Dropbox対応でヘトヘト

以前、Dropboxから、LinuxのサポートはファイルシステムをEXT4だけにするからそのつもりで...というようなメールが来ていました。
EXT4は、既に古いファイルシステムで、現在ではXFSとかBtfsを使うのが多くなっています。
私が使用しているOpenSuse Leap42.3は、Dropboxを置いているパーティション/home のファイルシステムはBtfsです。
インターネットで調べてみると、検索結果で出てくるのは英語の記事ばっかいですが、読んでいくと、新しいファイルシステムにしないことに対する不満ばっかりです。
こういう意見もあれば、Dropboxも考え直すかと思いしばらく様子を見ていました。
しかし、考え直す気はないようです。
もう11月7日から、LinuxではEXT4を除くファイルシステムを切り捨てるようになります。
WindowsでもNTFS以外のファイルシステムは切り捨てるようなので、VFATで使っている人は要注意です。
Windowsの場合、データドライブのパーティションが分離されていない場合が多いと思うので最悪システム再インストールになりそうです。
ということで已む無くLinuxのファイルシステムを変更することにしました。

まず、Fedora28のシステムをチェックすると幸いなことにこちらの/home パーティションは、EXT4でフォーマットされています。これはOK。
ということで、デュアルブートである2台のPCをどうするか、ここが考えどころになります。
考えた結果、まず、1台は、Linuxシステムを再インストールすることにしました。
OpenSuseは、既に新しいバージョンが出ているからです。
元は、OpenSuse Leap 42.3というものでしたが、新しいのは、OpenSuse Leap 15となっています。何故?
それはさておいて、DVDのインストールメディアを作るのは無駄なので、SDカードにイメージを書き込みました。
んんんん....
BIOSの起動順序を変えても起動しません。
何故かSDカードからは起動できないみたいです。
WindowsはUSBメモリから起動してインストールしたのですが、なぜかSDからは起動しない...
PCはHPのHP-15ba000というモデルです。
しょうがないので無駄にDVDにインストールイメージを焼き付けて再挑戦すると、インストールそのものはできました。
今のインストールプログラムは古いものよりわかりにくいです。
基本が自動パーティショニングなので、手動で設定するのが面倒です。
何とかインストールしましたが、ディスクを入れていないとWindowsしか起動しません。
何度かトライしているうちにWindowsも起動しなくなりました。
消してはいけないパーティションを消したみたいです。
起動しない原因はあとから分かるのですが、BIOSの中にブートローダーの優先順位設定があって、Windows優先にしていたためだったようです。
しょうがないのでWindowsを再インストールします。
データはほとんどが、OneDriveとDropboxに入っているので問題ありませんが、面倒です。
WindowsはUSBメモリからインストールできるのでラクですが、インストールプログラムがアホなので、見ていない間に再起動して再びインストールプログラムが起動しました。
気付かずに2度も同じことを...
かつては、再起動前に、ディスクを抜けという指示が出たものですが...
今は勝手に再起動して再びインストールプログラムが始まる仕様になっています。
どうみてもWindowsは劣化しています。

Windowsを完全設定してからLinuxを入れると失敗したときが面倒なので、最低限必要なNortonとブラウザのSeamonkey(間抜けなEdgeを使うのが嫌なので)だけをインストールして何回か起動を確認してからようやくOpenSuse Leap15をインストールしました。
今回は、前の失敗を繰り返さないために、WindowsからディスクのLinuxパーティションを消しました。
Windowsは、自分を傷付けることができない仕様になっているからです。
これはWindowsのお利口なところです(融通が利かないということでもありますが)。

また、インストール時の失敗を避けるため、最初は、/home パーティションをデフォルトのBtfsのままインストールしました。

完全に起動した後に、
SDカードをEXT4でフォーマットする
/homeの内容をSDカードにコピーする
/homeをSDカードに移す(/etc/fstabを編集して再起動)
元の/homeパーティションをEXT4でフォーマットする
SDにコピーした内容を、EXT4にフォーマットしたパーティションにコピーする
EXT4のフォーマットを/homeにマウントする(/etc/fstabを編集して再起動)

という手順です。

これで、何とか、/homeパーティションがEXT4になったので、Dropbox対応になりました。

最初に書いたように、そのままでは、Windowsしか起動しないので、BIOSのブートローダーをOpenSuseが最優先になるように設定しました。

まだまだ壊してしまったWindowsのセットアップとLinuxでのOneDriveセットアップなどいろいろあります。
HP 15-ba000は、グラフィックドライバーをダウンロードして適用しないと外部モニターが使えないので要注意です(すっかり忘れていました)。
まだ、OpenSuse Leap 15でのOneDriveの設定ができていません。
前回42.3でうまくいっていたのが何か問題がでたようです。

疲れるなあ...

愚痴.....
今の、インターネットビジネスの収入源の重要な部分がインターネットドライブになっているようです。
スマホを買うと、インターネットドライブが付与されますが、あっという間にいっぱいにな容量しか無料では使えません。
スマホの写真画像データが無駄に大きいのは、インターネットドライブを買わせるためと思います。
スマホで写真をたくさん撮る人は、自分でバックアップするとかの対策が必要です。
最近は、必要十分から『過大不必要かつ不必要なための不便』へと誘導されているようです。
要注意です。

[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238827959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2018-10-29 06:31 | Linux | Trackback | Comments(0)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR