Shell関数

シミュレータプログラムのGUI化のため、LibreOffice Basicを使うことが諦められないでいます。
以前に書いた通り、Libre Office Basicは計算が遅いので、その機能だけでシミュレーションを実施するのが困難です。
それで、LibreOfficeのマクロプログラムで、自分のコマンドラインモジュールを起動できないかと考えて調べました。コマンドラインの実行プログラムモジュールであれば、計算速度は問題ありません。
プログラムのメンテナンスも簡単です。

どうやらShell関数で、外部プログラムを起動できることがわかりました。
しかし...
Shell ("パス/a.exe") ---(パスは、e.exeのあるパスです)
起動しません。オプションをいろいろ試してもダメです。
Shell ("notepad")
では、メモ帳が起動します。
そこで、
Shell ("cmd")
を試してみましたが、コマンド画面が起動しません。
ということは、そこに問題がありそうです。

こういうのを検索しても、なかなか所望の情報を得ることができません。
『検索学』のような学問が必要になっているのかもしれません。
[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/19800369
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2014-05-16 06:58 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(0)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR