残念な作戦

昨日というより今日なのですが、4年に1度のサッカー・ワールドカップの予選で日本が...に決勝に進出しました。
正直いって、つまらなかった。
西野監督、一体どうしたのか。

前半からスローペースの展開でした。
前の2戦は、最初から目が回る攻防でしたが、最終戦はゆっくりした立ち上がりでした。
選手を入れ替えたのが効いたのかな?
両チーム共にスローペースだったので、暑いせいだろうと思っていました。

後半は、日本チームが更にスローダウンしていました。
フジテレビのアナウンサーは、ポーランドのスピードが落ちたことばかり言っていましたが、日本選手のほうが明らかに遅くなっていました。
そうこうしているうちに、日本選手のファウルによるフリーキックからポーランドが見事ゴール。
その後も日本選手の遅さからノロノロペースでしたが、ポーランドも攻めあぐねる展開になりました。
すると、別会場で、コロンビアがセネガルから1点をとってリードしたという情報が。
しばらくすると、日本選手が更にノロノロに。
全く攻めません。

フェアプレーポイントでセネガルを上回りそうだったので危険な賭けに出たみたいです。
攻めずにそのまま時間切れを狙うという危険な賭けです。
セネガルがコロンビアに追いついたら笑いものです。

ポーランドも攻めに来ません。
敗退が決まっているから一矢報いただけでいいことにしたみたいです。
こんな状態が10分くらいかな?
自ら勝つことを放棄した作戦。
つまらない試合でした。

気合い入れて高級レストランに云ったら食材にインスタント麺を使っていた(どこかの国?)みたいながっかり感が強いです。
案の定ネットでも叩かれていました。

次はもう見るのよそうかな?


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238627701
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kuni at 2018-06-30 09:26 x
私は、試合結果だけで、試合は見ません。Jリーグも見ないです。
プロの選手は、相手を読む、相手に読まれない能力が身体能力と共に高いです。
途中から、思いを発信したのでしょう。選手同士の意思疎通ができて、ああいう試合になったのでしょうね。
少なくとも、相手の頭を踏みつけるプレーよりは、良いと思います。
Commented by mcap-cr at 2018-06-30 15:46
> Kuniさん
相手の頭を踏みつけるのは論外なので、比較の対象にはなりませんが、応援した側としてはちょっと損した感じがします。
バドミントンなんかだと無気力試合なんていう裁定もあったように思います。
ルールの中での作戦なので、面白くなかった、以上のことはいえませんが、セネガルが点入れたらどうするんだ、とハラハラしながら見ていました。
私は、プロスポーツは見ている方に対しては娯楽と言ってしまうくらいのレベルなので、高尚なことは書けず、プロレスの感想みたいになってしまいました。
朝日新聞がボロクソに書いていたらしいので、プロの勝負師としては正しい作戦だったのだろうと思います。
by mcap-cr | 2018-06-29 12:33 | その他 | Trackback | Comments(2)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR