#MeToo

財務省次官のセクハラ問題について、先日5行でまとめてみました
実態は私が書いた5行で概ね合ってるんだろうと思いますが、胡散臭い連中は、また、MeTooなんてやっています。

もともとMeTooは、打ち明けられないことを勇気を持って打ち明けたということなのですが、そういうのを悪用するのが胡散臭い連中です。
本当の被害者を犠牲にして、自分の主張に利用する。
本当に被害にあった人の人権なんか考えていないのでパフォーマンスに利用します。

それよりちょっと前に、まとめサイトに複数の場合についての議論が載ってたのを思い出しました。

複数形を、
"We too."なんて使っている人がいたのを、
"Us too"じゃないか、と指摘している人がいました。

考えてみたら、"Me too"には、英語の特徴である、柔軟性が如実に現れています。
英語の場合、meは、目的格(ドイツ語で言えば、3格と4格のどちらにもあたるところがややこしい)にあたります。
ということは、
たぶん、
『わたしもやられちゃったよ』
という(4格)目的語の使い方だったのではないかと思います。
複数にして"We too"だったら、
『我々もやっちゃうよ』
みたいな感じでしょうか?
ところで主格の"I too"はあるの?
と考えてみると、聞いたことがありません。
Iを使うのであれば、"I do as well"みたいに"too"以外のものを組み合わせるような気がします。
でも、主格の場合でも"Me too"とか、言っちゃう英語の柔軟性で、主格でも目的格でも使えるみたいです。
この結果として、『じゃあ複数は?』と訊かれると即座には答えにくい。
英語ってやっぱり難しいです。

イタリア語だったら
"Anche io."『私もそうする』
"Anche a me."『私にもそれちょうだい』
みたいな使い分けができそうですが、英語の場合だと、このへんがいい加減に済まされてしまう感じです。

"Me too"を悪用している連中は、いったいどういう意味で使っているのかわかりません。
『私もセクハラされた???』
なんでしょうか?
なんかイメージだけで使うって、格好悪くないですか?

東大出ても、上級公務員試験に受かっても、司法試験に受かっても
XXはXX
福XXXほ、みたいな連中が証明してくれています。

逆に、中卒でも高卒でも優秀な人がたくさんいる訳で、こういうところでバランスがとれてるんだなあ、と思います。


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238476362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kuni at 2018-04-24 14:29 x
こんにちは。
柔軟性と言えば、日本語の柔軟性は、英語以上の気がします。
日本市民なんて言葉が、まかり通ってるんですもん。
国会も日本市民の為なら審議に出るけど、国民の為なら審議拒否。
若ければ若いほど、真実と言うか、テレビ新聞の情報が誤りである事を知っている。
学生は、現体制のうちに就職したいから、現政権が長く続く事を願ってるでしょう。
政治で自民党と対抗出来る政党が、2~3党出来たら良いなと思うこの頃です。
Commented by mcap-cr at 2018-04-24 20:56
> Kuniさん
日本市民って変な言葉ですね。
なぜ国民と云わないのでしょう?
市民って、どこの国でも怪しい響きに感じます。それは、市民という言葉を悪用しているせいなのでしょう。
旅行者を市民とはいわないし、国民のことを市民と云わないわけではありませんが、マスコミの使っている市民は、不法移民とか政治活動を行っている外国人のように思えてしまいます。
私は、かつて次世代の党に期待しましたが完全に潰れてしまいました。
そのうち、リベラルな自民党より真ん中よりの政党が出てくることを期待します。
そして、反社会的極左政党をリベラルと呼ばない世の中になることを期待します。
by mcap-cr | 2018-04-23 19:34 | 外国語 | Trackback | Comments(2)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR