人気ブログランキング |

上位の人ほど代替が簡単

ゴーンの逮捕を見ていて常日頃から考えていたことを思い出しました。
最高責任者が逮捕されても、会社はビクともしません。
つまり最高責任者なんか代りがいくらでもいるということです。

会社組織は、株主を除くと代表取締役、取締役、それ以外の従業員や外注作業員等で構成されています。
実務という観点だけで考えると、この中で、いちばん代替が簡単なのは最上位にいる人です。
そして、下に行くほど代替が難しくなってきます。
実務的な観点で考えると、本当に決められたことしかできない作業員の代替は簡単ですが、自己の判断で考えながら行動を決めている従業員の代替は簡単ではありません。
もちろん、部署を廃止するとか、ユーザーを無視した決定を行う場合にはこの限りではありませんが、成績に大きく影響するでしょう。
自己の判断で行動を決める従業員の存在は、会社運営上は望ましくないのですが、特に日本の場合には、個人に依存する傾向が大きいと思います。
個人に依存するのは、不幸があったり辞められたりしたときにリスクが大きいですが、、ある意味上に行くほど無能になっていたりすると、そういうリスクを認識できずに放置し、クビをちらつかせて部下を恫喝していればいいなんていうことも起こります。
昔から、馬鹿な上官敵より怖い、なんていいますが、経営者が無能過ぎると会社はすぐに傾いてしまいます。
日産のような大きな会社は、多少上官が誤った方針で動いても下がカバーできてしまうくらい優秀なスタッフが多いでしょう。
代表取締役は、会社の代表としての行為をする必要がある場合には必要ですが、日産のような大きな会社で、そのような必要が生じることは稀でしょう。
実際に最高責任者のゴーンがいなくても組織は全く困っているように見えません。

日本は、かつて、勤労を重んじる文化でした。
それが、多少ズルしても上位に行けば勝ち、のような文化になって来たのだろうと思います。
全員で勤労を重んじて、能力の差があろうとも出来の悪い人の分を他の人がカバーして良い結果にもっていく。
こういうのが日本的社会主義だったのかもしれません。
社会主義を実装した結果どうなったかは歴史が語っていますが、勤労を重んじる文化があれば、社会主義の実装は可能になるのかもしれません。
ズルしても勝ちは勝ち、という文化では、何をやってもどうしようもありませんが。



トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239075425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2019-01-25 06:07 | その他 | Trackback | Comments(0)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る