スピーカー再生技術研究会文京支部を作りたい...

スピーカー再生技術研究会は、中野支部長の加藤さんのご尽力で会場を借りることが出来ています。
しかし、中野支部だけで会場確保するのも難しそうです。
ということで、予備の会場を確保する手段を考えてみました。

第一回は、文京区のアカデミー湯島で発表会が出来ました。
これは、個人資格で借りていたので、直前になって空いていたので借りることができただけです。
文京区にもアカデミー湯島(湯島小学校の一角)以外の会場が複数あります。
そちらのほうは湯島より更に人気が高いので、とても借りることができません。
借りやすくするには、社会教育団体を立ち上げなければなりません。
社会教育団体として登録すれば、もっと前から予約できます。
今の私の立場は個人資格なので直前になって空いていれば借りることができるというだけです。
文京区の場合、社会教育団体の条件が面倒です。
団体の構成員(こう書くと暴力団みたいだなあ)が10名以上、かつ区内在住者か区内に勤務する人が半数以上という条件が付きます。
私の家族は全部で2名、子供がいないので近所付き合いはほとんどありません。
同じ集合住宅の人とは顔見知りですが、協力をお願いするほどの付き合いはありません。
条件を満たすには最低あと3名は必要です。
スピーカー再生技術研究会に登録していただいている方はおよそ150名ですが、文京区在住は私だけです。
ひょっとしたら文京区に勤めている方はいらっしゃるかもしれませんが、そういう個人情報は持っていない(持ちたくないし)のでわかりません。

区外の会員を確保するのは簡単ですが、文京支部をつくるにはあと3名必要です。
全部で10名以上とはいいながら区外の会員を増やすと区内の会員も増やさなければならないので大変です。

どなたか、文京区在住または勤務で興味のある方はいらっしゃいませんか?


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238801320
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2018-10-14 07:30 | オフ会 | Trackback | Comments(0)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR