人気ブログランキング |

“水抜き”準備不足? TVロケ参加者「在来魚が大量死」

テレビ東京の番組で、池の水を抜くシリーズがあります。
過去に何回かあり、録画して早送りで見たりしていました。
池の水を抜くシリーズには、考えさせられるところがあります。
番組を飛ばしながら自分が解釈すると、
外来種が持ち込まれ、在来種が危機にさらされている。
在来種保護のために池の水を抜いて在来種を保護しよう。
とこんな感じではないかと思います、
特に多く登場する外来種は、ミドリガメと鯉です。
ミドリガメは、自分が子供の頃は、ゼニガメよりも高価で、ゼニガメの200円に対しミドリガメ600円でした。
いつのまにか価格が逆転し、それに伴い、外来種のミドリガメが自然に多く放されるようになったようです。
鯉については、子供の頃は、自然環境で見ることはすくなかったと記憶していますが、いまでは、いたるところに泳いでいます。

番組では、捕獲された外来種を殺す場面はないのですが、ぞんざいに扱っている印象を受けます。

ニュースサイトを見ていたら、こんな記事がありました。
この回の放送は見ていません。

外来種を持ち込まない、国内で繁殖させない、という政策には賛同しますが、命は大切にしなければならないと思います。
捕獲した外来種はどこかで飼うとか、原産地に送るとか、そこまでやらないと手落ちなんではないかと思います。
大量のミドリガメや鯉をどう処分するのか、外来種だから、命を粗末にしていいわけがありません。
問題は、種の移動が自由すぎることでしょう。
ペットにするために外来種を持ち込むことそのものを禁止すべきなのではないでしょうか。
ペットを捨てるのももちろん禁止。

移民の問題は、動植物の外来種の問題ほど簡単ではありません。
が、各国の入国管理局は、しっかりとコントロールすべきでしょう。
不法入国は、犯罪です。
財産没収等の処分を貸して直ちに送り返すようにしないと外来種の問題と同様になっていくでしょう。
動植物と違って、悪知恵が働く人間が不法入国してきます。
不法入国は犯罪なのですから、犯罪に対しては、相応の処分が必要です。
不法入国者を擁護する似非人権団体は撲滅すべきなんだと思います。



トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238408722
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2018-03-19 19:20 | その他 | Trackback | Comments(0)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る