来年の素材

MCAP-CR、ダブルバスレフ、バスレフなど、複数ケースの力学的シミュレータをリリースしました。
ドキュメントは、まだ英語版だけですが...
日本語版を作ろうとして、文字入力→変換の面倒さに挫折しました...
日本語版ドキュメントもそのうちリリースします。
↓難しいことは書いていないので、とりあえずご使用ください。
http://mcap.web.fc2.com/software.html
いままでに、ダブルバスレフで使用できるシミュレータにいいものがあったかどうか知らないのですが、これは、結構使えると思います。
箱の容積比率を少しずつ変えたり、ダクトの面積や長さを少しずつ変えたりして、適切な設計ポイントを探します。
そういう用途にはピッタリです。
やってみると、ダブルバスレフは、方式そのものに無理がありそうです。
やっぱり空気室とダクトの自由度の高いMCAP-CRのほうが有利そうです。

それはさておいて、来年のスピーカーユニットの素材には下のものを選びました。
a0246407_8572719.jpg

前回に続いて秋月電子で購入です。
8cmで、1個300円ですが、ペア500円です。
これを8個、合計2000円です。
前回の200円のものは店舗から見えなくなっていました。
誰か買い占めたかな?

しかし、前回もそうでしたが、今回のものも、フレームに難があります。
a0246407_8595218.jpg

隙間がないように作成するのは困難そうです。
さてどうやって克服するか。

皆さん、よいお年を!
[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/20616281
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kaneya at 2014-12-31 21:35 x
kaneyaです。
前回のユニットは正確にφ70で、フレームに1mmの余裕があったんですが、今回のユニットは余裕がありませんね。

裏から取り付けても大変そうなユニットですね。

もしかしたらトリマーで出っ張り分だけ削る必要があるかも。
Commented by 管理人 at 2015-01-01 17:45 x
kaneyaさん
このようなフレームのユニットをどう仕上げるか難しいところですが、多分裏から押さえ付けるのでしょうね。
どうするかは思案のしどころですが。
by mcap-cr | 2014-12-31 09:03 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(2)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR