人気ブログランキング |

構造は完成

現在製作している新しいMCAP-CRのシステムは構造まで完成しました。
あとは余分なでっぱりを鉋掛けし、サンドペーパーで表面を均してから仕上げるだけになりました。
仕上げは、木工ボンドコーティング+ペーパー掛け+着色ニスの予定です。

まだ書いていなかったことは、スピーカーユニットの選定です。
本当は、FE108Sをどこまで鳴らせるか聞いてみたかったのですが、それをやってしまうと、他のユニットを試せなくなるので、まずは、2つのユニットを試すことにしました。
ひとつは、DCU-F122W(私のウェブサイトの記事)通称赤パークです。
これは、パークオーディオの限定ユニットで、低音がモリモリ出るという噂です。
その代わりに中高域に癖があって嫌いな人には嫌われる性格だそうです。
2010年に購入してそのまま放置していました。

もうひとつは、先日購入したパイオニアのユニット(記事)。
デュアルヴォイスコイルで、6オームのヴォイスコイルが2つ付いているので、直列12オームで使うことになります。
こちらは、見た感じも至って普通で、癖のない音が期待できそうです。
赤パークほど強力なマグネットは付いていないので、低域はほどほどでしょう。

箱の設計としては、ローエンドが40Hz+くらいなので、低域の芯はもうひとつでしょうが、代わりに低音の量感はそこそこ期待できると思います。

作ってみるとなかなかの大型で、20cmの2ウェイくらいなら収まりそうな感じです。
ただ、ウーファーを使った2ウェイよりは、きびきびとした感じで鳴るでしょう。
低音感は、ウーファーを使ったシステムといい勝負ができるといいなと思います。
このまま置いておくにはちょっと大きすぎるし、オフ会に持参するのもどうしようか、と悩むレベルです。
専用の木箱を作る訳にはいきませんが、縦に並べて段ボールで包んだ時に折れなければ運べると思います。


まあ、力仕事の部分は全部終わったので、あとは、何とかなるでしょう。
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239310663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by muuku at 2019-06-14 17:06 x
自分は本末転倒かもしれませんが、一度大きなスペースで大音量で鳴らすことを知ってしまってからは、もう持参することを設計時から想定して電車移動可能サイズを条件に盛り込んでいます(笑。 ま、大抵はそう大きくはなりませんが)運ぶのは重いし壊しそうで結構大変ですが、それでも行って鳴らす価値があります。
この場をお借りしてオフ会で鳴らす機会を頂けることに改めて感謝致します。
Commented by mcap-cr at 2019-06-14 21:27
muukuさん
広い部屋で鳴らすのはいいですね!
オフ会だけでなく広いリスニングルールにお邪魔するのもいいですね。
by mcap-cr | 2019-06-14 06:04 | 工作 | Trackback | Comments(2)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る