人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

冠詞の使い方を研究してみる

昨日CDの作品のハードディスクへの移行に関するコメントを頂いて再び試してみました。
リッピング時には、ソフトがCDの文字情報を読み取ってファイルの保存に使います。
問題になることは、やはり以前感じた通りで、以下のような障害がありました。

(1) CDに含まれる文字情報が不十分で、かつ、セット物でも、文字情報ゼロのものが混在していたり、曲名の表記などが一致していなかったりする。
(2) 文字情報がやたらと多いものが、OSの文字数制限を破りm3uファイルの自動生成による自動化を妨げている。

こうやって見てみると、やたらと長い文字情報は返ってよくありません。
たとえば、あるm3uファイルの一部を転載すると下記のような感じのものが多いです。
ジョージ・セル指揮クリーブランド管弦楽団の演奏の、ベートーヴェンの交響曲全集の一部です。

#EXTINF:937,Beethoven, Ludwig Van: Sym No 3 in E flat major, Op 55 "Eroica" - 002 Marcia funebre. Adagio assai
02 - Beethoven, Ludwig Van Sym No 3 in E flat major, Op 55 Eroica - 002 Marcia funebre. Adagio assai.wav

ふつうはこんな詳細に記述している必要はありません。
必要ならば、CD付属の説明書きを読めば、書いてある内容です。
上記の内容だったら、情報の行は詳細でも良いのですが、長過ぎるファイル名を変えてほしいです。
02-Beethoven_Symphony_No.3.wav (こういうファイル名で良い)
で十分だと思います。
ファイル名には空白文字" "を使わないとか、表記方法を統一するとか、いろいろと工夫の余地がありそうです。
CDが発売された頃は、コンピュータシステムが普及していなかったので、リッピングを想定することはなかったでしょうが、こういう見えないところで標準化を改善してほしかったと思います。
自分のライブラリについては自分で統一化するしかなさそうです。
今回のリッピングには、Asunderというソフトを使いましたが、このソフトをつかうと、文字情報がほぼ何もない場合に自分で書き込むことができるので、むしろそのほうが良かったりという感じもします。
リッピング作業そのものは、ソフトがやってくれますが、整理する都合を考えると、むしろファイル名を変更したりするほうが時間がかかります。
本当は、リッピングのついでに、CDのリストも作ればいいのでしょうね。
やっぱり、よく検討してから手順書を作って進めないと駄目のようです。

話が脱線していましたが、表題のはなしに戻ります。
英語の冠詞の使い方がわからないと嘆いていてもしょうがないので、自分なりに研究してみました。
種々の英文記事をインターネットで探して読んでみたところ、前回の記事で引用した文書に書いていなかった定冠詞のパターンがありました。
当たり前のものも含めて書いてみます。

(a) 名詞の前に最上級の修飾語た付いていて、その最上級に対して定冠詞が付いている
(b) 現在は不定だがそのときが来れば特定される(the next time)
(c) その文の読者を想定して、知っていて当然と著者が考える情報に定冠詞を付ける
(d) 不定冠詞でも良さそうだが発見したとして仮定したものに定冠詞を付ける
例:Once you've discovered the offending process, right-click it and select Set Priority.
(e) 読者は知らないが著者が知っているものに定冠詞を付ける
例:We uncovered the malware ourselves.
それほど多くの文を読まなくても定形パターンにはまらないものがいくつか見付かりました。
(the first partなど、いくつの部分があるのか分からないが定冠詞を付ける)

そこで、どれだけ自分が感覚として理解しているのか、実例で確認してみました。
以下の(1)~(14)にはどういう冠詞などが入るか、または、入らないか、読んでから時間を置いてやってみました。
選択肢は、"何もない", "the", "a", "an", "some"のいずれかです。
"some"は、英文法では冠詞ではありませんが、イタリア語なんかだとこういう冠詞もあるので加えてみました。

Changing safety perception

While (1) construction companies are proactively leading efforts to bolster employee safety, (2) companies need (3) extra push. During (4) session on Monday, Mike Haller, director of safety at The Gallegos Corporation, and Nicole Washam, (5) risk control advisor at IMA Inc., noted that (6) companies are content to rely on “lagging indicators,” such as OSHA logs and (7) injury frequency, to assess their commitment to (8) safety. As a result, there is often (9) disconnect between (10) construction executives and (11) ground-level employees about (12) state of (13) company’s safety practices.

私訳
安全の認識を変える

建設会社が積極的に従業員の安全を支える努力をしているのに対し、一部の会社には、もっと安全対策の促進が必要である。月曜日のセッションでは、The Gallegos Corporationの安全部長のMike Hallerと、IMA Inc.の安全対策相談役のNicole Washamは、一部の会社は、その安全に対する取組みを評価するのに、OSHAの記録や受傷事故頻度などの実績指標値を信頼し満足している、と述べた。その結果として、建設執行者と現場の従業員との間には、会社の安全への取組状況に対し、乖離があることが多い。

注:OSHA=Occupational Safety and Health Administration
米国で産業安全といえば必ずOSHAが出てきます。
日本でいえば、労働安全衛生法の司る部署という感じですが、日本よりも政府直轄の強い組織になっています。

さて、私は、冒頭に書いた法則を確認しながら原文を噛み締めて読んだ後、半日くらいおいて挑戦しました。
その結果、
正解は、9個。正答率はたったの69%でした。
一度確認しながら読んだのにこんなに間違えました。
こういうものは、この原文が唯一の正解という訳ではないのでしょうが、これを書いた人が私の解答を見たら『てにをはが不自然だ』というような印象を持つのだと思います。

これを読んでいる皆さんも暇つぶしに挑戦してみるときっと面白いと思います。
原文は下にそのまま載せました。

原文そのまま
https://www.smartbrief.com/original/2019/04/construction-industry-leaders-showcase-benefits-modern-safety-approaches?utm_source=brief

Changing safety perception

While some construction companies are proactively leading efforts to bolster employee safety, some companies need an extra push. During a session on Monday, Mike Haller, director of safety at The Gallegos Corporation, and Nicole Washam, risk control advisor at IMA Inc., noted that some companies are content to rely on “lagging indicators,” such as OSHA logs and injury frequency, to assess their commitment to safety. As a result, there is often a disconnect between construction executives and ground-level employees about the state of a company’s safety practices.

私が不正解だったのは、
(4), (8), (9), (13)です。

(1) some construction companies
(2) some companies
(3) an extra push
(4) a session on Monday
(5) risk control advisor (無冠詞)
(6) some companies
(7) injury frequency (無冠詞)
(8) safety (無冠詞)
(9) a disconnect
(10) construction executives (無冠詞)
(11) ground-level employees (無冠詞)
(12) the state
(13) a company

(1), (2)は、特に迷わないで済みそうですが
(3)は、どうして"an"なのでしょうか?"some"のほうが良さそうな気もしますが。
(4)は、on Mondayと特定されていますが、きっとセッションはいくつかあったのでしょう。
(5)は、状況によっては、"the"(ひとりしかいない)、"a"(何人かいるうちのひとり)でも良さそうな気がします。筆者がどうして無冠詞にしたのかよくわかりません。
(6)は問題なさそうです。
(8)は、ずっと、安全の議論をしてきたのですが、安全にもいろいろと種類があるということでしょうか?
(9)は、乖離が一つしかないということでしょう。
(10),(11)には、"some"が付いても良さそうな気がしますが、あたりまえなので付けないほうがいいのでしょうか?
(12)は、特定の状態を指すようです。
(13)は、(a company)'s という理解になるようです。
冠詞がその後ろの"practices"に付くと文法的に間違いになります。
ここが"the"なら"practices"に付くのか、(the company)'s なのか字面からは特定できません。

ここの文章が唯一の正解という訳ではないでしょうが、すくなくともこの筆者がこういう使い分けをしていたのは確かなので、これはお手本のひとつなのでしょう。

混迷の度合いは益々深まりました。


by mcap-cr | 2019-04-11 07:07 | 外国語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239202134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

音声回線は消えていく(予想)
at 2022-07-01 07:13
オーディオ崩壊
at 2022-06-30 07:21
スマホでPDFを見るって...
at 2022-06-29 06:21
趣味の違いは小異大異
at 2022-06-28 06:37
雑談
at 2022-06-27 06:15
何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39
小型コンピュータの修理(2)
at 2022-06-07 06:20

以前の記事

2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん 英..
by mcap-cr at 10:23
通信(離れた場所からの連..
by muuku at 10:09
> tincanさん ..
by mcap-cr at 16:09
暑いこの頃、お仕事お疲れ..
by tincan at 11:25
> muukuさん 確..
by mcap-cr at 12:23
状況も解らず、知識も経験..
by muuku at 08:37
> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな