人気ブログランキング | 話題のタグを見る

はこにわオーディオ工学研究分科会 (旧名: バスレフ研究所)

東京音楽コンクール第17回ピアノ部門本選

昨晩は、東京音楽コンクールピアノ部門の本選がありました。

結果を先に書くと、秋山紗穂さん、第一位おめでとうございます。
二次予選のときには、秋山さんが優勝するだろうと思っていました。
小林研一郎さんの講評のときも同じことをおっしゃっていました。
前日のPTNAも肩慣しになったのでしょう。
東京音楽コンクールのほうに見事に調整していました。

ひとりずつ感想を書きます。

伊舟城歩生さん
S.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18
この曲は、ピアノの前回の本選で、太田糸音さんの演奏を聞くまでは、そんなに特別には思っていませんでした。
伊舟城さんは、太田さんのような個性的な演奏ではありません。
もっと一般受けする上手な良い演奏でした。
しかしちょっとオーケストラが...
ハーモニーも合わないし音色も...
このオーケストラに持っていた印象通りでした。
どうしても最初の出演者はこういうハンディキャップを負います。
それでもピアノはめげずに熱演。
第三位おめでとうございます。

大崎由貴さん
M.ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調
ラヴェルのピアノ協奏曲は初めて聞きました。
左手のための協奏曲のほうは2度ほど生で聞いたことがありますが、こちらは初めてです。
ガーシュインのようなプロコフィエフのような響きもありながらラヴェルの真髄を味わえる面白い曲です。
でも、ピエののソロは美しく、ハープとの掛け合いも見事。
オーケストラのことを感じさせない見事な演奏でした。
特に素晴らしいと思いました。
女房殿は、大崎さんに聴衆賞を1票。
全体的には、三位までに入らない入選でした。
ピアノのソロの部分が長くオーケストラにかかわらずピアノがやりやすいのかなと思っていましたが、あとで、小林研一郎さんの解説を聞くと実はオーケストラにとっての難曲だったそうで、選曲は失敗だったということでした。
講評のときは、大崎さんに対する講評がいちばん長く、選曲に成功していれば一位になるくらいの紙一重の評価だったのかと感じました。
そして、来年も再来年も優勝するまで出てください、と審査委員長の小林健一郎さんに強く言われていました。
審査員はこの方は本来優勝すべき人材だという印象を持ったようです。

秋山紗穂さん
S.プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op.16
この曲は、録音では何度か聞いたことがありますが、生では初めてでした。
第3番を先日藝大の新人演奏会で聞きましたが、そのときは、京増修史さんのソロ、山下一史さんの指揮で藝大フィルハーモニあ管弦楽団の演奏でした(記事)。
秋山さんは2番でしたが、2番を選択した理由もよくわかる演奏でした。
3番だったら、オーケストラがピッタリ合わないと台無しです。
プロコフィエフの世界を華麗にダイナミックに、気難しいメロディも含めて見事に再現しました。
この時点で、私の聴衆賞は、秋山さんか大崎さんか迷い始めました。
女房は、秋山さんがいちばんいいと思ったが、演奏や音楽と関係ないところで気に入らないところがあったそうで、聴衆賞は大崎さんに一票としていました。
私も秋山さんの演奏が終了した時点では、秋山さんに聴衆賞だと思っていました。

北村明日人さん
R.シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54
いや。見事!
始まった瞬間からオーケストラをぐいぐいい引っ張っていく感じです。
明快なリズム。美しい旋律。
どこをとってもこれ以上は望めない。
この曲は、第12回の優勝者コンサートで聞きましたが、そのときは、ここまでいい曲であるとは思いませんでした。
秋山さんのプロコフィエフを聞いたときには、自分の中でもすごく盛り上がっていましたが、北村さんのシューマンに完全に上書きされてしまいました。
ピアノとオーケストラの絶妙なバランスの上に真価を発揮するプロコフィエフとは対象的で、曲そのものがグッとくるものです。
そしてその曲をこれ以上ないくらいに忠実に演奏したであろうと思います。
至福の30分でした。
ピアノが自然に流れていくので最後はオーケストラが変わったかのようになりました。
これが最終出場者が有利な点ではありますが。
私は、北村さんに聴衆賞を1票。
小林健一郎さんの講評は、『ロベルトとクララが聴いたらきっと喜ぶよ』という最大の賛辞でした。

全体を聴いて思ったのは、こういうのは紙一重、絶対に間違いない人はほとんどいないだろうと思います。
優勝の秋山さんは、前日はPTNA涙を呑んでいる訳です。
ピアノ指導者協会のPTNAと小林研一郎さん率いる東京音楽コンクールでは、審査基準も違うでしょう。
こういうコンクールに格はあるかもしれませんが、絶対的な評価で格付けするのは難しいと思います。
PTNAで銅賞の秋山さんは、おそらく金賞の人よりも、東京音楽コンクールの一位で成功を掴んだと思います。
というのは、審査員のひとり、Boris Petrushansky氏は、秋山さんの演奏を激賞、ハンガリーに招待されることになったからです。
コンクールの一位より、海外への招待のほうが今後の活動に大きく貢献するでしょう。
秋山さん、凄い。
本当におめでとうございます。

聴衆賞についても気になりました。
前日のPTNAの公式ページによると秋山さんは聴衆賞の成績が芳しくありませんでした。
第1位 亀井 聖矢 861票
第2位 黒木 雪音 298票
第3位 沢田 蒼梧 148票
第4位 秋山 紗穂  78票

そして、審査員の審査でも全体で三番目。
PTNAのときはしくじったのか調子が悪かったのかわかりませんが、東京音楽コンクールのときの演奏だったら、もっと上位に行ったのかもしれないし、そうでもないのかもしれません。
文化会館の客層とサントリーホールの客層で好みが違うのかなあ?
やっぱりこういうのはよくわかりません。

講評のときに聞いたのは、一次審査がかなりもめたことです。
最終的に120人が参加してそのなかから二次予選に12名残りました。
一次審査は割れて大変だったそうです。
一次審査で残らなかった人の中にも決勝に残れば優勝した逸材が隠れている可能性もあります。
審査員の心中はいかがなものかと察するに余りあります。

皆さん、感動的な演奏、準備、審査をどうもありがとうございました。

●ピアノ部門
8月24日(土)16:00開演(18:40終演予定/19:25表彰式開始予定)
指揮:角田鋼亮
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
https://www.t-bunka.jp/stage/1836/

【本選出場者(出場順)】

1.伊舟城歩生
S.ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op.18

2.大崎由貴
M.ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト長調

3.秋山紗穂
S.プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 Op.16

4.北村明日人
R.シューマン:ピアノ協奏曲 イ短調 Op.54

by mcap-cr | 2019-08-25 07:10 | 音楽・コンクール | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239509729
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

生演奏を主とすれば、オーディオは箱庭で充分でしょう。
by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

最新の記事

何度も聴いて新しい発見
at 2022-06-25 16:34
自分の装置基準
at 2022-06-23 12:22
背中を見せる
at 2022-06-21 06:33
音源メディア
at 2022-06-21 06:30
ドミンゴは流石
at 2022-06-20 06:23
"サウンド変換"ソフトのバグか?
at 2022-06-19 10:43
パソコンのメンテナンス
at 2022-06-16 12:36
久しぶりにCDリッピング
at 2022-06-15 06:19
脳内補正
at 2022-06-14 06:23
まとめて聴くものではない
at 2022-06-13 06:21
パソコンの環境整備
at 2022-06-12 08:47
淡い期待が尽きる
at 2022-06-10 06:27
iPhone 壊れる
at 2022-06-08 06:40
オーディオ趣味の二極化
at 2022-06-08 06:39
小型コンピュータの修理(2)
at 2022-06-07 06:20
ケンプの録音を聴く
at 2022-06-06 06:18
小型パソコンの修理??
at 2022-06-05 16:01
回転ムラが気になる...
at 2022-05-31 06:23
またチケット買う
at 2022-05-30 06:07
貧乏暇なし...
at 2022-05-29 14:50

以前の記事

2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

最新のコメント

> muukuさん ピ..
by mcap-cr at 16:09
ピアノロールはオンオフで..
by muuku at 13:54
> muukuさん 以..
by mcap-cr at 10:53
車田さんの電子ピアノの話..
by muuku at 09:56
> rokuさん ご紹..
by mcap-cr at 12:23
>ひょっとしたら、自分が..
by roku at 07:38
> tincanさん ..
by mcap-cr at 12:43
キビシィー、ポスターの写..
by tincan at 11:23
> muukuさん い..
by mcap-cr at 12:13
> grigriさん ..
by mcap-cr at 12:07

最新のトラックバック

島谷技研
from 島谷技研
musica
from musica
明日9/24(月祝)はス..
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
美しい美宮殿装飾と世界屈..
from dezire_photo &..
年末自作スピーカー系イベント
from 集まれ塩ビ管スピーカー主宰 ..
究極の愛を描いたワーグナ..
from dezire_photo &..
光と色彩を愛し生きる喜び..
from dezire_photo &..
新国立劇場バレエ団のソリ..
from dezire_photo &..
ダンテの『神曲』 ”地獄..
from dezire_photo &..
日本初公開のルノワール絵..
from dezire_photo &..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧

イラスト:まるめな