旅の外国語

【大阪地震】京都旅行中の中国人観光客が日本の『緊急速報』に困惑・・・「何が起こったか分からず困った」

こんな記事を見つけました。
確かに、現地の言葉が分からないと緊急速報で何が起こったのか分かりません。

上記の記事で紹介されていたコメントは、
- 改善の余地がある
- マルチリンガル対応の予算を確保するのは大変だろう
- 日本語で伝えることがまず大切なので、他の外国語は却って情報伝達を阻害する
- 日本語勉強してから来い
というようなのがありました。

アメリカの空港とかに行くと、出発ゲートがわりと頻繁に変更になります。
アナウンスは、オーディオの質が悪く、ガジャガジャ、グジグジという感じで聞き取れません。
もちろん英語が分からんという問題もあるのですが、必ずしもそうではないようで、明らかにアメリカ人に見える人に、『いまのアナウンス何だったの?(正確に覚えていませんが、"What did it say?"かな?)』なんて聞かれたことがあります。
普通は英語以外のアナウンスはありません。
国境に近いところだとフランス語やスペイン語もあったりするようですが。
それに対して、『英語じゃ分からんから日本語でも放送しろよ』なんて抗議する人はいるのでしょうか?
上記の中国人の感想は『日本語だけだと困るから中国語でもやってくれるといいなあ』という意味合いでしょう。

私は、外国に旅行するときは、ほんの少しでも現地の言葉を使えるようにしようと努力する気持ち(微妙な表現だなあ)があります。
『どうだい。俺様は英語が話せるんだぞ!』みたいな態度をとる人もいますが、そういうのは不快です。
相手が英語(自分の英語だけ?)を理解できない場合には、現地の単語を混ぜながら、書いたり指さしたりして、日本語で丁寧に話すほうがいいと思います。
結構通じたりするし、相手もよくわからん英語もどきを押し付けられるよりも不愉快ではないと思います。

イタリアの田舎とかに行くと、地元の人は英語とか話せない場合が多いので、しょうがなくイタリア語で道を訪ねたことがありました。
そこまでは伝わったのですが、返ってくる言葉の意味が分かりません。
その後もう少し勉強したので、いまなら少しマシかもしれませんが、当時は全然分かりませんでした。
しょうがないので、お礼して、分かったふりをしましたが、残念な出来事でした。
それでも現地の人と少しでも通じるとちょっとうれしいです。
タクシーの運転手にドイツ語やイタリア語で冗談言ったのが妙にウケたり(話してる本人は面白いと思ってないのですが)、そういう経験は旅ならではあります。

ヨーロッパの空港に行くと4ヶ国語くらいで出入り口やゲートの表示をしているので、困ることはありませんが、現地の人は、多分どれかひとつあれば困らないんだろうなと思います。

いま、日本中で、ハングルや中国語の表記が氾濫していますがやりすぎではないのでしょうか。
地名を中国語で書いたって発音分からないし、そもそも、日本語と殆ど同じだったりして意味があるとは思えません。
ハングルに至っては一体どれだけの人が必要としているの?
地下鉄のホームで行き先がハングルだったりすると、ほとんどの人がハングルなど読めないわけで、ほぼ全員の乗客に対してその間情報が途切れます。
一体このホームにハングルしかわからない人がどれだけいるのか、と疑問に思います。
中国語だったら、まだ、日本語と殆ど同じだからいいんですけどね。

多分、日本人は過剰に親切なのだと思います。
外国人には、日本人にだったら無理な要求しても聞いてくれるんだろうという奢りが垣間見えます。
ヨーロッパの空港は特殊な例として、日本であれば、日本語とアルファベット表記があれば十分だろうと思います。

旅のわがままはやめたほうがいいのでしょう。


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238612956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kuni at 2018-06-22 00:00 x
私も日本語とローマ字の表記だけで良いと思います。と、グアムにしか行った事がないですけど。
その国の言葉を学ぶのも旅のひとつと思います。ヨーロッパとか言って、日本語で全部書いてあったらつまらない。
中国語は、小学生に害があるかもしれないですね。日本語に無い漢字があったりしますもん。
Commented by hiro-osawa at 2018-06-22 03:09
海外で店頭に「いらっしゃいませ」と書いてあると入る気がしません そういうとこはたいてい日本語の分かる人は居ません
いきなり日本語で話しかけてくる外国人にはかかわりたくありません 「コニチワ~」しか言えないやつも同様です
戦争で占領、人種迫害の歴史のある国では外国語のサービスはあったとしても一線を越えません
過剰な外国語表記サービスをしている会社、役所はその国の在日が多数入り込んでるようにも思えてきます
国内にはいくつもの外国人の集落、文化圏もどきが存在し商店、宗教、マナー常識、通貨までもがその国へ移動したみたいな錯覚に陥ります 土地を所有していたら占領区域みたいです
海外移民を受け入れる気があってもなくても自国の言葉と文化を大切にする気があるのなら過剰な外国語表記はやめるべきです それはサービスや「おもてなし」とは違います
オリンピックに便乗して無神経にこういうことを進めるべきではありません
Commented by mcap-cr at 2018-06-22 06:39
> Kuniさん
>ヨーロッパとか言って、日本語で全部書いてあったらつまらない。
その通りですね。
少しでも現地の言葉を見て現地の人と同じ空気を共有した感じがいいですよね。
中国語の漢字を漢字テストで使ったらどうなるのでしょうか?
日教組先生は意外にも正解にカウントしたりして。
Commented by mcap-cr at 2018-06-22 06:50
> hiro-osawaさん
たしかに、海外でレストランとかに入って日本語のメニューがあったりするとがっかりします。
同じものでも価格が違っていたりすることもあります。
ボッタクリという意味ではなく、更新していないだけとは思いますが。
海外でいきなり日本語で話しかけられたら逃げようと思いますが、2度だけ怪しくない人を見ました。
ひとつは、観光をサポートする役所の人で、アテネにいました。
もう1回は、モンマルトルで隣のテーブルに座っていたイギリス人で、過去に日本滞在経験があり、日本語を話したかったみたいです。
どういう状況なのか見極めて対応する必要がありますね。

日本で過剰なハングル表記のある理由は、ハングル化を進めたい団体のロビイ活動によるのではないかと思います。
西早稲田あたりに怪しいのがあるようです。

基本的には、郷に行けば郷に従えなのですが、郷に行ったら強引に従わせるという人は嫌がられると思います。
私は移民に反対する側ではありませんが、文化を愛するのではなく、都合だけでやってくる移民は拒否すべきだと思います。
移民にはアメリカのように愛国宣言をさせるのが正しいと思っています。

対馬なんか乗っ取られないよう、米軍基地を作って土地収用法で追い出してほしいと願っています。
by mcap-cr | 2018-06-21 19:02 | 旅行 | Trackback | Comments(4)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR