人気ブログランキング |

ソフトウェア・シュレッダー

以前に『ノイズには色がないほうがいい』という記事を書きました。
文字の上に文字を書くと、何だか読めなくなるという例です。

個人情報を記載した廃紙が多いと、シュレッダに掛けたくなります。
しかし、シュレッダーを置くと場所を専有するので邪魔です。
そこで、シュレッダーハサミでちょこちょこと切ったり、上から手書きで変なことを書いたり、消しぽんのようなものをスタンプしたりして対応しますが、全体的に消したいものだと、簡単ではありません。
そこで、文字を印刷して読めなくなるツールを考えてみました。
その名は、ソフトウェア・シュレッダー。
こんなことは簡単なことなのですでにやっている人もいると思いますが、ネーミングに工夫するだけでちょっとビジネスっぽくなります。
いろいろやってみると、下のようなパターンがいいようです。
ソフトウェア・シュレッダー_a0246407_16172348.png
上の画像は一部ですが、これを全面に印刷します。
シュレッダーにかける代わりに、消したい面のうえにこれを印刷するだけです。
パターンを、ワープロソフトで普通に横書きするだけだと、行間がうまく調整できなかったりします。
縦書きもやってみましたが、これでもなかなか完全には読めなくなりません。
そこで、字を細かくして縦書きと横書きというパターンを試してみました。
細かな字で縦書きと横書きでクロスに印字すると大抵の場合うまくいきますが、大きな文字には対応できません。
消したい字の大きさによって消すための印字の大きさを選択しなければならないということです。
ということで、8ptの縦書きに18ptの横書きを重ねたのがこの文字消しパターンです。
パターンの文書の内容には制作者の著作権があるので、著作権のない文字列を使うほうがいいです。
これは、中を見ると何が書いてあるのかわりますが著作権を侵害するほどは中身が読めません。
元に書いてあった文字のうえにこれを印字すると、ほぼ読めなくなります。
文字の大きさを変えたものを数パターン作っておいてPDF化しておくとグーです。

問題は、インクジェットプリンターでは勿体無いので使えないことです。
レーザープリンタが必須です。
あんまりやるとトナーの消耗が激しくなるので、ソフトウェア・シュレッダーにかける量が多いなら、別な方法を考えるほうがいいと思います。
また、カラーの印影などはうまく隠れません。

縦書きと横書きを重ねるパターンは、OpenOffice Drawを使ってつくりました。
ワープロ(Writer)だとこういうことはできません。
同じようなことができるのは、他にCADソフトくらいでしょうか。
こういうのは、くだらないとは思いながらも便利なときがあります。


トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239141512
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hiro-osawa at 2019-03-10 01:00
捨てるためにさらにコストかけてプリンタで印刷するのも大変ですね
\100ダイソーでシュレッダーバサミなるものを見ました
普通のはさみが5つか10個くらい同軸、くし状に並んでいて、持ち手は一つで、一発で数ミリの短冊状にバッサリ切れるみたいです
買ってみてはいませんが想像するに
ちょっと厚い紙は重くて切るの大変かもしれない
軸が緩んで派の合わせが悪いとすぐ切れなくなるかもしれない
見たとこ同じものが焼きのりの短冊切りバサミとしても売られてました(五目御飯、ちらしずしとかに)
使えるか分かりませんがなんかバカバカしくて楽しいので買ってみたいです
Commented by mcap-cr at 2019-03-10 07:18
> hiro-osawaさん
シュレッダー鋏は、既に使用していますが、
-ストロークが小さい(A4横書きは縦に切るので大変)
-力が要る(普通の鋏×ブレードペア数倍)
-重ねると力が要るうえに刃の間に詰まる
-切れずに残る場合がある
-時間がかかる
と、こんな感じなので、すくなければシュレッダー鋏も使いますが、多いと別な方法を考えざるを得ません。
ソフトウェア・シュレッダーなら資源ごみ処分できますが、シュレッダーゴミは自治体が燃やして処分することになります(発電に貢献しているかも)。
ゴミなんか漁る人はいないでしょうが、やっぱりみんなで個人情報の漏洩を防ぐ努力をしないと、漁り屋が出てくると思います。
詐欺は騙される人がいるから無くならないというのと一緒です。
面倒ですが、人それぞれが、『ゴミ漁っても無駄だよ』という状態に管理しないと変な奴が出てきてしまいます。
Commented by hiro-osawa at 2019-03-10 09:25
なるほど あのハサミ大体予想通りみたいですね
では歯数の少なめのがあったら買ってみたいです
焼きのり用のほうが自分には需要あります
Commented by mcap-cr at 2019-03-10 10:33
> hiro-osawaさん
私は、ブレードが3ペアのものと5ペアのものを持っています。
3ペアのものはストロークも小さいので小さなものを切るには向いています。
5ペアのものは、はがきを横に切れる大きさなので使い勝手が良い場合もある反面、切断抵抗が大きいので腱鞘炎になりそうです。
電動のシュレッダーも所有しているのですが、実家に置いてあります。
兄が亡くなったときに残された、顧客情報の書類を処分するために購入しました。
使い勝手が良いところもありますが、電動シュレッダーもしょっちゅう詰まるし過熱で止まるので万能な訳ではありません。
業務用は大量の処理に向いていますが、そもそもそんなに必要性はありません。
やはり、手書き消し、消しポンスタンプ、シュレッダー鋏大小、ソフトウェアシュレッダーの併用が良いと思います。
by mcap-cr | 2019-03-09 06:31 | その他 | Trackback | Comments(4)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る