人気ブログランキング |

デジタル顕微鏡を買ってみた

以前から気になっていたデジタル顕微鏡を買ってみました。

サンワサプライには以前別なモデルがあって、それは、バッテリーが単4タイプなので敬遠していました。
単4って、寿命が短すぎてやってられないです。
単4を使う設計者って信用できません。
今回のはリチウムイオンバッテリーなので、そこは納得です。
わりと小型で軽いのはいいです。
デジタル顕微鏡を買ってみた_a0246407_06162713.jpg
設定にはパネルを開ける必要がありますが、
デジタル顕微鏡を買ってみた_a0246407_06161512.jpg
ボタンの方向が自分の感覚に合わなくて使いにくいです。
最悪なのはシャッターボタン。
デジタル顕微鏡を買ってみた_a0246407_06163433.jpg
位置が悪いうえに外面と面が揃っているので押しにくく、全体がブレるので、熟達しないと手ブレ、ピンぼけになります。
こういう問題は試作しなくてもわかるはずですが、設計した人はデジカメ使ったこと無いのかなあ?
最低でも、ボタンを別な位置に変え、タイマーを付けるか、リモコンを付けるべきでしょう。

そうは云っても使ってみないとわからないので、いろいろと撮影してみました。
デジタル顕微鏡を買ってみた_a0246407_06371215.jpg
繊維はきれいに撮影できました。
デジタル顕微鏡を買ってみた_a0246407_06165649.jpg
この商品のタグは平板なので撮影しやすいです。
いちばん見たかったひげ剃りの刃は撮影が難しいです。
この撮影には上に書いたシャッターの粗悪設計の影響はもろに出ました。
デジタル顕微鏡を買ってみた_a0246407_06171288.jpg
一年使った替刃です。
見たかった刃面がどの線なのかよくわかりません。
想像では、カット面がガタガタで、背面はまっすぐだと思っていましたが、全然わかりません。
次は新品替刃です。
デジタル顕微鏡を買ってみた_a0246407_06172049.jpg
倍率も合っていませんが、やはりよく分かりません。
替刃を変えるタイミングを見たかったのですが、これではちょっと..

レコード針なんかも消耗具合が一発で判るかな?
と思っていましたが、判定写真の撮影には熟練の技が必要そうです。

スピーカーシステムの仕上げを判定できるかもと思い、机の表面を撮影してみました。
デジタル顕微鏡を買ってみた_a0246407_06172817.jpg
光量の調整に気を使います。
おもったより机の表面は傷だらけです。

操作性の欠点を知恵と工夫で克服して役立てたいと思います。

ちなみに、上記のような評価で製品レビューを投稿しましたが、投稿自体が無かったことになってました。
アマゾンとかと違い、自社だけの商品レビューについてはこういうことがありそうです。




トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238369171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2018-03-05 19:36 | その他 | Trackback | Comments(0)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る