人気ブログランキング |

日テレ深層NEWSの討論を見て考えた

私は普段テレビを見ないのですが、昨日夜にチャンネルを回していたら、久しぶりに櫻井よしこ氏が出ているのも見ました。
20年位前に未だテレビをそれなりに見ていた頃には、櫻井氏をよく見ていましたが、最近はあまり見かけませんでした。
福島瑞穂氏との対談のような形で、番組が新興していました。
番組名は、BS日テレ-「深層NEWS」でした。
途中からですが、安部首相の談話にあたっての前提となる議論についての対談でした。
結論の部分にはコメントしませんが、櫻井氏は、歴史的事実について、証拠となる素材の部分を含め、説明してゆきました。
それにたいして福島氏は、歴史的には(証明されたかされていないかという議論を避け)事実が先にあり、その事実を前提として議論を進めてゆきます。
「これは事実だからこうなんだ!」的な、いわゆる典型的サヨクの論法(我輩は左翼であるがサヨクではない)で、真実を検証しようという櫻井氏とはまったくかみ合いません。
福島氏の旗色が悪くなったところで司会が割って入り、コマーシャルになりました。

この対談を見ていて感じたのは、オーディオ議論とまったく同じ構図であるということです。
- ケーブルを変えれば音が変わる
- 高級機は普及機より音が良い
こうした意見が事実であるので検証しない、という立場の人に対して、科学的に検証しましょう、と言ったって、議論が噛み合いません。
議論の前に結論があればそれも当然のことでしょう。

オーディオサヨク、なんていう用語が頭に浮かんできました。
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/21224922
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2015-05-14 06:41 | その他 | Trackback | Comments(0)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る