PdfShufflerは便利だった

仕事でPDFファイルを扱うことは多いです。
そういう需要は、ずっと以前からあったようで、マイクロソフトオフィスがPDF変換に対応するだいぶん前からOpenOffice/LibreOfficeはPDF変換に対応していました。
相手方からもらったファイルを加工したいという場合はありますが、マイクロソフトワードなんかで作った文書は、図が入っているとグダグダなことがすくなくありません。
PDFに変換してあれば、重いとかそういう問題があっても表示不可能みたいなことは起こりません。
仕事で加工できるファイルでやり取りするのは問題も起こしがちなので、積極的に加工してほしい場合を除くとPDF変換してから渡すのが良いと思います。

PDFファイルから要らないページを削除したり、他のPDFと混ぜたり、ページの順序を変えたりしたい場合が往々にあります。
そんなときは、WindowsのフリーウェアのConcatPDFを使ったり、iLovePDFというサイトを使ってウェブ上で加工したりしていました。
ConcatPDFはとても便利で重宝しますが、ページの回転はできないし、ページ番号情報だけで作業しなければならないのでもうちょっと機能が付けば嬉しいと思っていました。
iLovePDFは便利ですが、モバイル環境にはちょっと優しくありません。

ということで、Linuxのソフトを使ってみたら、これが超々便利なものでした。
機能としてはAdobePDFみたいな感じです。
今回使ったのは、PdfShufflerです。
a0246407_07113887.jpg
これだったらWindowsPCにLinuxの仮想環境を作って使おうかしら、と思うほどです。
説明抜きに直感で操作できるところもグーです。


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238640409
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by mcap-cr | 2018-07-12 19:58 | コンピュータソフト | Trackback | Comments(0)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR