人気ブログランキング |

iPhoneの品質ってどうなんだろう?

先日、老母のiPhone6Sを自分のASUS ZenFoneに変えてみていろいろと気付くことがありました。
まずは、すでに何回か書いたように、iPhoneは高齢者を想定していない。
高齢者をマーケットとして見ていない。
規模は小さいのでしょうが、いかにも金儲け至上主義国家アメリカの会社らしいです。

あとは品質の問題です。
老母の使っていたiPhoneは、いま自分が、電話以外の端末として使っていますが、これが、ときどき変な動作をします。
何も触っていないのに、サポートを求める音声入力が立ち上がります。
頼んでいないのに訪問してくる御用聞きみたいなものですが、このiPhoneのアプリケーションには、『消えてください』とか『帰ってください』とか言っても理解しません。

その他、感じた問題点は、これを電話として使っていたときに、この電話に電話すると、一発目は必ず話し中の『プープー...』となり二度目に繋がりました。
回線のせいかもしれないと思っていましたが、ZenFoneに交換すると、一発で繋がるようになりました。
iPhoneをZenPhoneに交換した後は、老母もすぐに電話に出るようになりました。
使い勝手が相当違うようです。

そういえば、女房がかつて使っていたiPhone 4Sは、初期不良で、2~3回本体交換しています。
症状は同じで『不正なSIMです』でした。

最近は部品を日本製から韓国製に変えたりしているし、もうAppleの天下は続かないのではないかなあ?

トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238440825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2018-04-06 19:41 | その他 | Trackback | Comments(0)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る