『連絡通路はありません』って通じるのかな?

私は、東京メトロ銀座線の末広町駅を使うことが多いのですが、駅にこんな表示があります。
a0246407_13513002.jpg
日本語で、『連絡通路はありません』と書いてありますが、翻訳らしきものが、"Not connecting path."となっています。
この翻訳が正しいのかどうかというコメントは置いておいて、まず、日本語のほうに説明が必要です。
銀座線の末広町駅を使ったことのない人は、日本人であっても、この『連絡通路はありません』という意味は分からないと思います。
通常、駅を出ると、北口とか南口とか、いろいろな出口があります。
末広町駅は、中央通りと蔵前橋通りの交差点の真下にあります。
出口は、1番から4番まであるのですが、上野方面行きに乗ってきて下りると、3番と4番出口(現在は工事中で塞がれている)からしか出ることができません。
乗る人から見れば、3番か4番から入っても渋谷方面行きには乗れません。
駅に入ってから反対側に行くことができません。
この駅にはない、反対側に行く通路のことを、『連絡通路』と呼んでいます。
この用語は東京メトロが命名したもので、一般には通じないかもしれません。
多分、この駅のことを知らない人には、『連絡通路はありません』と書いても通じないだろうと思います。

以上を前提として、英語の翻訳に入ります。
プロの翻訳家の人のことは分かりませんが、仕事で技術翻訳をするときには、アメリカ人(または、その英語翻訳文を読む人)が、分かるように内容を書きます。
日本語をどれだけ忠実に完璧に英語にしたところで、まず通じません。
アメリカ人に通じない理由は、上記のように、状況が分からなければ日本人にも通じないためです。
とくに技術翻訳では、元の日本語が怪しいことが多いです。
ライターが自分だけ分かっていることを前提に書いていたりすると、全く分かりません。
怪しい日本語を完璧に英語に翻訳したところでアメリカ人に理解できるはずがなく、完璧な翻訳が価値ゼロの翻訳になります。
ですから、翻訳者が、内容を理解して、アメリカ人の思考に合わせた作文をしなければ通じません。
どうして『アメリカ人』と限定的に書いたかというと、アメリカ人に分かるように書けば大抵の英語人には通じるからです。

冒頭の"Not connecting path."という表現には動詞がなく、それなのに"not"という動詞の否定後が入っており文法的に変ですが、それは、本質的な問題ではありません。
問題は、"connecting path"が、漠然としており、説明抜きに唐突に出てくることです。
接続通路と書けば、『何に接続する通路なの?』と考えるのは、アメリカ人にも共通の思考だと思います。
では、アメリカ人に通じるように書くにはどうしたらいいか?
『この入り口からは、上野広小路、上野、稲荷町、田原町、浅草の各駅に行くことができます。
神田、三越前、日本橋、京橋、銀座、新橋、虎ノ門、溜池山王、赤坂見附、青山一丁目、外苑前、表参道、渋谷の各駅に行くには、道路を渡った1番または2番から入ってください。』
と記述し、地図を付けるというのが正しい翻訳でしょう。
こうなると、もはや翻訳とは呼べませんが。

どれだけ性能の良いオーディオ装置を使っても録音の悪い音楽ソースを良い音で再生することができないのと同様、出来の悪い日本語を完璧に翻訳しても出来の悪い英語になるだけの話です。
こういう当たり前のことが理解されていない事例があまりにも多いように思います。


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238631865
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Kuni at 2018-07-01 23:42 x
ほんとに、駅の案内は、不親切です。余計な言語を、看板に書くコストを使えるなら、日本語の案内標識もわかりやすくですね。
英語の前に、日本人に聞いても良いと思います。私、電車は数年に1度しか乗りません。
この前、新宿東口に行くのに分からず駅員に聞きました。40年前ぐらいから、新宿の構造は進歩していないなぁと。
Commented by mcap-cr at 2018-07-02 06:53
> Kuniさん
新宿駅は特にひどいですね。
あと、JR関係は不親切なのが多いです。特に、JRを除く私鉄への通路を省略したり小さく書いたりというのに閉口します。
あと、『連絡通路』みたいな、無理に簡略化した用語が多いと思います。
鉄道関係の特定外国語表記は特に不要と思いますが、先日、警視庁の詐欺犯罪被害喚起広告に特定外国語の表記を発見し(英語はなし)、これは警視庁が必要だと判断して書いたのだろうと感心してしまいました。
by mcap-cr | 2018-07-01 18:51 | 外国語 | Trackback | Comments(2)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR