党名ロンダリング

日本では、民主党→民進党→希望の党、立憲民主党、民進残党に分裂→希望の党と民進残党がくっついて国民民主党、のように同じ母体が名前を変えて何度も出直しています。
この人達にとってみれば、名前にはアイデンティティーがなく、XXの名の下に死力を尽くすこともないようです。
失敗したって、通名変えてリセット、なのでしょう。
民進党になってから民主党時代と言っていることが違うと指摘されても、別の党だと、平然と言っていたのには唖然としました。

そういえば、お隣の国も、通名変えてリセットという文化みたいです。
ずっと昔に、民自党なんて、自民党のパクリみたいな政党がありました。
ハンナラ党、セヌリ党なんていうのもあったと思いますが、どうなったのかな?
セヌリ党は、朴槿恵の政党でしたが、引きずり降ろされて分裂したのでしょうか?
今は、共に民主党というのが政権政党ですが、これもどうなるのか?
ローソクデモで引きずり降ろされるか、北朝鮮に飲み込まれて粛清されるか、地下組織みたいだなあ。

日本文化は名前を大切にします。
会社名が変わっても、なるべくどこかに元の名前を残すようにします。
名前を変えてリセットって、単に責任逃れみたいでどうもしっくりきません。
名称をロンダリングしている党に投票する人がいるのを見ると、日本が日本でなくなるような気がします。


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238659637
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2018-07-29 19:44 | 政治 | Trackback | Comments(0)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR