バスレフ研究所 Personal Audio Laboratory mcap.exblog.jp

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧

ダクトの製作(その2)

前回は、外形30mmのラップの芯に、ケント紙を巻きつけてダクトの寸法を取りましたが、接着剤の付け方が悪くて、あまり上手に出来ませんでした。
接着剤がしっかりついていないのは好ましくないので、方法を変えてみました。
a0246407_21410522.jpg
今回は、1周したところに折り目を付けて、これを目印にします。
a0246407_21412432.jpg
1周分に接着剤を薄く塗ります。
a0246407_21453896.jpg
1周したところで、寸法を確認し、続いて、外側を貼り付けてゆきます。
a0246407_21415169.jpg
これでしっかりは接着できました。
これを、乾燥させたら、形を整えます。
少しはマシにできたかな?

いっぺんにやっても失敗作が大量生産されるだけなので、今回は、2本だけ作って様子を見ます。


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/237961806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hiro-osawa at 2017-11-10 03:08
パイプを巻くときは、紙でも何でも、細長い帯を斜めにぐるぐる巻く(トイレットペーパーの芯、ラップの芯、ボイド管、鉄パイプもそうです)のが楽できれいに巻けるみたいですよ
Commented by mcap-cr at 2017-11-10 06:35
> hiro-osawaさん
確かにそうなのですが、どうやって糊付けするのかなあ?
.....
Commented by hiro-osawa at 2017-11-11 02:25
仮止めして、ちょっとずらして2枚目を巻くとうまくいきます
Commented by mcap-cr at 2017-11-11 09:27
> hiro-osawaさん
イメージが湧きませんがちょっと考えてみます。
by mcap-cr | 2017-11-09 23:59 | スピーカー工作 | Trackback | Comments(4)