後でも分かるのか試行錯誤するのに、頭を使います。
プログラムには、書いているうちに何だかわからなくなるのを防止するために、コメントを記入してあります。
自分のプログラムの場合には、コメントがかなりの分量を占めており、書いた自分ならある程度付いていけるので、これでもいいような気がしますが、やっぱり、これでは、よくわからないのだろうと思います。
以前には、フローチャートを作成するのを断念したこともあります。
職業プログラマではない自分には、指導者がいないので、自己流でやっています。
下を見ればきりがありませんが、上を目指してなんとかドキュメントを完成させたいと思っています。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-05 23:59 | プログラミング | Trackback | Comments(2)

12/3は姪の結婚式でした

12/3(日)は、姪の結婚式でした。
私には兄がいましたが、独身だったので、血縁の甥や姪はいません。
代わりに妻の姪が5人います。
皆同じ年代で、今回が3人目の結婚になります。
あと2人いるのですが、最近は結婚しない生き方も普通になってきたので、結婚するかどうかわかりません。
結婚なんか、若くて勢いがあるときでないと、自分にはとっても無理だと思います。
結婚しなくていいという姪も、中年になってきたらもう結婚するという選択肢はないんだろうな。
最近は、同性愛みないなマイノリティに過剰な保護を与えているし、メディアは結婚しない選択を勧めているように感じます。
家族制度は、伝統的に、最小の社会構成として機能してきました。
が、夫婦別姓とかを推進して、家族制度を破壊しようとする、自称意識高い系ばかりメディアに登場し、伝統的な家族制度を否定します。
夫婦別姓なんて、国際的には、素晴らしいとはいえない一部の国しかやっていないのですが、日本のレベルをそこまで落として壊したいのでしょう。
自称意識高い系なんか消滅してほしいと思います。

私の姪たちの3/5はすくなくとも家族制度を否定しない保守的で、残りは、よくわかりませんが、結局保守的な選択をするのではないかと思います。

結婚しておけば、さほど気を使わなくていい生活ができるのですが、結婚しないと、ひとりのとき以外は同性にも異性にも気を使います。
最近は、お歳を召してもお盛んな人たちを見ると、なんかすごいな、と感心してしまいます。

なんだかよくわかりませんが、結婚する人を見ると、幸せな気分になります。
結婚おめでとう!

[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-04 23:59 | その他 | Trackback | Comments(0)
昨日Linux機のトラブルについて書きましたが、実際にはLinuxのトラブルではありませんでした。
トラブルの原因は、SSDの故障でした。
故障したSSDは、2年くらい前に購入して使っていたものです。
最初の頃に、起動しないなどのトラブルがあったことを思い出しました。
なぜ、気付いたかといと、Linuxのインストールに支障が出たからです。
ということで、ArchEx LinuxのライブDVDを使用して新しく購入した同等容量のSSDにまるごとコピーし、コピーしたディスクに交換してから、Linuxパーティションをフォーマットし直して再インストールしました。
これで、新品ディスクにLinuxをクリーンインストールしたことになります。
デュアルブートのWindows7部分は使えていたので、そのまま残しています。
Windows7の起動も問題ありませんでした。
ディスクのまるごとコピーは、寝ながら実施し、朝になったら完了していました。
ディスクのまるごとコピーは、下記のページにしたがって実施しました。

ディスクのクローン

ArchEx LinuxのライブDVDは、持っていて損はありません。

今回は、ついでに、OpenSUSE Leapのバージョンを42.2から42.3に上げました。
見た目は変わりませんが、少し良くなったのでしょうか?
ディスクを新品にしたせいか、以前よりもキビキビと動くようになりました。
ついでに、/homeを、別のハードディスクのパーティションを割り当てました。
/homeは、データを保存するのが主なので、SSDにしなくてもさほど差はありません。
今回のようなディスクの破損に備えて、/homeは、物理的にディスクを分けるほうがいいかもしれません。
また、ファイルの保存に、Dropboxを使っていたのも助かりました。
Dropboxをセットアップするだけで、元のようにファイルが蘇りました。

最近は、バックアップに無頓着でしたが、インターネット経由で、ファイルをいろいろなPCでシェアしていれば、トラブルも怖くないですね。

Linuxのトラブルを疑いましたが、理由は全然違っていました。
前のSSDは単にハズレだったようです。
ちょっと損した気分です。



[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-03 23:59 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)