労働組合

テレビや新聞では報道しませんが、ネットを見ていて興味深いニュースが飛び込んできました。
中核派の拠点である連帯ユニオン関西生コン支部に強制捜査が入ったそうです。
この連帯ユニオン関西生コン支部については置いておいて、かつて自分が経験した労働組合を思い出しました。

自分が所属した(させられた)労組は、資源労連の傘下にありました。
会社に入ると、自動的に組合に入ることになりました。
不思議に思ったのですが、法学部出身の同期に聞くと、ユニオンショップ制にしているので、労組は1組織のみ、管理職(相当)以外は全員所属する、ということになるそうです。
会社はちゃんとしたところだったので、不当労働行為とかはしていませんでしたが、社則等の変更がある都度労組に確認をとっていました。
組合幹部はというと、どうも怪しい。
委員長等、何をやっているか分からないのに、会社に対しても偉そうにしていました。
組合費は給与から天引きされるし、罷業資金(ストライキのための資金)の積立までやらされました。
国政選挙のときには、社会党の候補者がやってきて握手までさせられました。
ちなみに、握手させられたのは大畠章宏という人です。
私はこの人には投票しませんでしたが、労組の組織票で当選しました。
労組という組織は、専従になると、仕事は一切しません。
仕事ができない人が、議員になったってできるわけがないというのは、社会党、民主党等が証明しています。

さて、連帯ユニオン関西生コン支部に話を戻すと、暴力組織のようです。
中小企業の社長を恐喝し、嫌がらせを続けて、カネをまきあげて会社を潰すというような事例が見付かります。
労組というのは、会計報告が必要ないということで、資金がどこに消えているのか分かりません。
連帯ユニオン関西生コン支部は、街宣車まで持っていて、その街宣車は北朝鮮カラーに塗られ、日本語以外にハングル語が書かれています。
あ、なるほど。
組合費のような企業からまきあげたカネは北朝鮮に流れる資金なのかな?
そして、辻元清美のような極左議員が深く関わっています。
最近では、福島みずほが仲良くしてるみたいです。

労組というのは、法の抜け穴なんじゃないか?
労組が賃上げ要求せずに首相が賃上げ要求したりしていました。
労組は制度そのものを廃止するとか、会計報告義務付けるとかしないと、闇世界を支援することになるのかもしれません。

この事件の続報を注視したいと思います。

[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238390015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2018-03-14 19:53 | その他 | Trackback | Comments(0)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR