スーパーコンピュータランキング

二位じゃダメなんですか?

という有名な言葉を残したどこかの国のスパイ議員がいましたが、こんな記事を見付けました。

韓国のスーパーコンピュータは世界11位…日本は?
2018年07月04日08時53分

世界スーパーコンピュータ(スパコン)戦争が熾烈を極める中、米国が5年ぶりに中国スーパーコンピュータを抜いて1位に返り咲いた。

国際スーパーコンピュータ学会(ISC)は先月25日、ドイツ・フランクフルトで開かれた「2018国際スーパーコンピュータ学術大会(ISC High Performance 2018)」で米国エネルギー省オークリッジ国立研究所の「サミット(summit)」が世界最高性能のスーパーコンピュータだと発表した。

サミットは1秒に12京2000兆回の演算ができる実行性能122.3ペタフロップス(Pflops)で1位に君臨した。昨年の発表まで1位を占めていた中国の「神威・太湖之光」(93Pflops)に比べて2倍以上の演算速度を誇る。韓国の「ヌリオン」は11位で史上最高の成績を、日本の「AI橋渡しクラウド(ABCI)」は5位という成績を収めた。

スーパーコンピュータ最多保有国は中国が占めた。中国はTop 500のうち206台で全体41.2%を占め、米国は124台(24.8%)で2位を記録した。続いて日本36台、英国22台、ドイツ21台となっている。
スーパーコンピュータが何位かを競うのは本末転倒だと思っていますが、開発にあたって得るものは大きいでしょう。
ペタフロップスの値が大きくても実用的な計算は苦手、なんていうのもランクの上位にあるらしいですが、それはそれで無駄な開発と投資をご苦労様と思います。
スーパーコンピュータに限らず、重要なのは、それを使ったアプリケーションの成果です。
以前米国の大学院にいたときに、修士論文の計算をするのに、スーパーコンピュータに計算させる方法があることを、指導の先生から教わりました。
研究の目的を書いてアカウントを申請して、バッチで計算処理を依頼すると、翌朝に計算が終わっている...という感じでした。
当時は、CPUがPentium90MHz、これに、RAMを16MBと奮発して、軽自動車が買えるくらいのパソコンを使って計算させていました。
1事例計算するのに5時間くらいかかっていましたが、それでも、カリフォルニア工科大学のワークステーションにリモートログインして計算させる(たまたま知り合いが来ていたので彼のアカウントを使って計算させた)よりはずっと高速でした。
スーパーコンピュータにバッチコマンドを入れて一晩待ってしょうもない計算違いをしていたら面白くないので、パソコンを使って夜通し計算させていました。
パソコンでできる計算をスーパーコンピュータにさせても生産性はありませんよね。

スーパーコンピュータには、ふさわしいアプリケーションがあり、そこに活用しなければ、存在意義がありません。
スーパーコンピュータの使い道に気象の計算があって、これなんかは、現在のスーパーコンピュータを持ってしてもまだ能力が足りないそうです。
上記の記事は中央日報で、どうでもいい日本との比較が書いてありました。
コメントを見ると結構荒れていて、気象の計算もできないのに、スーパーコンピュータなんか要らないだろう、という侮辱のコメントもありました。そういうコメントは意味がないし見苦しいのでやめたほうがいいです。

スーパーコンピュータには、分割要素数と計算ステップ数の多い計算プログラムを実行するのに向いているでしょう。
気象の計算とか、流体力学とかが向いていると思います。
天文学の計算なんかだと意外に計算時間がかからないそうで、結構前に、233MHzのCPUのパソコンで、Excelでシミュレーションできている(本当か?)なんていうのをNHKの番組でやっていました(胡散臭さ100dBくらいかな?)。
確かに、微分方程式でない数式で記述できる(微分方程式も解析に解けるのであればExcelみたいなスローなソフトでも簡単に計算できる)のであれば、遅いパソコンでも十分速く計算できます。

現在の競争を見ていると、仕様値で勝つための開発をしているような虚しさが透けて見えます。

スーパーコンピュータそのものではなく、アプリケーションのほうで勝負してほしいなあ。
比較指標がないので、スペックしかわからない人には訴求力がないのですけどね。





[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238637816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Kuni at 2018-07-08 21:25 x
1位じゃなければ、ダメですね。スーパー堤防も無くてはならない。
中国のスーパーコンピューターは、脅威ではないようです。
ドイツ車のごとく、この測定用のプログラムに最適化されていて、
実際に使用する時のパフォーマンスは低いようです。
日本も全ての足枷が外れたら、様々な分野で独走するのでは?
Commented by mcap-cr at 2018-07-09 06:28
> Kuniさん
やはり目指すのは一位なのでしょうね。
一位は維持するのが大変ですが返り咲いてほしいと思います。
評価ソフトもパソコンのようにいろいろな評価基準が欲しいですね。
日本は、邪魔しかしない野盗と国益を考えない役人を駆除出来たら一位に返り咲く部門が続々と出てくるのでしょうね。
by mcap-cr | 2018-07-08 18:21 | コンピュータ関連 | Trackback | Comments(2)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR