フランス旅行(4)

ルーアンの大聖堂の後は、オンフルールという街に泊まりました。
ホテルの部屋の窓から見た景色はなかなかでした。
a0246407_20215265.jpg
翌日は、ノルマンディーらしい海岸に行きました。
a0246407_20233682.jpg
ここで1枚。証拠写真です。

この日の夕食は、パック旅行ではなく自分でレストランでした。
本格的なフランス料理のコースでした。
前菜です。
a0246407_20293291.jpg
写真ではわかりませんが、パテを使った肉料にりんごのソースを使っています。
これが、ものすごく甘い(虎屋の羊羹より甘いかなというくらい)のに驚きましたが、もっと驚いたのは、美味いことです。
ここまで甘く作って、しかも美味いってちょっとあり得ない感覚です。
フランス料理は奥が深い...
a0246407_20293563.jpg
メイン。これも美味いです。
でも前菜のインパクトが強すぎて、印象が薄れました。
デザートです。
a0246407_20293895.jpg
これも美味いです。
ちょっと量が多すぎて食べきれませんでした。
大食いの胃袋が必要です。

続きます。

[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238703809
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Kuni at 2018-08-17 01:01 x
ノルマンディー、本当に切り立った場所なんですね。

料理に味噌汁が無いと、食べたって気にならないかもしれないです。
Commented by mcap-cr at 2018-08-17 08:24
> Kuniさん
ノルマンディーは、切り立った部分と普通の砂浜の部分とがありました。
ノルマンディーだと思うから良く感じるという要素も否定できないと思います。
日本国内にも風光明媚な場所が多いので、景色だったら国内でも楽しめますね。

私は味噌汁が恋しいタイプではないので、あまり欲しいとは思いませんでしたが、フランス料理が続いたらざるそばが恋しくなりました。
by mcap-cr | 2018-08-15 19:20 | 旅行 | Trackback | Comments(2)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR