交通インフラ

先週は、体中が痛くて安静にしていましたが、今日は痛みがとれて鎮痛剤も飲まずにられるので、千葉の母のところまでゴミ捨てに行くことにしました。
起きるのは平日と同じ4時です。
いつもよりは少し遅い5時57分発の地下鉄に乗って、三越前駅で総武快速線成田空港行きに乗り換えます。
それで四街道駅に着くのが7時ちょうどと、これ以上早く着くのは困難ですが、これでも、駅から先は公共交通機関がないので、タクシーがあればタクシーに乗り、なければ二十数分を歩かなければなりません。
ゴミは8時までに出さなければならないので、かなり厳しい状況です。
母の住む場所は、四十数年前に不動産デベロッパーが売り出した新興住宅地案件ですが、それから公共交通機関が全く整備されません。
住み始めた当初は自動車を使ったりできた人ももう運転できない年齢になっています。
そして公共交通機関がない...
こういう無責任な不動産物件を売り出したところに責任を取らせることはできないのでしょうか?
クズ地を開拓して売ったのですからさぞかし儲かったでしょう。
騙される方も騙される方ですが、不動産の販売には、もっと制約を掛けなければならないと思います。
同様に、バスを増やさなければなりません。
まず、バス路線がないというのは行政側の責任でもあります。
自家用車を運転できなくなった人をどうするか、自己責任で済ませるのは無責任と思います。
もちろん後先考えずにクズ地を買ってその後対策を取らなかったほうが悪いのですが、現実には似たような状況も多いと思います。

そもそも、バスはどうして利益を出せないのか?
いろいろ理由はあるでしょうが、そのうちのひとつは、不便なので自己防衛して代替手段をとってしまうからです。
便利だったら自ずと利用客は増えるはずです。
要は、バス会社が自分から客を減らしている。
バス路線の見直しも必要です。
四街道駅の例を見るとナントカ団地行きみたいなのが多いですが、こういうのは路線をまとめて複数の住宅地を経由させても良いはずです。
そうすれば、コストを減らしながら、バス本数を増やすことができます。
乗車時間が増えても本数が増えるほうが普通は有り難いはずです。
その程度のことも分からないので千葉のバス会社はジリ貧なのでしょう。
神奈川ではもっとうまくやっているように見えます。

何はともあれやっと到着するとすぐにゴミ捨てです。
今日は、冷蔵庫の不要物廃棄もありました。
野菜室がブラックボックスになっていました。
上にものがあるのですが掘ったら本当にブラックボックスでした。
中身を全部捨ててゴシゴシと洗いました。
洗いました。
洗いました。
...

高齢者用冷蔵庫の開発が急務です。
1列しか収容できない薄型。
そうすれば不要なものを捨てるまで次のものが入りません。

商品開発の発想を変えなければなりません。
冷蔵庫の容量なんか小さいほうがいいです。
貯めておいてもいいことなんかありません。

こういうのはオーディオ業界にも当て嵌まるのでしょう。
中途半端に高価だから捨てるのに躊躇する。
絶対に使わないような高出力だから大きくて重い。
たかがCD鳴らすのにどうして大きくて重いのが必要なのか...
まあ腐敗しないだけマシですが...

もう発想を変える時代が来ていることに気付きました。
こういう苦境はチャンスでもあります。


[PR]
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239058064
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro-osawa at 2019-01-13 01:39
バス会社は全国的にドライバーの高齢化が進み、人材不足から運航ダイヤの縮小、廃線が進んでいると報道がありました また超過勤務による過労運転、安全の確保も限界みたいです
旧態依然としたローカル交通インフラも昨今の社会事情に対応した形がとられないと経営成り立ってゆかなくなったみたいです
格安航空会社みたいに、またアメリカのUBERみたいに、古い体質の既存の会社のやり方を打ち破るビジネスが登場しないと、交通の問題は地方過疎化へ直結してゆくように見えます
法整備によってマイクロバスの定期運行など安く安心して乗れるようにできないんでしょうか
Commented by mcap-cr at 2019-01-13 07:11
> hiro-osawaさん
ドライバーの超過勤務などは、経営者が触れたくない部分を避けてきた結果現場に負担が押付けられたというよくあるパターンだと思います。
都バスのような地方公共団体の経営は別としても、神奈川なんかは上手にバス会社を運用できているように感じます。
私は、バス会社には新しい発想で利益を出すことができると思うし、マイクロバス、あるいは、9人乗りくらいの乗用車で廻るというようなコスト削減もできると思います。
それに短期的には世論を味方につけて地方公共団体から補助金をとることも可能だと思います。
補助金では永続的なビジネスができないので、自力で利益を出す経営能力が求められているのだと思います。
by mcap-cr | 2019-01-12 14:33 | その他 | Trackback | Comments(2)

工学オーディオに取組むオカルト嫌いです。


by MCAP-CR