バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

欲しいけど邪魔だ(2)

気になっているローコストアンプ

(1) パイオニアのA-10
(2) TEACのA-R630MKII
(3) ヤマハのA-S301

どれが欲しいかというと、もちろんいちばん安いA-10です。
安いって魅力的です。
こんな立派なアンプが16,000円程度で変えるって、すごいと思います。
二百万円のアンプを買うんだったら、そのお金で部屋に投資してこっちを買うほうがずっと効果的な場合が多いと思います。
超高級アンプは、既に部屋に投資してある人向けだと思います。

A-R630MKIIも安いので捨てがたいです。
こちらは、更に立派で、18,000円ほどです。
気になるのは、後ろから見た写真に冷却ファンが入っていることです。
ということは、放熱器を小さくしてるのでしょうか?
冷却ファンが回るとうるさくて困りますが、出力を上げすぎずに回さないで使えば、パワーチップは適度に温度上昇していいのかもしれません。
これも気になるなあ。

ところが、デジタル入力があるのはA-S301だけです。
機能的にはこれがいちばんお得なのだと思います。
A-300の縁が出っ張った触り心地の良くない音量ツマミは改善されているでしょうか?

音は...
多分差がわからないでしょう。
高級機と比較しても集中して特徴を探さなければ差がわからないほどですから、ローコスト同士では多分差はわからないはずです。

こうしたローコスト高性能アンプを買った人はどう評価しているのか気になります。

価格.comで、A-S301のレビューを見てみました。

A-301は、A-S300とは、重量も大差ないので、全体的に大差ないでしょうか?
DACは、チップの技術が進んで良くなった可能性があります。
アナログ部分はほとんど同じでしょう。

褒めている評価は
『要エージング、使いこなしが有効』
私---アンプにエージングってあったかな?古くなってコンデンサの容量が落ちたほうが音が良くなったりするのかな?そうは思えないけど。
『シャープな音域』
『音はこのクラスでは文句なし』
『最近の技術に驚きDIATONEのDS-77を余裕で鳴らす』
私---懐かしい機種だなあ
『ライブ感抜群!ドラムのブラシが空を切る音まで聞こえます』
『買って良かったです』
私---読んでみると何を褒めているのかよくわからないですが

などです。

けなしているのが

『やはり入門機用です』
私---体調の話が出てきたり、何を書いているのかよくわからないです
『何この音?まるでシスコン、ミニコンの音じゃん。』
私---良い耳をお持ちですね。つぎはシスコン、ミニコンのアンプと高級機と比較してみたらいかがでしょうか?

アンプの評価って、ベテランになればなるほど大変であることが分かっていると思います。

ちょっと聞いて『音悪いから要らない』って...
そんな差が分かるほど一流メーカーのアンプの音が違って聞こえたら何かが間違っています。

いちばん疑わしいのは、自分の耳の問題かもしれません。
音量を厳密に合わせたうえで、目を瞑っても分かる差だったらどこか間違いを探すほうがいいでしょう。
音の差を感じる理由の一番は、思い込みだ、というのが長年の経験から導き出された自説です。

装置関連でいえば、スピーカーを除くと、音が違うという大抵の場合は、同じ条件で聞いていません(スピーカーは、同じ条件というのが無理なので)。

- 高域の周波数特性なんか、頭の位置が数ミリも違うとずいぶん変わります。
- 音量は同じにしているようで結構違います。
- 明るい照明より暗い照明のほうが音が良く聞こえます。真っ暗だと音が大きくしっかりと聞こえます。
- 違うと思って聞くと違って聞こえます。

ローエンド機種は、『これは安いアンプだ』というバイアスがかかった評価になるので、アラがたくさん聞こえた気になるでしょう。
メーカーとしては、利益率の高い高級機が売れなくなると困るので、普及機は音が悪いとユーザーに評価してもらうほうがいいのかもしれません。

だから、目隠ししてブランドやモデルがわからないようにして聴き比べるのがいちばんです。

経済価値のわからない子供に聞いてもらうのもいいことです。
子供のほうが耳が良いし。

口コミを読むときいちばん気にすべきことは、トラブルの有無とトラブルが発生したときの対応でしょう。
あと役に立つのは、自分が気にしていなかった機能とか、使い勝手の評価。

それ以外は、文学作品として読むほうがいいでしょう。

とはいいながらも、家が大きくならないとアンプも買えません...
結局買えないのか...



[PR]
# by mcap-cr | 2018-04-20 19:20 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(2)
メディアのクズさ加減は、インターネットで多数指摘されていますが、こんな記事を見つけました。

財務省辞任「今こそ連携する時」メディアの枠超え女性結束(変態新聞有料記事)

このセクハラ疑惑事件を、5行に要約してみました。
(1)テレビ朝日の女性記者にセクハラ覚悟で色仕掛けさせたパワハラ疑惑(上司も女性)
(2)上記パワハラ+セクハラをテレビ朝日が会社全体で隠蔽しようとした隠蔽未遂疑惑
(3)次官のセクハラを連想させる言葉を誘導し、様々なシチュエーションの音声を繋ぎ合わせた証拠捏造疑惑
(4)テレビ朝日(または業界全体)が、女性記者を使って色仕掛けで不誠実な取材を行ってきたスパイ疑惑
(5)財務次官が本当にやったかもしれないセクハラ疑惑

疑惑の中心は、(1)~(4)でしょう。
「女性結束」ですかあ?
それだったらまず、(1)~(4)の疑惑を晴らしてもらわないといけませんね。
メディア論法だと、疑惑をもたれた側が、証明しないといけないのですから。

メディアが結束して持っていきたいのとは、全く逆方向ですねえ(棒)

メディアが極左の暴力団対と結束してやっていることは、不法な革命で政権をとるための活動です。
国民の不安を煽り、政権を交代させる、というのは1度成功しましたが、これによって、むしろ国民が、政権交代の危うさに気付いてしまいました。
そういうこともあってか、もう選挙で政権交代するのは、犯日野盗も諦めた感じもしますが、こうやって、あることないことでっち上げて国民を騙そうという手法は、もう通用しなくなってきました。

残るのは、どこかの国の侵略にあわせて内乱を起こすことでしょう。
内乱を鎮圧するには、自衛隊の存在が絶対です。
内乱者に対しては、正当防衛するしかないでしょう。
[PR]
# by mcap-cr | 2018-04-20 07:55 | 報道 | Trackback | Comments(0)
新潟県の米山知事辞任で東電の再建が難しくなった...
というようなニュースの見出しを見ましたが、株価は逆に上がっていました。
最近は、マスコミの誘導に影響されない人が増えてきたのかな?

財務省次官のセクハラ疑惑は、音声鑑定の結果、捏造であることが確定してきたようですが、相変わらず、『政権にダメージ』なんていう記事が出ています。
そもそも、本当に次官がセクハラしてたとしても、だったらルールに従って粛々と処分するだけの話で、政権にダメージがあるということになるロジックが理解できません。
昔の自民党が勝ち続けていた時代だったら、官僚の躾がなっていない、ということで叩かれてもしょうがないですが、いまはどちらかというと、政権に歯向かうところが多いようだし、財務省にしたって、権力が集中しているので、そろそろ解体、という方向に向かうだけじゃないのかと思います。

今回の疑惑は、どう見ても記者かその人を利用した人のでっち上げで、騒ぐような話とは思えません。
官僚も偉くなる人は、他とはお付合いできない時代になってきましたね。
偉くなるのと引き換えに、行動を制限されるというのもどうなのかと思います。
マスコミなどの反社会勢力側のハニトラにハマった人を処分するのは必要と思いますが、財務次官がこうやってハメられているのを見ると、この人は、ハニトラにハマらなかったクリーンな人だったと証明されたように感じるのは私だけなんでしょうか?

1年以上もモリカケやって何も証拠が上がらない安倍総理は、スーパークリーン(ウルトラクリーンか?)であると、証明されてしまいました。
これもマスコミの思惑と真逆に行っていますね。

いずれにしても、テレビと新聞とからしか情報が取れない人は今後どんどん減っていくと予想されるので、マスコミの葬式は国民が出すことになるのでしょう。


[PR]
# by mcap-cr | 2018-04-19 19:18 | 報道 | Trackback | Comments(0)

電源タップの交換

居間で使用している電源タップが20年前後経過したので、電源タップを新しいものに交換しました。
何か危険な兆候が出た訳ではなく、単に耐用年数がこの程度かと考えただけですが、電気機器は、樹脂が劣化して破れたり絶縁性が悪化すると宜しくない事故が発生する可能性があります。
何事も備えあれば憂い無しといったところでしょう。
結果としては、外観は全く大丈夫ではありました。

以前にオーディオ用はオーディオテクニカだけと書きましたが、もうひとつ、TEACのものを使っていました。
重いオーディオラックの裏側なのでまず見ることはありませんでした。
オーディオ機器には、ELECOMの比較的新しいものを使っているので、これはとりあえずそのままにしました。
今回は、夕食の前に時間をかけられなかったのでここまでですが、つぎは、オーディオ機器は新しいほうにし、ELECOMのは、マッサージチェアに使おうと思います。

オーディオ用のタップは、オーディオテクニカのものもTEACのものも黒色です。
オーディオマニアは黒が好きなのかな?

新しいものはSANWAのこれです。

もちろんオーディオ用ではなく、パソコンなどのOA機器を想定したものだと思います。
7個口で、集中スィッチ付。
オスもメスもアメリカと同じ3Pです。
我が家はオーディオでの使用を考えて、ホスピタルグレードの壁コンセントを使っているので、3Pのほうが抜けにくそうな安心感があっていいです。
ケーブル3mは長すぎますが、このモデルでこれより短いものがありませんでした。
残念。

この電源タップ、使ってみて、その頑丈さに驚きました。
3Pのタップは、まわして締め付けるタイプですが、ちょっとやそっとでは電源プラグが入りません。
かなり力を入れて押してやっと入ったら、そこから再度力を入れてねじり締め付けます。
プラグを持ってもびくともしません。
確かにOA機器の電源が抜けたら大問題ですが、これはちょっとやりすぎかもしれません。
これほど頑丈に固定できれば、オーディオには好適でしょう。
オーディオ用は、線材に高純度銅を使ったり、接触部を金メッキしたりしていますが、電流抵抗で最も問題になるのは、接触抵抗です。
しっかり接触させれば、それだけ抵抗が下がります。
すくなくとも線材を高純度にして、接触圧力に気を使わないよりはるかに効果が高いでしょう。

とはいいながらもこれにつないだのは、(A)V機器とマッサージチェアだけでした。
基本的には電源タップによる音の違いを自分が検知できるとは考えていないので、というのよりも、面倒なだけですが。

重いラックを引きずって疲れました。



[PR]
# by mcap-cr | 2018-04-18 20:55 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(1)

欲しいけど邪魔だ(1)

以前にガラパゴスの会でアンプのブラインドテストをやったとき、私は操作だったので、ブラインドではありませんでしたが、価格の全く違うアンプの差がほんの少ししかないというのを実感しました。
その後は、音作りしていないアンプを部屋に合った出力だけで選ぶものだと考えるようになりました。
音作りしたアンプは絶対にダメです。工業製品として許せません。

自宅は集合住宅なので、大音量で鳴らすことはできません。
居間に置いてあるアキュフェーズの古いパワーアンプP-350は片側チャンネルで150W(8Ω)もの出力があります。
正直言ってこんな出力で使うことは一生ありません。

以前にこのパワーアンプ(P-350)とヤマハのA-S300(定価47,000円を27,000円位で購入)を比較したら、音の差がよく分かりませんでした(アンプの聴き比べ)。
耳が悪いだろう、とツッコミを入れる方は、音量を厳密に揃え、どちらが鳴っているのか見えないようにして自分の耳で比較してみてください。

最近、ふと価格コムでローコストプリメインアンプを見てみると、A-S300を購入したときよりも、更にアンプが安くなっていることに気付きました。

- パイオニアのA-10が、16,000円とちょっと。
- TEACのA-R630MKIIが18,000円とちょっと。
- ヤマハのA-S301が20,000円とちょっと。

こういうのを見ると欲しくなります。
とっても欲しいかも。

しかし、問題は、邪魔だということ。
アキュフェーズを処分すれば置き場所ができますが、これは、はったりで置いてあるという側面も否定できません。
最近は、こういう私の性格を知っている人しか自宅には来ないので、はったりは必要ないのですが、それでも、インテリアとしては間違いなくアキュフェーズのほうが優れています(オーディオに興味がない人から見れば大差ないとは思うが)。

それにもったいないし...
A-S300もまだ修理してないし...(修理が面倒くさい)

と書いていたら何だかわからなくなったので続きます。


[PR]
# by mcap-cr | 2018-04-17 21:40 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)