人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

スピーカーユニットようやく交換完了

昨年のオフ会で、OM-MF5を付けて鳴らしたMCAP-CRのスピーカーユニット交換がようやく完了しました。
OM-MF5は、高音質として鳴り物入りで登場、マニアの間にあっという間に拡がっていきました。
しかし、個人的にはこの音がどうしても好きになりませんでした。
オフ会では、同じ音楽之友社の過去の付録ユニット(スキャンスピークとパイオニア)を付けた同じ設計の箱のシステムと聞き比べましたが、OM-MF5を選んだ人は少数で、スキャンスピークに差を付けられました。
個人的には、OM-MF5は好きになれないというよりも聞くに堪えないレベルの評価なので、別なユニットに交換しないと箱が無駄になってしまいます。
ということで考えたのが下記の設計で、PM-M0841CKを取り付ける方法です。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_11032998.jpg
まず、MDFの板を準備します。
同じユニットが大量にあるのと、片チャンネル4本を使うUP4D-PRもユニット交換しなければならないので、大きな板を買ってきました。
ここで、最大限にフランジ部品がとれるよう設計し、鉛筆で卦がきました。
フランジに小孔が4つずつ開いているのは、安全対策です。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10182858.jpg
自在鋸で円盤をくり貫くのは毎度ながら恐怖でした。
やっぱりやめるほうがいいんだろうな。
円板の中にも穴を開けるので、円板を固定するのに予め開けておいた孔を木ねじで止めます。
こうすると、ホールソーの作業のときに、抑える点を回転部から遠ざけることができて危険が減ります。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10180797.jpg

抜いた円板には、バリが付いています。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10184127.jpg
MDFは、こういうバリが出ないと思っていましたが、そうではないようで、木材というよりも紙のような感じです。

スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10183736.jpg
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10183378.jpg
肝心のT型の材料も製作します。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10181188.jpg
最近は、もうマイターソーの刃も鈍ってしまって御覧の切れ味ですが、刃の購入先が分かりません。
しょうがないので、こういうバリは紙やすりで処理します。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10181817.jpg
そして、爪付きナットを取り付けてから接着します。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10182298.jpg
フランジには、水性のペンキで着色します。
こげ茶色というものを購入しましたが、阪急電鉄の車両のようなあずき色でした。
フランジの裏側に塗装するとバッフル板にくっついてしまう可能性があるので、裏側にはみ出した塗料は紙やすりで削ります。
左側は、はみだし部分を削った後です。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10185339.jpg
バッフル板の穴は少し拡げておきます。
そうしないと振動板背面の隙間が極小サイズになってしまいます。
OM-MF5の付属ガスケットは、頑張ってもとれません(涙)。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10184600.jpg
いよいよ組立です。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10185684.jpg
冶具をワイヤーで固定して様子を確認します。
紐ではないので、ピンと張った状態にすることはできません。
この後、フランジをはめてから、はんだ付けします。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10180207.jpg
組立は、思ったよりも苦労しませんでした。
ユニット側を動かしながら、反対から差し込んだネジを孔に挿入します。
片側出来れば、もう片側は簡単に入ります。
これを交互に少しずつ締めこんで完成。
いちばん上の図面では、T型の冶具がスピーカーユニットに密着していますが、組み立てた状態では、10mm以上離れていると思います。

スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_10184996.jpg
完成!

音は、これからじっくり聞かなければなりませんが、数時間聴いた限りでは、OM-MF5のような刺々しさはないものの高域もすっきりと出ます。
Bobo Stenson Trioを聴くと、低域はちょっと出過ぎかもしれません。
パガニーニのヴァイオリンはかなりいい感じです。
昨年から今年にかけて、弦楽器は、生で何度も聴きましたが、不自然さはありません。
出来たらヴィオラソロを聴きたいところですが、有冨萌々子さんのアルバムはまだ出ていないようです。
有冨さんの演奏を聴いてからヴィオラの認識が全く変わってしまったので、オーディオ装置でもゆっくりと聴きたいという欲求が強くなりました。

とそんなことを考えながら次々に聴いていきます。
ついつい好みのパガニーニをたくさん聴いてしまいますが、これだけでは分かりません。
私がメインで使っているフルレンジユニットメーカーの社長さんは、ピアノとヴァイオリンで判断するそうですが、私は私なりの独自の判断基準があります。
とはいいながらも、昨年は、ピアノとヴァイオリンをたくさん聴いたので、もちろんそれらが判断基準として適切です。
チェロは弦楽器としてスピーカー作品の評価に向いていると思いますが、どちらかというと箱の評価に向いていると思います。
ヴァイオリンの高域はユニットの評価に向きます。
ピアノは、箱とユニットとどちらの評価にも向いているのでわかりやすいです。
ゲラーシモワのソプラノを聴いてみると、ソプラノもピアノも美しく聴かせます。
ついつい聴き入ってしまいます。

私のOM-MF5嫌いを決定的にしたのが"Best of Mariza"(2564622333, Warner Music)というアルバムでした。
OM-MF5については、情報量が...という疑問を持っていましたが、割りとキツイ感じに録音されたこのCDを聴いて耐えられなくなっていました。
スピーカーユニットようやく交換完了_a0246407_06472457.jpg
PM-0841CKは、大丈夫です。
ホッとしました。

短い間の試聴時間では判断できない面もありますが、このPM-0841CKというユニットは、ジャンクと云うより普通の製品レベルの音を聴かせます。
鳴らし始めにもかかわらず、騒がしさもなく、硬さもあまりありません。
周波数レンジは高域が10kHzまでとなっていますが、聴感上は、高域の不足は感じません。
また、箱の負荷を受け止めて低域は力強く鳴らすことができます。
特定の製品と比較するのは止めておきますが、これよりいいとは思えないのにすごく高価な製品もあり、お得感が強いです。
このユニットを購入した日米無線の閉店が惜しまれます。


by mcap-cr | 2019-03-19 06:50 | 工作 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239155878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

趣味の違いは小異大異
at 2022-06-28 06:37
雑談
at 2022-06-27 06:15
何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39
小型コンピュータの修理(2)
at 2022-06-07 06:20
ケンプの録音を聴く
at 2022-06-06 06:18
小型パソコンの修理??
at 2022-06-05 16:01
回転ムラが気になる...
at 2022-05-31 06:23

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56
> rokuさん ご紹..
by mcap-cr at 12:23
>ひょっとしたら、自分が..
by roku at 07:38
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:43
キビシィー、ポスターの写..
by tincan at 11:23
> muukuさん い..
by mcap-cr at 12:13
> grigriさん ..
by mcap-cr at 12:07

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな