バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
続いて、石田隆さんの発表です。
a0246407_17180645.jpg
ウーファー、ミッド、ツィータの3ウェイで、どれも対向配置になっています。
ウーファーも含め、軽量化して作成しています。
各セクションの相互に振動の影響を受けないよう、懸垂して配置しています。
各ユニットがリスナーに対して横方向を向いています。
ウーファーにバイポーラ型電解コンデンサを直列に繋げて超低域をカットしています。

以上をまとめます。
(1)対向配置
(2)ユニット側面配置
(3)軽量化
(4)振動分離
(5)ウーファーにコンデンサを接続

これだけの要素を作品に詰め込むと、合理的に、写真のようね形状になります。

で、音は。

いい音です。
数百万円の装置と並べてもどちらがいいかは分からないでしょう。
非常にオーディオ的に詰めた音です。
生っぽさのある音のほうが個人的には好みですが、オーディオマニアはこちらのほうが好みの人が多いと思います。
(5)は、いいことがなさそうですが、超低音域をカットすることによって、パワーが入ります。
大音量が出せるのもこのシステムの特徴です。

忘れてはいけないのが、配置の重要さです。
お昼の休みの間にベストポジションを探して置かれていました。
切れの良い低音が朗々と鳴ったのは、ポジション選びの賜物なのだそうです。

理詰めがいかに大切かを教えて頂きました。

この作品には、プロトタイプがあり、今年の『集まれ!塩ビ管スピーカー』のオフ会で発表されています。
このときも音の完成度にびっくりしたのですが、ご本人の評価では、まだ完成されていなかったそうです。
下記はそのときの写真です。
a0246407_18333978.jpg
完成までにはいくつもモデルを作らなければならないのですね。

次は、加藤さんの作品です。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-09-27 00:00 | オフ会 | Trackback | Comments(0)
カノン5Dの鈴木さんは、共鳴管の研究成果の発表です。
折返し部分の寸法の変化で、周波数特性と、聴感の変化を研究されています。
a0246407_17173288.jpg
スピーカーユニットは、音楽の友社のムックにあるFostexのユニットです。
このユニットは、フレームの剛性が弱いのが弱点ですが、鈴木さんは、無理せずに、自然で滑らかな音に仕上げていました。
共鳴管には、いろいろな種類があります。
長岡式(ととりあえず呼んでおく)TQWT、これは、管が1端開1端閉の1/4波長(Quarter Wave)の共鳴周波数となる方式です。
ここが、1/4でないとQWが付かなくなるはずですが、この動作の要件を外して何でもTQWTと呼んでしまったりしますが、カノン5Dさんは、QWTとは呼ばすに共鳴管と呼んでいます。
個人的には、おおさわ式の空気室を持った共鳴管のほうが方式としては適用が容易だと思いますが、長岡式の、敢えてスピーカーユニット後面の音をスパイス的に加えるのも大いにありだと思います。
これは、良し悪しではありません。

隣の箱は、ヒノキのバスレフです。
ヒノキでないと、アニソンの雰囲気が出せないそうです。
再生する音楽によって、素材を使い分けるというのは、なかなかできませんが、さすがに、ミューズの方舟でも音質賞常連だけのことはあります。

方式としては、バスレフですが、低音までスムーズの出ます。
さすが、といったところです。

昼食休憩を挟んで、次は、石田隆さんに続きます。




[PR]
# by mcap-cr | 2017-09-26 00:00 | オフ会 | Trackback | Comments(0)
今年もオフ会が開催されました。
今年は9月23日と10月9日の2回のオフ会があり、今回は、最初の1回目です。
会場は中野ゼロの視聴覚室。
いろいろなオーディオ愛好会がオフ会を実施していますが、これほど癖のない会場を借りられるのは運のいいところだけでしょう。
K藤さんは、競争のすくない日を選び、かつくじ運強く当ててくださるので、今年も2回当たりました。

