人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

性能の確認

このブログに頂いたコメントで、サブカル、という用語を拝見し、ちょっと考えてしまいました。
サブカルというのは、伝統的な文化とは違った行動パターンを指すような感じの用語です。
オーディオ趣味がカルチャーだとすると、創世記と現在とではかなり変わってきていると思います。
創世記には、スペックが重要でしたが、現在の主流はスペック無視で、口コミ重視の評価が多いように見受けられます。
スペックの違いは音の違いとなりますが、スペックが同じでも音がまったく違うという意見が主流なのはまさしくサブカルといった感じです。
スピーカーシステムの自作も、やはりサブカルな感じがします。
ましてや、計算が主というのは、超サブカルでしょう。

新しく製作したDCU-F122W+自前設計の箱DU100Fの音を聴いているだけではよく分からないので、オシレータを使用して、動作を確認してみました。
箱の設計上のローエンドは40~50Hzくらいだったのですが、音楽ソースを聴く限り33Hzは十分に再生されています。
その代わりにその上の低音がちょっとおとなしい感じです。
使ったのは、秋月のオシロスコープ(周波数カウンタとして使用)+ファンクションジェネレータにLXA-OT1を組合わせたものです。
性能の確認_a0246407_07552833.jpg
これで、周波数を変えた信号を出力して、耳と手で動作を確認します。
ローエンドは、30Hzくらいから聞こえ始め、33Hzで聞こえ方が大きくなります。
37Hz前後では相当に大きく鳴り、ダクトに手をかざして感じる音圧もよく分かります。
そこからら80Hz位までは、大きな副空気室に接続されたダクトが受け持っている感じがあり、その上から別のダクトにバトンタッチしているようです。
中のダクトについては、手が入らないのでよくわかりません。
小型のマイクロホンをセットすれば測定できるのでしょう。
150Hz位までは、再生を箱が受け持ち、そこから上はスピーカーユニットが直接放射する音のほうがずっと大きいので、そのあたりより上に箱の動作点を持たせる必要はなさそうです。
33~37Hz位までは強力に動作するのですがそこから上に行くとちょっとおとなしい感じがあります。
ローエンドが下がり過ぎたのかもしれません。
これは、ダクトを全部切り取って別な短いものに挿げ替えて、ローエンドを上げるというのもありなのかもしれません。

MCAP-CRももう十数年作ってきていますが、最近は、ダクトを大きく短くする方向にあります。
というのは、計算上のローエンドよりも実際のほうが下まで伸びるからです。
今回も、ダクトの長さを30mmから110mm(トイレットペーパーの芯をそのまま使う)まで計算し、結局、A3ケント紙で無駄なく材料を取るため99mmとしました。
ダクトの長さは半分以下でも良かった感じです。
それに、私が見たトイレットペーパーの芯の径は38mmでしたが、40mmのものもあるにで、40mmのほうが良かったかも...と思ってもしょうがありません。
それでも工作用に収集していたトイレットペーパーの芯が集まってきたので、そのうち、ダクトを全部もぎ取って薄板ダクトにした後、30~50mmのダクトに変えようと思います。
ダクトを短くしても33Hzが再生できれば、そのあたりがこの容量の箱でベストになるのだろうと思います。

このシステムは、音楽ソースで聴くとそこそこ自然な感じで鳴るので、これはこれでいい感じですが、もっとアクセントを付けるほうが好まれるんだろうと思います。
こういうキャラクターが好みを分けるので、いろいろなソースで聴き比べたときに評価の差が出てくるのでしょう。
今回の設計は、板の寸法から無駄ゼロで箱のサイズを決め、ダクト径をトイレットペーパーに合わせ、長さをパラメータとした(全部同じ長さ)だけなので、チューニングは比較的簡単です。
箱のサイズは、10cmユニットにはゆとりが大きかったかもしれません。
大きいほうがバランスをとりやすいだろうと思っていましたが、スピーカーユニットは13cmクラスにするほうがいいかもしれません。
これからどうやっていじっていくか、このいじるのが自作の楽しみでもあります。


by mcap-cr | 2019-06-23 06:16 | 工作 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239326350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by muuku at 2019-06-23 07:35 x
サブカルを検索してみるとその定義は「“伝統”の反対側にあるマイナーで独自な趣味趣向、価値観を持つ若者文化」が一般的のようです。オーディオ趣味の現在に当てはめると前半はあっていますが、「若者文化」ではありませんよね。若い世代はむしろスペック(所要の実用性能で十分)が重要で従来のカルチャーに回帰しているように思います。
また口コミ重視の評価に関しては、最近問題の何とかの踏み間違いみたいに「自分は間違ってない」と言い張る人々が醸し出すのと同じ匂い(根拠の無い自信?)がしてしまうのは何故でしょう^^; 
歳のせいとは思いたくはありませんが、そうした年齢に片足突っ込んでる自分も気をつけねばと自戒する今日このごろです。
Commented by mcap-cr at 2019-06-23 09:30
> muukuさん
価格コムの掲示板は、登録した年齢でアイコンの顔が変わるようになっていますが、アイコンを信じると、若くても頭の固い中年と同じような思考の人がまま見られます。
根拠のない自信、というのは、本人はあくまでも実体験を根拠としているので、それが錯覚であるという思考に及ぶことなく、自信たっぷりだと思います。
それと同時に自分の経験と類似の経験をした証言が多数見られることや、オーディオ専門家(怪しい)がそう言っていることがその根拠を補強しています。
だから『オーディオ評論家の説明と素人の妄言とどっちが正しいんだ!』という意見になってしまいます。
聴覚には素人も玄人もないんですけどね。
サブカルは決して悪い意味ではないと思うのですが、イタい人たちは大抵サブカルですね。
Commented by uta at 2019-06-23 12:47 x
思考の柔軟性の差は
国の違い人種の違い宗教の違いなどと同じで、価値観の違いを受け止める度量の違いだと思います
それもまた大枠を表す、文化的に、ということなのでしょうが…

イタい人達は自分達をメインカルチャーだとして信じて疑わないのでしょうね
Commented by mcap-cr at 2019-06-23 13:23
> utaさん
何事も自分で考えないと思考停止してしまいますね。
イタい人たちは、考えたつもりなんだと思います。
立ち止まって考える癖を付けるのが義務教育なのだと思いますが、そうでない人がいるのは残念です。
Commented by hiro-osawa at 2019-06-24 02:12
本来音楽を好きな音で聴きたいだけの個人的な趣味なのに、科学的かどうか怪しい技術的(かどうか)体験を大発見をしたと思い込み、発表したくて仕方がない、賛同する人を募り「お友達」を探したいのは孤独な悲しみが根底にあるかもです
さらに自分に自信のない人ほど尊敬されたい欲望にかられると新興宗教の教祖様のようになってゆきます これ怖いです
トイレットペーパーは加工しやすく便利ですね ただ作業中つぶれたりちょっと弱いので、グルグル巻いてあるつなぎ目に沿っていったん切り開き、2本ずらして重ねると丈夫になるし、板材の丸穴にも(穴径が適当でも)ぴったり合わせができます ぜひお試しください
Commented by mcap-cr at 2019-06-24 06:06
> hiro-osawaさん
前半の部分は今日の記事の中に少しだけ書きました。
そのの通りだと思います。
トイレットペーパーの芯は、ちょっと試してみます。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

趣味の違いは小異大異
at 2022-06-28 06:37
雑談
at 2022-06-27 06:15
何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39
小型コンピュータの修理(2)
at 2022-06-07 06:20
ケンプの録音を聴く
at 2022-06-06 06:18
小型パソコンの修理??
at 2022-06-05 16:01
回転ムラが気になる...
at 2022-05-31 06:23

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56
> rokuさん ご紹..
by mcap-cr at 12:23
>ひょっとしたら、自分が..
by roku at 07:38
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:43
キビシィー、ポスターの写..
by tincan at 11:23
> muukuさん い..
by mcap-cr at 12:13
> grigriさん ..
by mcap-cr at 12:07

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな