OM-MF5の音

Stereo誌のムックにあるOM-MF5のはなしです。
私は全部で5セットも購入してしまいましたが、巷での評判もすこぶる良いようです。
が、しかし...
最近は、このユニットについては諦めモードです。
気に入って使われている方には申し訳ないと思うようなエントリーですが、音の分からない素人の妄言なのでお許しください。

デジタル創生期の音の記憶というエントリーで、OM-MF5の音は初期のCDのデモの音を思い出すということを書きました。
このOM-MF5は、5セット購入していますが、聴くたびに感想が変わってきています。

おっ!楽器の音を分離して聞かせる。
これがオーディオ評論家が書いているいい音か?
聴きなれるとそんなにいい訳じゃないか?
初期のCDのデモの音みたいだなあ。
ちょっと音の癖が強いなあ。
我慢して聴いてみるか。
ひょっとして、楽器の音を分離して聴かせるのは音が悪いってこと?
聴くに耐えない。もう無理。←いまここ

Stereo誌付録のLXA-OT1の騒ぎを思い出しました。
某オーディオ掲示板で、高級プリアンプに組合せて使えという人が出たりしました。
LXA-OT3は、付録基板の他にちゃんとした筐体が必要だし、出力低いし、プリアンプが付属していないので、プリメインアンプになるように組上げたら、出力が10倍あるローエンドのプリメインアンプより高価になってしまいます。
つまり、全然お買い得な価格設定じゃないという気もするのですが、最近は話題にならないので、皆さんも買い得だったと使い続けている訳ではないのでしょうか?
ちなみに私は節電のために使い続けてますが、瞬間的にパワーが入ると破綻してしまいます。
オーディオは期待と思い込みのバイアスが強くかかるので、落ち着いて聞くとどうってことないものが素晴らしく聞こえたりします。

OM-MF5の音は、ちょっと聞いた感じは素晴らしいのですが、いちど癖っぽく感じるともう耐えられなくなります。
特に参ったのは、ファドのCDでした。
Best of Marizaというアルバムです。
他のシステムで聞くといい感じだったのですが、OM-MF5に替えたとたん、耳にキンキン来て止めてしまいました。
それ以降は、何を聞いても数分も聞いていられません。
とても自宅で長く聴く音ではありません。
箱の作りが悪いという可能性もありますが、気になるのは中高音なので、箱の造り造りとは直接関係ないと思います。
このシステムは、あとで別なユニットに替えることになりそうです。

ここで根本的な疑問を持ったのは、定説になっている

楽器の音を分離して聴かせるのは性能の良さか?

という命題です。
自分の他のシステムは、メインを含め、楽器の音を分離して聴かせるタイプではありません。
しかし、このOM-MF5の音を聞いてから、

『ひょっとして、忠実に再生すると音を分離して聴かせないのではないか?』

と思うようになりました。
というのは、前提となる事実として、ホールで聴くと楽器の音は分離されて聞こえません。
見えている楽器の音が聞こえなかったり、別なところから聞こえたり、自分の耳はどうかしたのか?と思うほどです。
楽器の直接音は、見えているところから届きますが、ホールでは、間接音がいろいろな経路で届くので音像が曖昧になります。
マルチ・モノ録音のように個別のマイクロホンを使っている場合は別として、ひとつのマイクロホンで広い範囲をカバーするような収録のものは、ホールで聴く音に近いはずです。
間接音は、定位をあいまいにするので、ひょっとしたら、こうした微妙な間接音が弱いと、楽器の定位が明瞭に聞こえるのかもしれません。
(ちゃんとした根拠はないですよ。)

オーディオ的ないい音論に疑問を感じさせてくれた製品でした。


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/238843159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2018-11-09 06:14 | オーディオ一般 | Trackback | Comments(0)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR