バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

Linux機のトラブル

最近は、ノートPCが2台体制になったので、自宅のデスクトップはほとんど使用していませんでした。
自宅のデスクトップは、何年か前に購入したものですが、AMD 615eのクアッドコア機で、パフォーマンスはなかなかです。
これを、Linux OpenSuse Leap42.2とWindows 7 Ultimateのデュアルブートで使用しています。
デフォルトでLinuxが起動するようになっており、それを女房が、Linuxで使用しています。
Windows7は、私が仕事で使うくらいですが、デスクトップと遜色ないノートPCが2台になったので、最近はあまり自分で使うことはありません。
PCの調子がおかしいというので見てみると、GUIで起動できず、CUIの画面でdfコマンドで確認してみるとLinuxパーティションのディスクがいっぱいになっています。
Windowsからでは、Linuxのパーティションを見ることができないので、ArchEx Linuxのディスクから起動してみると、Linuxのパーティションに不要なファイルが山ほどできているということはありませんが、マウントしてもファイルやフォルダーを見ることができません。
OpenSUSEとArchExとで、違う結果を示すというのは、普通ではありえません。
ということで、修復は諦めて、セットアップしなおすことにしました。

Linuxの場合は、Windowsとは違ってドライブという用語は使用せず、パーティションという用語を使います。
ドライブとパーティションは同じものを指すのですが、Windowsでは、パーティションがあれば、ドライブとして表示してしまうのに対し、Linuxでは、パーティションにあるファイルシステムを適当なディレクトリに割り当てて(マウントして)、そのディレクトリの中に、そのパーティションの中のファイルがあるかのようにシームレスに読み書きします。

どうやらLinuxのパーティションのファイルシステムに異常があるようです。
Linuxを長年使ってきて、こういうトラブルに出会ったことはありませんが、何らかの異常が発生したと思われるので、残念ですが、復旧は諦めました。
幸いなことに、最近は、重要なファイルをDropboxに保存しているので、データが消えても問題ありません。
再インストールのついでに、OpenSuseのバージョンを42.2から42.3に上げることにしました。
ついでに、ユーザーフォルダに割り当てた容量を増やそうと思います(/homeディレクトリにパーティションを割り当てる)。
時間はかかりますが、なんとか復旧しなければなりません。
たまには、こういうトラブルもいいのでしょう。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-02 23:59 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)

これ駄目だろ

ZenFoneと一緒にこの保護カバーを買ってしまったのですが、これが、とんでもないダメダメ商品でした。


売り文句を見ると、フィルムの性能は別として、上手に貼れるということですが.....
フィルムの長辺中央に黒いラインが入っています。
ここで、フィルムの位置を決めて、外側に向けて空気を押し出しながらずれずにぴったり貼る、という設計思想のようです。
実際にやってみると、中央から、外に向けてフィルムを貼ってゆくと、外側ではかなりずれています。
中央の仮止めはホニャホニャですから、こんなものでしょう。
何度か作業を繰り返し、とりあえず貼ったのですが、どうしてもフィルムが画面をはみ出てしまいます。
ZenFoneの画面は、縁が局面になっているので、フィルムは、面が曲がり始める前の平面部分まででやめなければなりません。
しかし、フィルムが、画面の平面部分より大きいので絶対にはみ出します。
これって、欠陥商品じゃね?
欠陥はまだ続きます。
フィルムの端にフィルム用のつまみが貼ってあるのですが、簡単にはとれません。
フィルムを傷付けてやっと取れました。
極めつけは、フィルムの中央に貼ってある丸いシールです。
これが全然とれません。
紙とノリがフィルムに残ってしまったので、ウェット紙ナプキンでこすりましたがとれません。

うわー。この商品どうみても欠陥品だろう。
暇だったら、クレームで返品しますが、暇でないので諦めます。
このブログを見ている方は、気をつけてくださいね。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-12-01 23:59 | その他 | Trackback | Comments(0)
コンピュータが仕事のかなりの部分を占め、生活の一部になっていうると、いろいろな端末を使い潰さないできます。
使い潰してしまえばいいのですが、潰す前に、契約が変更になったりして、現役で使えるのに使いみちのない端末が出てきます。
数日前まで使っていたiPhone4の端末なんか、5年前にSoftbankで契約し、女房が使っていたものが、Docomoへの契約変更で使えなくなり、しばらく放っておいたものを、モバイルLAN端末として私が1年位使っていました。
ということで、モバイルWANルータが別に必要でした。
このiPhone4Sを、ASUS ZenFone ZB501KL-BK16に変更し、これにより、モバイルルータが必要なくなりました。
モバイルルータは、最初にe-mobileで契約し、そこまで良かったのですが、途中で、Y!mobileに変わってしまい、使い勝手もサービスも悪化しました。
ということで、端末も2個使いました。
最初のものは、GL02Pで、これは、スタンダードSIMを使っています。
これは、SIMフリーなので、その後に契約を変更したBiglobeのSIMを入れて使えています。
次の端末は、GL10Pという機種で、マイクロSIMですが、こちらはSIMロックされているので、機体の問題はありませんが、使いみちがありません。
LAN間ルータとしては問題なく使えます。
Y!mobileからBiglobeの契約に変更した後、端末が2個必要になったので、Aterm ML04LNという端末を購入して使っています。これもマイクロSIMです。
いま考えてみると、これを買わずに、GL10PのSIMロックを解除して使えば良かったと思います(泣)。
そして、ZenFoneのSIMは、ナノSIMです...
規格が違うので、都度、SIMを発行してもらわなければなりません。
もったいない...

そもそも、スマホ端末なんて、スタンダードSIMが十分入るのですが?
こういう規格の乱立でお金がかかるんです。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-11-30 23:00 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)
SIMフリー端末として、データ通信専用に購入したASUSのZenFone。
BiglobeのSIMが届いたので、早速、セットしました。
こういうのは経験がないので、とりあえずnanoSIMを挿入してみました。
すぐに認識しましたが、インターネットには繋がりません。
設定画面を探していたら、アクセスポイントの選択画面が出てきたので、Biglobeを選択したところ、問題なく繋がりました」。
次は、インターネットの共有です。
パソコンで、ZenFoneを経由してインターネットに接続したいので、共有設定を探しますが見付かりません。
ディザリングという名称になっていました。
画面に出てくる説明が要領を得ませんが(コンピュータ知識に疎い翻訳者の翻訳なのでしょう)、とりあえず繋いでみると、PCからもインターネットに接続することができました。
ここまでで、今回の目的は完了。
普段は、LAN接続なので、設定のためにOFFにしたLANをONにしたら、ディザリングがOFFになっています。
LANをOFFにするとディザリングをONにできます。
そういう仕様のようです。
今使っているモバイル端末は、LAN接続でもルータとして機能しますが、インターネット接続していてから帰宅しても自動でLANに接続する設定はありません。
どっちもどっちというところでしょうか。
こうしたコンピュータ環境は日進月歩で、さらにいろいろな派閥があるので、教義もそれぞれ違っています。
どの教義が良いのかはわかりませんが、いちばんいいのは、過去の知識を有効に使える教義でしょう。
iPhoneは、インターネット接続の共有、という用語を使い、Androidは、ディザリングという用語を使いますが、どうして、『ルーター機能』じゃ駄目なんでしょうね?
ルーター機能、と表現すれば、誰にでもわかると思いますが、パソコン知らず、いきなりスマホから始めたユーザは、ルーターを知らないのかもしれません。

これで、SIMなしで使っていたお古のiPhone4Sは、とうとうお蔵入りになりました。
さすがに機種の世代がこれだけ違うとスピードも全然違います。
電話機能なしのスマホでも、SkypeとLINEで通話できるので、結構活用可能かもしれません。

いままで使っていたモバイル端末は不要といえば不要なのですが、買ってしまったものなので、監視カメラにでも使うしかないのかな?


[PR]
# by mcap-cr | 2017-11-29 23:59 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)

通販いろいろ

最近、アマゾンの配達がゆっくりになったので、別なところの通販も利用するようになりました。

まずは、サンワダイレクト
ここで、HDMIケーブル、SD HCメモリカード、予備のバッテリー(他のバッテリーに充電する大型タイプ)を注文したら、翌日配達でビックリ。
アマゾンもかつてはこうでしたが、最近遅い感が否めませんでした。

次はヨドバシ.コム。
Androidスマホ(ZenFone)とアクセサリを購入したら、なんと、当日配達でした。
スマホのほうは、SIMフリーで安いものということで選択。
BiglobeのデータSIMを取り付けて使おうと思います。
電話にはなりませんが、モバイル端末を省略できるので、便利です。
SkypeとLINEは、問題なく使えています。
同時に購入した保護フィルムは、とんでもない欠陥商品で、捨ててしまいました。
暇だったら返品したかったです。
別なのを買わなければなりません。
参考のため、別な機会に書こうと思います。

それと、アマゾンで監視カメラを購入。
どうして監視カメラかというと、先週、母親と連絡がとれなくなって、寝る準備をした後だったのに駆けつけなければならなくなったからです。
実家に監視カメラをつけることを決意。
しばらくは、セットアップと、使い方を設計してから、インストールに行きます。
アマゾンもさすがに他に客が流れた気配を感じたのか、今回は翌日配達でした。

通販の競争はとどまるところを知りませんが、アマゾンだけに限定しないほうがいいみたいです。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-11-28 23:59 | その他 | Trackback | Comments(0)