裏口入学

文部省役人の子供の裏口入学の問題がニュースになってきました。

東京医大が裏口入学リスト…受験生や親の名前
2018年07月13日 07時06分

 文部科学省の私立大学支援事業を巡る汚職事件に絡み、受託収賄容疑で逮捕された同省前局長の佐野太容疑者(58)の息子を不正に合格させたとされる東京医科大学(東京)が、過去に不正合格させた受験生やその親の名前などが書かれた「裏口入学リスト」を作成していたことが関係者の話でわかった。東京地検特捜部は、同大側から複数のリストを入手しており、同大が不正入試を繰り返していたとみて調べている。

 特捜部の発表などでは、同大の臼井正彦前理事長(77)は、佐野容疑者に同省の私大支援事業の選定に便宜を図ってもらうよう依頼。その見返りとして、鈴木衛前学長(69)とともに、今年2月の入試で佐野容疑者の息子の点数を加算して合格させるよう学内で指示したとされる。2人は特捜部の任意の事情聴取にこうした経緯を認めている。
こういう話題が出ると、『不正を洗い直せ』という人が多いのですが、私は違った見方をしています。

そもそも入学試験が必要なのか?
医大の場合は、国家試験に受からなければ医師免許をとれないのですから、入学の経緯が何であったとしても、医師になった人は、最終的には必要な過程を終了して試験に合格した人です。
教える側の受入施設や体制の問題があるとは思うので、むしろトップのひと握りと絶対に卒業まで行けないような人を除いては、寄付金の多寡とかくじ引きで決めるほうがいいのではないでしょうか?

医大のような特殊な分野を除くと、大学卒業者もいろいろです。
いろいろと幅が広いのは、卒業が簡単すぎるからです。
卒業を難しくしてしまえば、入学時に揉める必要はありません。
むしろそのほうが全体のレベルが上がっていいのではないでしょうか?

上記の医大の裏口入学で問題なのは、制度になっていないことを隠してやった、ということでしょう。
むしろ、寄付金枠という入学枠を作ったほうがいいのではないかと思います。
勉強できる人は、国立大学法人を選んだり、試験枠で通ればいいだけの話ですから。

不正やってもしょうがないというシステムを作るべきなんだろうと思います。



[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238653079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kuni at 2018-07-13 23:51 x
もう大学も高校並みに、学費を安くしても良いと思います。
勿論、頭が良い人は、国立大学で更に安く。私の頃と、大学進学率が桁違いになってますもん。
私もアメリカみたいに、卒業試験を、今の入学試験並みにした方が良いと思う。
大学行って、卒業出来ないのは、授業料の無駄になると、親も子供も負担が大きい。
それで、授業を安くです。そろそろ、一つが秀でてれば、他教科は参考採点で良いのでは。
数学だけは、超凄いとか、物理が凄いとか、そんな人材を育てた方が良い。
均一化は、企業にとって使いやすいってだけで、個人の特色を生かした世の中になると良いなと思ってます。
Commented by mcap-cr at 2018-07-14 10:42
> Kuniさん
アメリカと比較すると日本の大学の学費はものすごく安いですね。
しかし、アメリカのほうが授業料免除や講義補助による奨学金の制度が進んでいて、優秀ならお金を掛けずに終了することが可能になっています。
一応日本も教養で3回留年すると放校という制度がありますが、アメリカ並みに平均点不良で退学のほうが無駄が少いですね。
国立大学は、授業料を下げて、代わりに卒業を厳しくするのがいいのだろうと思います。
教授の好き放題できないように、外部の監査が必要だと思います。
by mcap-cr | 2018-07-13 19:05 | その他 | Trackback | Comments(2)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR