人気ブログランキング |

リッピングちょっと再開

昨日の参議院選挙では劇的な変化はありませんでした。
何事も少しずつ確実にしていくことでしょう。

ラズパイでインターネットFMを聴くようになってから、そのままずっと流しておくようになりました。
と、思い付いたのが、最近CDのリッピングサボっていたことです。
974枚で止まっていたのですが、思い立って再開しました。
頑張ったので、週末で1018枚まで行きました。
まだあと何枚あるか把握できていません。
音楽を聴くのは好きですが、こういう面倒なことは嫌いです。
今はリッピングにCeleronノートのLinuxマシンを使っています。
しかし、CDドライブが外付けなので使いにくいし遅いようです。
この外付けドライブは、BluRay対応なので遅くはないはずですが、バスパワーでは動作しないので、外部から電源を供給しなければなりません。
これも面倒だし、何故か使っているうちに遅くなります。
そんな理由でしばらく中断していました。
やっぱりリッピング作業にはデスクトップ(ミニタワー)が良いようです。

インターネットFMのほうは、ほとんどVenice Classic Radio Italiaというのを聴いています。
バロックや室内楽が中心であまり邪魔になることはなく、たまに、英語やドイツ語やイタリア語で、放送局の説明をするだけで、鬱陶しい語りが入りません。
聴いていて思うのは、初期のCDのような音がすることです。
初期のCDは音に独特の艶があって、デジタル臭いとか云われていました。
このインターネットラジオで聴くと何故かそういうデジタル臭さを感じます。
放送局側やラズパイの処理に何か理由があるのでしょうか?
CDをリッピングした音源だとそういう感じがしないのですが、何故かインターネットラジオだけはデジタル臭く感じます。
こういうのもなんらかの心理効果なのかもしれません。

リッピングのほうはあと何百枚か把握できていませんが、ケースの薄いセット物が少くなってきたのであと300〜500枚位ではないかと思います。
ときどき『あれが聴きたい』と思うCDのリッピングが終わっていないと聴くのを諦めるので、はやく終了したいと思います。


トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239384795
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by muuku at 2019-07-22 07:39 x
良くわかりませんが、インターネットラジオはやはりバッファの関係でデータをはしょっているのではないでしょうか?その結果デジタル臭いと感じるのかもしれませんね。

リッピングと言えば私の場合、1曲だけですがプレスミス?では無いかと思われるものがありました。何度リッピングしても上手く再生出来ないのです。
(が、この曲をCDプレーヤーで再生すると問題なく再生するのです、プレヤーのエラー処理が効いているようです。)
この件があってからリッピング後の再生チェックも必要なんだなと感じたしだいです。
Commented by mcap-cr at 2019-07-22 08:51
> muukuさん
リッピングで問題が起きるのは、物理的問題の場合と思います。
よくあるのが、汚れで、外観検査のうえ、取り除くと治ることが多いです。
汚れではなく、膨れなどの不良の場合もあります。
ノートPCは不良に弱いので、電源のしっかりしたデスクトップPCを使うと何とかなる場合があります。
CDプレーヤーはエラー補正しているので、こういう問題は発生しにくいですが、それでもたまに音飛びとかがあります。
インターネットラジオでは、データ飛びや音切れの不良をよく聴きます。
こういうのは気にしてもしょうがありませんが、自分のリッピングは確認が必要なのでしょう。
私は枚数が多いので、発覚したらそこだけやり直しという手法にしています。
記録時間の不一致だけでもリッピング不良はある程度検出できます。
by mcap-cr | 2019-07-22 05:54 | 音楽ソフト | Trackback | Comments(2)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る