a0246407_17155418.jpg
会場は縦長で、後ろの方は階段状になっています。
席を変えながら音響を確かめられるのは、ここで、発表するメリットです。

公式レポートは、研究会のサイトからダウンロードしてください。

今回は、発表順序等決めていなかったため、初回発表希望者を募ったところ、皆さん遠慮していたので、私が最初に発表しました。
a0246407_17164428.jpg
設置場所を選ぶ間もなく、テーブルの上にセットして始めます。
最初にオルガンのCDを掛けたところ、高域が弱く感じられたので、急遽スーパーツイータを追加します。
a0246407_17165270.jpg
会場が広かったので、最初は、1μFのコンデンサをツィータに直列に繋ぎました。
これだと、数kHz以上が再生されているものと思います。
この後、コンデンサを変更するようリクエストがあったので、結局0.1μFにして実施しました。
これが、自宅で繋いでいる値です。
その後、ショスタコービッチの『鼻』のような高域の騒がしい曲、パガニーニのヴァイオリン等を再生して、音響効果を確かめました。
上下の拡がりは、前のほうの席であれば十分でしたが、後ろのほうにいくと、縦の拡がり効果が小さくなりました。
また、後ろの方の席では、高域が弱く感じられました。
最後に、自宅では絶対にできない、鬼太鼓座の弓ヶ浜を大音量再生しました。
ヴォリウム位置は、2時位でした。
自宅ではあり得ない大パワーです。
10W以上入っていたのではないかと思います。
これは、空気がブルブルする感じが伝わり、まあまあ良かったのかと思います。
終わろうとしたところ、『ホテル・カリフォルニア』を聴いてみたいというリクエストを頂き再生しました。
私はあまり聴かないソースなので、違いは良く分かりませんが、この場合は、ダクトを前に振ける方が良いという意見でした。

次は、カノン5Dさんの発表に続きます。



[PR]
# by mcap-cr | 2017-09-25 00:00 | オフ会 | Trackback | Comments(0)

地道な活動に敬意

スピーカー再生技術研究会のオフ会がありましたが、今日はまだ何もまとまらないので、あとで記事をアップしようと思います。


かつて次世代の党の国会議員だった杉田水脈さんが国連で発表されたことが新聞記事になりました。
とは云っても、日本の新聞ではありません。
いつも国連ガーと言っている新聞社は絶対に書かないだろうと思います。

国連の人権委員会において、韓国が、VANK反日学生団体に対して資金提供を行っていることを杉田さん自身が発表した、という内容です。
その他にも、反日活動をする教授とかに資金提供したことなども発表しています。
軍艦島が世界遺産に登録されたことで、韓国が、強制徴用などというデマを発し、罪のない人々にヘイト活動を行っていることなども説明しています。

日本のマスコミは、何故か、特定アジアと呼ばれる隣の国々が大好きで、日本を下げて、特定アジアを賞賛する記事を書いたり放送したりしています。
こういう記事はさっぱり見ないですね。
どうしてなんでしょう?
お里がアチラなのかな?

杉田さんは、前回落選してしまい、今はフリーでの活動ですが、こういう地道な活動に敬意を評し、次回は是非とも当選して頂きたいと思います。
私の地区とは、選挙区が違うのが残念です。




[PR]
# by mcap-cr | 2017-09-24 00:00 | 政治 | Trackback | Comments(0)

いよいよ本日

スピーカー再生技術研究会のオフ会は、いよいよ本日になりました。
今年は、中野ゼロで実施しますので、お間違えのないようお越しくださいね。
イベント情報

いつも感じるのは準備の大変さです。
自作PCは、常にプロトタイプみたいなものですが、、たまには少しだけ大きめなのも作ってみたい、という欲望があります。
小型のスピーカーシステムなら運搬も簡単ですが、中型になると簡単には運べません。
今回改造した音場型は、市販のフロア型から見れば特に大きいものでもありませんが、運搬は大変です。
タクシーで運ぶことにしましたが、大きなダンボールパッケージ2個なので、ちょっと厳しいかもしれません。
帰りも懇親会場に置いておくのは難しいと思うので、一旦帰宅してから出直しかもしれません。

話は変わりますが、今年もStereo誌のコンテストがあるので、何か作られた方は、広い会場で鳴らしてみませんか?
飛び入り参加OKです。
資料があれば良いですが、口頭で説明するだけでも構いません。
自身で、自室以外で音を確認することができるチャンスです。
中野ゼロの視聴覚室は、癖がすくないので、作品の素性がよくわかるし、近付いたり離れたりして、効果を確認するのにもってこいです。

オフ会会場でお会いしましょう。


[PR]
# by mcap-cr | 2017-09-23 00:00 | オフ会 | Trackback | Comments(0)