人気ブログランキング |

言葉って難しい

昨日、ブログ・ハイエンドスピーカー(このページのリンクは『ブログ・ローエンドスピーカー』になっている)を読んでいたら、古いエッジレスウーファーの音が良いということを書かれていました。
私も何度か書いていますが、スピーカーシステムって、ここ40年位で何が進歩したのでしょうか?
- 振動板の素材が変わった
- 振動板の形状が変わった
これって従来技術の焼き直しです。
しかも、また、新素材から従来素材に移って、その結果良くなったかどうか分からなかったり。
進歩ゼロと云ってもいいのでしょう。
箱はそれなりに進歩しているのですけどね(アマチュアの場合)。
価格の進化は激しそうです。
昔は、100万円のスピーカーシステムなんかハイエンドという感じでしたが、今では、数千万円以上にならないとハイエンドという感じがしません。
40年前の59,800円(1本)のスピーカーシステムは、今のどのあたりに相当するのでしょうか?
100万円以上くらいに相当するのかもしれませんね。
ちなみに、『ブログ・ハイエンドスピーカー』のリンクのタイトルが違っているのは、エキサイトブログの仕様のせいです。
エキサイトブログは、RSSフィードというシステムを使っていて、これを使うとその当時のXMSファイルの内容で登録されてしまいます。
その後の変更は反映されません(なんとローテクなのか)。
リンクの順番の変更もできません。
ということで、そのまま当時のXMLファイルの内容に従って表示されています。


私はよくJR御茶ノ水駅を利用します。
そこのトイレに下のような張り紙があります。
言葉って難しい_a0246407_06214463.jpg

お客さまへ
日頃より当駅をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
最近、トイレ内において、放火と思われる不審火が発生しています。
現在、係員による巡回を強化していますが、このような事象を発見されました際には、お近くの駅係員、警備員までお知らせください。
お客さまのご協力をお願い申し上げます。
御茶ノ水駅長

ラミネートしている割に古ぼけていることに気付きます。
この張り紙がおかしいということは、この駅を利用している人でなければ分からないと思います。
私の記憶では、すでに20年ほど前にはこの張り紙が貼られていました。
JR、元国鉄の職員の時間はゆったりと流れ、20年位どうってことのない長さなのでしょう。
以前にもブログで東京駅の工事が40年くらいかかってやっと終わったこととか、東京駅の記録を千葉駅が破ろうとしていたことなどを書きました。
千葉駅なんか、最近改良工事が終わったばかりなのに、ホームのエスカレータがほとんどありません。
40年前の時点では、バリアフリーなんかプランにはなかったのでしょうが、ふつうは時代に合わせて計画に補正予算を付けていくでしょう。
JRと民営化しても、中核派労組が仕切っていたり、頭の中身は国鉄のままだったりするのかもしれません。

それで、今回思ったのは、言葉の難しさです。

『最近』っていったいいつまでが最近なのでしょう?
こういう概念は相対的なので、最近には比較対象があり、その比較対象のなかで最も現時刻に近ければ最近と表現しても間違いとはいえません。
石器時代とひかくすれば江戸時代なんか最近といってもよいので、20年前(正確な時期は不明)だったら最近といっても間違いとはいえません。
ただ、一般感覚からすればルーズな印象を持たざるを得ません。
誰からも剥がすよう指示が出ないのでそのまま貼ってあるのでしょうが、ふだんから、最近とか相対的抽象概念で記述せずに、X年X月X日、のように記述する習慣を付けておけば、あまりみっともないことにならずに済みます。

どうでもいいお話でした。


トラックバックURL : https://mcap.exblog.jp/tb/239648646
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mcap-cr | 2019-10-20 06:53 | その他 | Trackback | Comments(0)

音楽は生演奏が最高ですが、レコード音楽は、工学オーディオによってリーゾナブルなコストで楽しみましょう。


by MCAP-CR
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る