太陽光発電に必要な規制を考えてみた

明日は、スピーカー再生技術研究会のオフ会です~。
ご興味のある方は是非ともいらしてくださいね。


このブログからリンクしている、おーたんの自作オーディオ・カイト・SVXの記事を読んで、日頃から考えている太陽光発電の問題点について書いてみたくなりました。

太陽光発電は、いわゆる再生可能エネルギーの一翼を担う技術として政策的に担がれてきました。
もちろん技術的にも用途はたくさんあるのですが、日本の場合には、むしろ政策的な意図が大きいと考えています。
太陽光発電を普及させるために、民主党の菅直人首相は、孫正義ソフトバンクと組んで、電力の買取制度を始めました
その中の中核は太陽光発電です。
自分の敷地内に川が流れていたとしても、勝手に川の流れに影響を与えるものを設置してはならないので、水車のような水力発電はできません。
風力発電を実施するには、羽根の径が大きく、強度が十分な構造物を建築する必要があり、一般家庭に普及させるのは現実的ではありません。
これは、計算してみると簡単ではないことがわかります。
そこで太陽光発電の登場です。
パネルを設置と電気回路を構成すれば発電機になるので、これなら一般家庭にも設置しやすい。
しかし、ここで、阿呆な民主党は、安全性を無視しました。

まず、太陽光発電装置を建築基準法の対象外にしたので、台風などで容易に吹き飛び、また、基礎を作らないので、堤防を決壊させて大災害を引き起こしました。
また、太陽光発電パネルは、壊れて飛んで行っても発電は続けるので二次災害を引き起こします。
そもそもパネル自体が環境に悪いですし。
こんなことは、ふつうの技術者だったら誰でも考えることで、いくら阿呆な民主党政権であっても、多少は知恵のある官僚から助言はされたでしょう。
しかし、権力を与えてられたらどんな不正でもやってやろうという連中には正論は通じません。
太陽光パネルは民主党の大好きな特定アジア諸国で生産されています
大した技術は必要ないので、特定アジア諸国でも生産でき、日本の資金を特定アジアに移動させるにはもってこいの政策でした。
では、こいつらの利益をどこから出させるかというと、日本国内の電力ユーザーです。
異常に高額な買取単価は、電力会社のコストになり、それが電力料金の値上げとなります。

太陽光発電の問題はこれだけではありません。

太陽光発電は、発電量が安定しないため、電力会社が、別な発電装置の負荷を太陽光発電量の増減(いわば、制御の中では『ノイズ』に相当)に対処しなければなりません。
太陽が陰ったから冷房を止めたり太陽が出たから冷房を付けたりという運転は、ふつうはしないので、通常の条件では電力需要の変化はさほど速くありませんが、太陽光パネルの発電量は、急激に変化し、電力会社の制御に対しては重大なノイズになります。
これもコストがかかります。

技術的には、太陽光発電は、自家消費するのがベストであり、こういう質のバラツキの大きな低品質の電力を、高品質の商用電力に混ぜて使うべきではありません。
ただし夏の太陽光が強い場合には暑いので、その発電電力で直接エアコンのコンプレッサを駆動することは理に適っています。
もちろん家電としてのエアコンにその機能を取り入れることがビジネスとして適切かどうかは別問題です。
電力供給量の変動がトラブルを引き起こす可能性が高いのでメーカーは対応しないかもしれませんが。

簡単なのは、そのまま熱にして水などに熱エネルギーをためることです。
蓄積したエネルギーは、電力会社の負担にはなりません。
となると、直接熱利用すればいいだけで、いったん電気に変えるメリットはありません。

こう考えてみると、太陽光発電は、エコとは対極にあると云ってもいいのでしょう。

どうしてこんなバカな制度になっているかというと、騙される人が多いからです。

  • 一部分だけを切り取った、原発は危険であるというデマ
  • 再生可能エネルギーがエコであるという刷り込み
  • すべての技術にメリットとデメリットがあるのに、全体を勘案して採否を決めるための情報の隠蔽


こういうのは、すべてマスコミによる騙しなわけす。


騙される側にも責任がある訳で...
書いてきて疲れた...

で、私が考える必要な規制とは:

  1. 建築基準法を適用する
  2. 定期点検を義務化する
  3. 管理責任者の資格(熱エネルギ管理士なんかがいいのかな?)を定める
  4. 資格のある管理責任者を置くことを義務化する
  5. 自然災害を含め、発生した損害に対する賠償を義務化する(訴求法はできないので、Xか月以内に事業を廃止しない場合には過去の損害も賠償するようにすればいいでしょう)
  6. 廃棄時にリサイクル法を適用する

特に業務としてやっている業者が悪質なのでこれくらいやらなければやめないでしょう。
いずれにしても反エコである太陽光発電は自家使用以外廃止の方向がいいでしょう。





[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238791635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2018-10-06 06:25 | 科学 | Trackback | Comments(0)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR