銘器に音を似せるか。なるほど。

音工房Zのメルマガが最近面白いです。
今回は、往年の銘器に音を似せて社内ブラインドテストで比較するという記事でした。
メルマガに登録している人しか読めないので、自分勝手にまとめてみました。

ヤマハのNS-1000Mというロングセラー機を手本として似た音を作った。
作ったモデルのユニットはここには書きませんが、かなり贅沢をしています。
NS-1000Mよりもコストが大きそうです。
音が似ているところまで追い込んだ状態で、どちらが鳴っているか分からないようにして同じソースを鳴らしてどちらが好きかを決め、集計する。
開発者の意見を除いてほぼ互角になった。

こんなところでしょうか。

NS-1000Mは、私も購入検討対象にしたことがあります。
その時は秋葉原のお店で比較して、NS-1000Mは、あまり気に入らず、オンキョーのMONITOR2000というのを買いました。
そのとき一番欲しかったのはヤマハのNS-1000X(1000Mの後継機)だったのですが、MONITOR2000のほうが安かったし、コストがかかっていそうに感じたのでそちらを選びました。
結局MONITOR2000も自宅(会社の4畳半の寮)では真価を発揮させることができずに友達に無償で譲りました。
いま考えてみると、オーディオ店の比較で決めるのは無駄な試聴だったのですが、当時は部屋の大切さなんか意識していなかったので、しょうがないことでしょう。
そのオーディオ店の環境でNS-1000Mを聞いた印象では、欲しいとは思いませんでしたし、自分の周囲に聞いてみてもNS-1000Mは薦められませんでした。

大山さんの比較システムを見ると、NS-1000Mではなく、もうちょっと高価な数百万円級を相手にできそうです。
NS-1000Mに似せないでもっといい音に感じるように作るほうが簡単でしょう。

大山さんのシステムの写真を見て思ったのは、開発機ということもあり、テクニクスの初期型リニアフェイズみたいな分離型になっていることです。
テクニクスの初期型リニアフェーズはあまり売れなかったそうです。
オーディオメーカーの腕の見せどころは製品の形にもあります。
音が良くてもテクニクス初期型リニアフェイズでは売れないと思います。
オーディオはやっぱり家具なのです。

数百万円の高額機を置いておくのは難しいでしょうが、せっかくなら500万円級の音を100万円の売値で作るほうが現実的なのではないかと思います。
500万円のスピーカーではハイエンドとは呼べませんが、高級機でしょう。

実際には、大山さんのシステムのスピーカー部品を使えば音工房Zでは、そのくらいの音は出せるでしょう(こういってしまうと身も蓋もありませんが、オーディオマニアにとって価格は性能よりも重要な指標なので、ブラインドテストで選べば価格順にはならないはずです。)。
NS-1000Mという中途半端な目標はかえって大変なのではないかと思います。

これから商品開発をどうするのか、大山さんの腕のみせどころですね。


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238655130
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kuni at 2018-07-16 10:31 x
数百万の音を聞いてみたいです。でも、聞いちゃダメな気もします。
スーパーツィーターのスピーカー、何でも量産品は良い素材を使っていたりしますね。その分、見えない部分は安い。
量産品は、必要以上の事もしない。アンプも量産品であっても、電子部品の選別で組み立てたら良い音がしそう。
そう考えると、当たり外れがあるのでしょうね。CPUもLEDも出来によって値段が違いますもんね。
WindowsphoneからiPhoneに替えました。文字入力は、Windowsphoneの方が早いです。
ゲームしないので、Windowsphoneで良かったのですが、サポートも切れるのと、音声操作が出来ないので買い替え。
スペアナのアプリで、FF225WK+ツィーターを測定してみました。ポートじゃなくて、コーンから40Hzが出てました。
1KHzから下と上で、5db違う。上の方が低いです。その違い以外は、フラットでした。箱だけ作り変えようかなと思ってます。
Commented by mcap-cr at 2018-07-16 17:29
Kuniさん
数百万円の音はそれなりの部屋で聴かないと真価が出ません。オーディオ店で聴けますが意味ないかもしれませんね。
40Hzはレベルが低いかもしれません。ポートの設計を変えればいいところに行くと思います。
by mcap-cr | 2018-07-15 15:25 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(2)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR